和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

古今和歌集巻第五

秋歌下 六十五首

秋歌下

249

是貞のみこの家の歌合のうた

文屋やすひで

吹からに秋の草木のしほるればむべ山かぜをあらしといふらん

  • 定家八代抄・秋歌下:410
  • あらし:荒し⇔嵐
  • 白氏文集「涼風従西至。草木日夜衰」

250

草も木も色かはれどもわたつ海の波の花にぞ秋なかりける

  • 定家八代抄・秋歌下:411
  • 李白・姑孰十詠・天門山「岸映松色寒。石分浪花砕」
  • 波の花の不変性→保存量

251

秋の歌合しける時によめる

紀よしもち

もみぢせぬときはの山は吹風の音にや秋をきゝわたるらん

  • 定家八代抄・秋歌下:396
  • 古今選・秋 ○
  • ときはの山:常盤山〜常緑
  • 目に見えぬ秋

252

題しらず

よみ人しらず

霧立てかりぞ鳴なるかた岡の朝の原はもみぢしぬらむ

  • 定家八代抄・秋歌下:393
  • 春の霞、秋の霧
  • 雁の鳴き声:秋の伝播

253

神な月時雨もいまだふらなくにかねてうつろふ神なびのもり

  • 定家八代抄・秋歌下:394
  • 時雨:秋から冬にかけて降る小雨
  • かねてうつろふとは、しぐれを待たず色づく心なり(教端抄)

254

ちはやぶる神なび山の紅葉ばに思ひはかけじうつろふものを

  • 定家八代抄・秋歌下:445
  • ちはやぶる⇒神
  • 美しきものもつゐに移ろふ習ひあればといふ心なり(両度聞書)

255

貞観の御時綾綺殿のまへにむめの木ありけり、にしのかたにさせりける枝のもみぢはじめたりけるを、うへにさぶらふをのこどものよみけるついでによめる

藤原かちをむ

おなじえをわきて木のはのうつろふは西こそ秋のはじめ成けれ

  • 礼記・月令「立秋之日。天子…迎秋於西郊」

256

いし山にまでまうでける時をとは山のもみぢをみてよめる

つらゆき

秋風の吹にし日よりをとは山みねの梢も色付きにけり

  • 古今選・秋 ○
  • 秋風→音〜音羽山

257

これさだのみこの家の歌合によめる

としゆきの朝臣

白露の色はひとつをいかにして秋の木のはをちゞにそむらん

  • 露が紅葉を染める
  • ひとつ⇔ちゞ

258

壬生忠岑

秋の夜の露をばつゆとをきながらかりの涙やのべをそむらむ

  • 定家八代抄・秋歌下:446
  • 草木を染める露→雁の涙

259

題しらず

読人しらず

秋の露色々ごとにをけばこそ山の木のはのちくさなるらめ

  • 色とりどりの露→木の葉の色

260

もる山のほとりにてよめる

つらゆき

しら露も時雨もいたくもる山は下葉残らず色付きにけり

  • 定家八代抄・秋歌下:447
  • もる山:漏る⇔守山
  • 白露・時雨:葉を染める

261

秋のうたとてよめる

ありはらのもとかた

雨ふれど露ももらじをかさとりの山はいかでかもみぢそめ剣

  • つゆも:露⇔まったく…ない
  • かさとり:笠取り⇔笠取山

262

神のやしろのあたりをまかりける時に、いがきのうちの紅葉をみてよめる

つらゆき

ちはやぶる神のいがきにはふくずも秋にはあへずうつろひにけり

  • 定家八代抄・秋歌下:448
  • ちはやぶる⇒神
  • 神のいかきは、永遠にて久しかるべき心なり(顕注)
  • 神の力でも抗えない変化

263

是貞のみこの家の歌合によめる

たゞみね

雨ふればかさとり山の紅葉ばゝ行かふ人の袖さへぞてる

  • 紅葉ばかりか袖までも照る
  • 雨が紅葉を染める

264

寛平御時きさいの宮の歌合のうた

よみびとしらず

ちらねどもかねてぞおしき紅葉ばゝ今は限の色とみつれば

  • 定家八代抄・秋歌下:449
  • 今は限の色:散る直前の盛りの色
  • 極値に達し、後は散るのみ

265

やまとのくにゝまかりける時、さほ山にきりのたてりけるを見てよめる

きのとものり

たがための錦なればか秋霧のさほの山べをたちかくすらん

  • 錦:紅葉の見立て
  • 霧の内に飽かず見たる心(十口抄)

266

是貞のみこの家の歌合のうた

よみ人しらず

秋霧はけさはなたちそさほ山のはゝその紅葉よそにてもみん

  • はゝそ(柞):楢の木

267

あきのうたとてよめる

坂上これのり

さほ山のはゝその色はうすけれど秋はふかくも成にける哉

  • 柞の薄い色⇔深まる秋

268

人のせんざいにきくにむすびつけてうへけるうた

在原なりひらの朝臣

うへしうへば秋なき時やさかざらん花こそちらめねさへかれめや

  • 定家八代抄・秋歌下:427
  • 古今選・秋 ○
  • 伊勢物語・五十一段
  • 文選「時菊耀秋華」
  • 秋の存在が花の咲くことを裏付ける

269

寛平御時きくの花をよませ給ふける

としゆきの朝臣

久かたの雲の上にてみる菊はあまつほしとぞあやまたれける

このうたはまだ殿上ゆるされざりける時にめしあげられてつかうまつるとなん

  • 定家八代抄・秋歌下:429
  • 久かたの⇒雲
  • 雲の上:宮中
  • 芸文類聚・菊「翠葉雲布。黄蘂星羅」

270

これさだのみこの家の歌合のうた

きのとものり

露ながらおりてかざゝん菊の花おいせぬ秋のひさしかるべく

  • 定家八代抄・秋歌下:428
  • 露ながら:露と共に
  • 菊〜不老

271

寛平御時きさいの宮の歌合のうた

大江千里

うへし時花まちどをにありし菊うつろふ秋にあはんとや見し

  • 定家八代抄・秋歌下:430
  • うつろふ:菊の色変り⇔秋の移ろい
  • 節序の転変してしばらくもとどまらざるを観ずるなり(教端抄)

272

おなじ御時せられける菊合に、すはまをつくりて菊の花うへたりけるにくはへたりけるうた、ふきあげのはまのかたにきくうへたりけるをよめる

すがはらの朝臣

秋風の吹上にたてる白菊は花かあらぬか波のよするか

  • 定家八代抄・秋歌下:432
  • 古今選・秋 ○
  • 吹上:吹き上げ⇔ふきあげの浜
  • 菊の花〜波

273

仙宮に菊をわけて人のいたれるかたをよめる

素性法師

ぬれてほす山路の菊の露のまにいつか千年を我はへにけん

  • 定家八代抄・賀歌:624
  • 古今選・秋 ○○
  • 露のま:露⇔わずかの間
  • 仙宮に至れる人に成りてよめり(教端抄)

274

菊の花のもとにて人のひとまてるかたをよめる

とものり

花見つゝ人まつ時は白妙の袖かとのみぞあやまたれける

  • 定家八代抄・秋歌下:431
  • 白妙の袖〜白菊

275

おほさはの池のかたに菊うへたるをよめる

ひともとゝ思ひし花をおほさはの池のそこにもたれかうへけむ

  • おほさは:大沢〜大⇔一本
  • 水面に映る菊

276

世中のはかなきことを思ひけるおりに、菊の花をみてよめる

つらゆき

秋の菊匂ふかぎりはかざしてん花よりさきとしらぬわが身を

  • 匂ふ:咲きほこる

277

白菊の花をよめる

凡河内みつね

心あてにおらばやおらんはつ霜のおきまどはせる白菊の花

  • 定家八代抄・秋歌下:435
  • 古今選・秋 ○
  • 霜〜白菊
  • 白氏文集「満園花菊鬱金黄。中有孤叢色似霜」
  • 粗視化→白

278

これさだのみこの家の歌合のうた

よみ人しらず

色かはる秋の菊をば一とせにふたゝび匂ふ花とこそみれ

  • 色かはる:白→紅紫
  • 一とせ⇔ふたゝび

279

仁和寺に菊の花めしける時にうたそへてたてまつれとおほせられければ、よみてたてまつりける

平さだふん

秋をゝきて時こそありけれ菊の花うつろふからに色のまされば

  • 時:秋の花盛り⇔宇多上皇の賞美に預かる時

280

人の家なりける菊の花をうつしうへたりけるをよめる

つらゆき

さきそめしやどしかはれば菊の花色さへにこそうつろひにけれ

  • うつろひ:場所を移る⇔菊が色変わりする

281

題しらず

よみ人しらず

さほ山のはゝその紅葉ちりぬべみよるさへみよとてらす月影

  • 月の心

282

宮づかへひさしうつかうまつらで、やまざとにこもり侍けるによめる

藤原関雄

おく山のいはかきもみぢ散ぬべしてるひの光みる時なくて

  • もみぢ:作者自身
  • てるひの光:天子の恵み

283

題しらず

よみ人しらず

龍田川紅葉みだれてながるめりわたらば錦中やたえなん

この歌はある人ならのみかどの御歌也となん申す

  • 定家八代抄・秋歌下:458
  • 古今選・秋 ○
  • 紅葉〜錦
  • ながる→わたらば→たえなん
  • 流れへの干渉

284

龍田川紅葉ばながる神なびのみむろの山に時雨ふるらし

又はあすか川もみぢばながる

  • 定家八代抄・秋歌下:459
  • 古今選・秋 ○
  • 時雨→紅葉
  • ふるらし:推論

285

恋しくは見てもしのばん紅葉ばを吹なちらしそ山おろしのかぜ

  • 定家八代抄・秋歌下:460
  • 木のもとの落葉をも見るべきにとなり(両度聞書)
  • 風の心

286

秋風にあへずちりぬるもみぢばの行ゑさだめぬ我ぞ悲しき

  • もみぢば〜我

287

あきはきぬ紅葉はやどにふりしきぬ道ふみ分てとふ人はなし

  • 定家八代抄・秋歌下:461

288

ふみ分てさらにやとはん紅葉ばのふりかくしてし道と見ながら

  • 定家八代抄・秋歌下:462
  • ふりかくし:わざわざ隠す⇔降り隠す

289

秋の月山べさやかにてらせるはおつる紅葉のかずをみよとか

  • 月の明るさ

290

吹風の色のちくさにみえつるは秋のこのはのちれば成けり

  • 風は目に見えぬものなれど、物に触れてその色あるなり(栄雅抄)
  • 文選・和徐都曹・六臣注「風本無光。草上有光色。風吹動之。如風之有光」

291

せきを

霜のたて露のぬきこそよはからし山の錦のをればかつちる

  • 定家八代抄・秋歌下:463
  • 露の縦糸、霜の横糸→もみじの錦
  • 万葉集「たてもなくぬきも定めずをとめらが織るもみち葉に霜な降りそね」
  • 紅葉の微視的解釈

292

うりんゐむの木のかげにたゝずみてよみける

僧正遍昭

わび人の分て立よるこのもとはたのむかげなく紅葉散けり

  • 定家八代抄・秋歌下:464
  • わび人:この世に絶望した人〜作者

293

二条の后の春宮のみやす所と申ける時に、御屏風に龍田川に紅葉ながれたるかたをかけりけるを題にてよめる

そせい

紅葉ばのながれてとまるみなとには紅ふかき浪やたつらん

  • みなと:水の出入りする所
  • 紅葉→紅

294

なりひらの朝臣

ちはやぶる神代もきかず立田川から紅に水くゝるとは

  • 定家八代抄・秋歌下:465
  • 古今選・秋 ○
  • ちはやぶる⇒神
  • くゝる:くくり染めにする
  • 白氏文集「黄來纈林寒有葉」

295

これさだのみこの家の歌合のうた

としゆきの朝臣

我きつるかたもしられずくらぶ山木々のこのはの散とまがふに

  • 定家八代抄・秋歌下:466
  • くらぶ山⇔暗
  • 散るとまがふとは、散るとなれば必ず道のまがふの心なり(古柏)

296

たゞみね

神なびのみむろの山を秋行かば錦たちきる心ちこそすれ

  • たちきる:裁ち着る
  • 紅葉の錦の仕立て

297

きた山にもみぢをらんとてまかれりける時によめる

つらゆき

みる人もなくて散ぬるおく山の紅葉はよるの錦成けり

  • 漢書・項羽伝「富貴不帰故郷。如衣錦夜行」
  • 史記・項羽本紀「如衣繡夜行」

298

秋のうた

かねみの王

立田姫たむくる神のあればこそ秋のこのはのぬさとちるらめ

  • 立田姫:竜田神社の女神
  • もみじ→ぬさ

299

をのといふ所にすみ侍ける時もみぢをみてよめる

つらゆき

秋の山紅葉をぬさとたむくればすむ我さへぞたび心ちする

  • 旅せぬ我さへの心なり(教端抄)

300

神なびの山をすぎてたつた川をわたりける時に、紅葉のながれけるをよめる

きよはらのふかやぶ

神なびの山を過行秋なれば龍田川にぞぬさはたむくる

  • 西へ去る秋

301

寛平御時きさいの宮の歌合のうた

藤原のおき風

白浪に秋のこのはのうかべるをあまのながせる船かとぞみる

  • 白氏文集「一葉往来舟」
  • 眺望の歌なり(古柏)

302

たつた河のほとりにてよめる

坂上是則

もみぢばのながれざりせば立田川水の秋をばたれかしらまし

  • 水の秋:水に現れる四季

303

志賀の山ごえにてよめる

はるみちのつらき

山河に風のかけたるしがらみはながれもあへぬ紅葉成けり

  • 定家八代抄・秋歌下:467
  • 古今選・秋 ○
  • しがらみ:流れをせき止める柵
  • 柵にかかる紅葉→風のかけた柵

304

池のほとりにて紅葉のちるをよめる

みつね

風吹ばおつる紅葉ば水きよみちらぬかげさへ底に見えつゝ

  • 散らぬかげさへとは、散るも散らぬもとなり(両度聞書)

305

亭子院の御屏風のゑに、川わたらんとする人のもみぢのちる木のもとにむまをひかへてたてるをよませ給ひければ、つかうまつりける

たちとまりみてをわたらん紅葉ばゝ雨と降とも水はまさらじ

  • 紅葉〜雨
  • 絵に画ける人にかはりてよめり(十口抄)

306

これさだのみこの家の歌合のうた

たゞみね

山田もる秋のかりいほにをく露はいなおほせどりの涙成けり

  • 露〜涙
  • 秋の田面の露を見る時の心なり(十口抄)

307

題しらず

よみ人しらず

ほにも出ぬ山田をもるとふぢ衣いなばの露にぬれぬ日はなし

  • ほにも出ぬ:いまだ穂にも出ていない
  • 心は、事、業の哀れをいへり(両度聞書)

308

かれる田におふるひつちのほに出ぬはよを今更に秋はてぬとか

  • ひつち:稲の切り株から自生する新しい稲葉
  • 秋はてぬ:飽き果て⇔秋果て

309

きた山に僧正遍昭とたけがりにまかれりけるによめる

そせい法し

紅葉ゞは袖にこき入てもていでなん秋はかぎりと見ん人のため

  • 定家八代抄・秋歌下:468
  • こき入て:枝からしごき取る
  • もみじもなく、秋も果てぬと思ふ人に見せんとなり(両度聞書)

310

寛平御時ふるき歌たてまつれとおほせられければ、立田川もみぢばながるといふ歌をかきて、そのおなじ心をよめりける

おきかぜ

深山よりおちくる水の色みてぞ秋は限と思しりぬる

  • 水の色:もみじの流れる水
  • 白氏文集「春添水色深」

311

秋のはつる心を龍田川に思ひやりてよめる

つらゆき

としごとに紅葉ばながす龍田川みなとや秋のとまり成らん

  • 古今選・秋
  • 秋の停泊地

312

なが月のつごもりの日大井にてよめる

夕月夜をぐらの山に鳴鹿の声のうちにや秋はくるらん

  • 定家八代抄・秋歌下:475
  • 夕月夜→小暗⇔小倉山
  • 万葉集「春されば木の木の暗れの夕月夜おぼつかなしも山陰にして」

313

おなじつごもりの日よめる

みつね

道しらばたづねもゆかんもみぢばをぬさとたむけて秋はいにけり

  • 秋の去る道
  • あとを慕ひ、惜しみたるなり(栄雅抄)