和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

古今和歌集巻第十

物名 四十七首

物名

422

うぐひす

藤原としゆきの朝臣

心から花のしづくにそほちつゝうくひずとのみ鳥の鳴らん

423

ほとゝぎす

くべきほどときすぎぬれや待侘て鳴なる声の人をとよむる

424

うつせみ

在原しげはる

浪のうつせみれば玉ぞみだれけるひろはゞ袖にはかなからんや

425

返し

壬生忠岑

たもとよりはなれて玉をつゝまめやこれなんそれとうつせみんかし

426

うめ

よみ人しらず

あなうめにつねなるべくも見えぬ哉恋しかるべきかは匂ひつゝ

427

かにはざくら

つらゆき

かづけども浪のなかにはさぐられで風吹ごとにうきしづむ玉

428

すもゝの花

今いくか春しなければうぐひすもものはながめて思ふべら也

429

からもゝの花

ふかやぶ

あふからもものはなをこそかなしけれわかれんことをかねて思へば

430

たちばな

をのゝしげかげ

足引の山たちはなれ行雲のやどりさだめぬ世にこそ有けれ

431

をがたまの木

とものり

みよしのゝ吉野の瀧にうかびいづるあはをかたまのきゆとみつらん

432

やまがきの木

よみ人しらず

秋はきぬいまやまがきのきり〴〵すよな〳〵なかん風のさむさに

433

あふひ、かつら

かくばかりあふひのまれになる人をいかゞつらしと思はざるべき

434

人めゆへのちにあふひのはるけくはわがつらきにや思ひなされん

435

くたに

僧正遍昭

散ぬればのちはあくたになる花を思ひしらずもまどふてふ哉

436

さうび

つらゆき

我はけさうひにぞみつる花の色をあだなる物といふべかりけり

437

をみなへし

とものり

白露を玉にぬくとやさゝがにの花にも葉にもいとをみなへし

438

朝つゆを分そほちつゝ花みんと今ぞの山をみなへしりぬる

439

朱雀院のをみなへしあはせの時に、をみなへしといふいつもじをくのかしらにをきてよめる

つらゆき

をぐら山みねたちならしなく鹿のへにけん秋をしる人ぞなき

440

きちかうの花

とものり

あきちかうのは成にけり白露のをける草ばも色かはりゆく

441

しをに

よみ人しらず

ふりはへていざふるさとの花みんとこしをにほひぞうつろひにける

442

りうたんの花

とものり

我やどの花ふみしだくとりうたんのはなければやこゝにしもくる

443

おばな

読人しらず

ありとみてたのむぞかたきうつ蟬のよをばなしとや思なしてん

444

けにごし

やたべの名実

うちつけにこしとや花の色をみんをく白露のそむるばかりを

445

二条后春宮のみやすむ所と申ける時に、めどにけづりばなさせりけるをよませ給ひける

文屋やすひで

花の木にあらざらめどもさきにけりふりにしこのみなる時もがな

446

しのぶぐさ

きのとしさだ

山たかみつねにあらしのふく里は匂ひもあへず花ぞ散りける

447

やまし

平あつゆき

郭公みねの雲にやまじりにしありとはきけど見るよしもなき

448

からはぎ

よみびとしらず

うつ蟬のからはきごとにとゞむれど玉の行ゑをみぬぞかなしき

449

かはなぐさ

ふかやぶ

うば玉の夢になにかはなぐさまんうつゝにだにもあかぬ心を

450

さがりごけ

たかむこのとしはる

花の色はたゞひとさかりこけれども返々ぞ露はそめける

451

にがたけ

しげはる

命とて露をたのむにかたければ物わびしらに鳴のべの虫

452

かはたけ

かげのりのおほきみ

さよふけてなかばたけゆく久かたの月吹かへせ秋の山風

453

わらび

真せい法し

煙たちもゆとも見えぬ草のはをたれかわらびとなづけそめけん

454

さゝ、まつ、びは、ばせをは

きのめのと

いさゝめに時まつまにぞひはへぬる心ばせをば人にみえつゝ

455

なし、なつめ、くるみ

兵衛

あぢきなしなげきなつめそうきことにあひくるみをば捨ぬ物から

456

からことゝいふ所にて春のたちける日よめる

安倍清行朝臣

波のをとのけさからことにきこゆるは春のしらべやあらたまるらん

457

いかゞさき

かねみのおほきみ

かぢにあたる浪のしづくを春なればいかゞさきちる花とみざらん

458

からさき

あぼのつねみ

かのかたにいつからさきにわたりけんなみぢは跡ものこらざりけり

459

伊勢

浪の花おきからさきてちりくめり水の春とは風や成らん

460

かみやがは

つらゆき

うばたまのわがくろかみやかはるらんかゞみのかげにふれる白雪

461

よどがは

足引の山べにをれば白雲のいかにせよとかはるゝ時なき

462

かたの

たゞみね

夏草のうへはしげれるぬま水のゆくかたのなき我心かな

463

かつらのみや

源ほどこす

秋くれど月のかつらのみやはなる光を花とちらすばかりを

464

百和香

よみびとしらず

花ごとにあかずちらしく風なればいくそばくわがうしとかは思

465

すみながし

しげはる

春がすみなかしかよひぢなかりせば秋くるかりはかへらざらまし

466

をき火

みやこのよしか

ながれいづるかたゞにみえぬ涙川をきひん時やそこはしられん

467

ちまき

大江千里

のちまきのをくれておふるなへなれどあだにはならぬたのみとぞきく

468

はをはじめ、るをはてにて、ながめをかけて時の歌よめと人のいひければよめる

僧正聖宝

はなのなかめにあくやとてわけゆけば心ぞ友にちりぬべらなる