和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

古今和歌集巻第十三

恋歌三 六十一首

恋歌三

616

やよひのついたちよりしのびに人に物をいひてのちに、雨のそほふりけるによみてつかはしける

在原業平朝臣

おきもせずねもせでよるをあかしては春の物とて詠めくらしつ

  • 定家八代抄・恋歌三:1065
  • 古今選・戀

617

業平朝臣の家に侍ける女のもとによみてつかはしける

としゆきの朝臣

つれ〴〵の詠めにまさる涙川袖のみぬれてあふよしもなし

  • 定家八代抄・恋歌三:1124

618

かの女にかはりて返しによめる

なりひらの朝臣

あさみこそ袖はひつらめ涙川身さへながるときかばたのまん

  • 定家八代抄・恋歌三:1125

619

題しらず

よみ人しらず

よるべなみ身をこそとをく隔つれ心は君が影と成にき

  • 定家八代抄・恋歌三:1127

620

徒に行ては来ぬる物故にみまくほしさにいざなはれつゝ

  • 定家八代抄・恋歌四:1178

621

あはぬ夜のふる白雪とつもりなば我さへ友にけぬべき物を

此歌はある人のいはく柿本人丸が歌なり

622

なりひらの朝臣

秋の野にさゝ分しあさの袖よりもあはでこしよぞひちまさりける

  • 定家八代抄・恋歌三:1138
  • 古今選・戀

623

小野小町

見るめなき我身をうらとしらねばやかれなであまのあしたゆくくる

624

源宗于朝臣

あはずして今宵明なば春の日のながくや人をつらしと思はん

625

みぶのたゞみね

有明のつれなくみえし別より暁ばかりうき物はなし

  • 定家八代抄・恋歌三:1069
  • 古今選・戀 ○

626

ありはらのもとかた

逢事のなぎさにしよる浪なれば恨てのみぞ立帰りける

  • 定家八代抄・恋歌一:902

627

よみびとしらず

かねてより風にさきだつ浪なれや逢事なきにまだきたつらん

628

たゞみね

陸奥にありといふなる名とり川なきなとりてはくるしかりけり

629

みはるのありすけ

あやなくてまだきなき名の立田河わたらでやまん物ならなくに

630

もとかた

人はいさ我はなき名の惜ければ昔も今もしらずとをいはん

  • 定家八代抄・恋歌二:953

631

よみびとしらず

こりずまに又もなき名は立ぬべし人にくからぬよにしすまへば

  • 定家八代抄・恋歌三:1146

632

ひんがしの五条わたりに人をしりをきてまかりかよひけり、忍びなる所なりければかどよりしもえいらでかきのくづれよりかよひけるを、たびかさなりければあるじきゝ付てかの道に夜ごとに人をふせてまもらすれば、いきけれどえあはでのみかへりてよみてやりける

なりひらの朝臣

人しれぬ我通ひぢの関守はよひ〳〵ごとにうちもねなゝん

  • 定家八代抄・恋歌三:1109
  • 古今選・戀 ○

633

題しらず

つらゆき

しのぶれど恋しき時は足引の山より月の出てこそくれ

634

読人しらず

恋々て稀にこよひぞ逢坂の夕つけ鳥はなかずもあら南

635

をのゝこまち

秋のよもなのみ成けりあふといへばことぞともなく明ぬるものを

636

凡河内みつね

ながしとも思ぞはてぬ昔よりあふ人からの秋のよなれば

  • 定家八代抄・恋歌三:1062

637

よみ人しらず

しのゝめのほがら〳〵と明ゆけばをのが衣々なるぞかなしき

638

藤原国経朝臣

明ぬとて今はの心つくからになどいひしらぬ思ひそふらん

  • 定家八代抄・恋歌三:1043

639

寛平御時きさいの宮の歌合のうた

としゆきの朝臣

あけぬとて帰る道にはこきたれて雨も涙もふりそほちつゝ

640

題しらず

しのゝめの別をおしみ我ぞまづ鳥よりさきに啼はじめつる

641

よみびとしらず

郭公夢かうつゝか朝霧のおきてわかれし暁の声

  • 古今選・戀 ○

642

玉くしげあけば君がなたちぬべき夜ぶかくこしを人みけんかも

643

大江千里

けさはしもおきけん方もしらざりつ思出るぞ消て悲しき

644

人にあひてあしたによみてつかはしける

業平朝臣

ねぬるよの夢をはかなみまどろめばいやはかなにも成まさる哉

  • 定家八代抄・恋歌四:1230
  • 古今選・戀

645

業平朝臣のいせの国にまかりたりける時、斎宮なりける人にいとみそかにあひて又のあしたに人やるすべなくて思ひをりけるあひだに、女のもとよりをこせたりける

よみ人しらず

君やこし我や行けんおもほえず夢か現かねてか覚てか

646

返し

なりひらの朝臣

かきくらす心の闇にまどひにき夢現とは世人さだめよ

647

題しらず

読人しらず

むば玉のやみのうつゝはさだかなる夢にいくらもまさりざりけり

  • 定家八代抄・恋歌三:1061

648

さよ更て天のとわたる月影にあかずも君をあひみつる哉

649

君が名もわがなもたてじなにはなるみつともいふなあひき共いはじ

  • 定家八代抄・恋歌三:1144

650

なとり川せゞのむもれ木顕ればいかにせんとかあひみそめけん

  • 定家八代抄・恋歌三:1089
  • 古今選・戀 ○

651

芳野河水の心ははやくともたきの音にはたてじと思

652

恋しくはしたにを思へむらさきのねずりの衣色にいづな夢

  • 定家八代抄・恋歌三:1143

653

をのゝはるかぜ

花すゝきほにいでゝこひばなをゝしみ下ゆふひものむすぼゝれつゝ

  • 定家八代抄・恋歌二:1003

654

たちばなのきよきがしのびにあひしれりける女の許よりおこせたりける

読人しらず

思ふどちひとり〳〵が恋しなばたれによそへてふぢ衣きん

  • 定家八代抄・恋歌四:1209

655

返し

たちばなのきよき

泣こふる涙に袖のそほちなばぬぎかへがてらよるこそはきめ

  • 定家八代抄・恋歌四:1210

656

題しらず

こまち

現にはさもこそあらめ夢にさへ人めをもると見るがわびしさ

  • 定家八代抄・恋歌四:1211

657

限なき思のまゝによるもこむ夢路をさへに人はとがめじ

658

夢路にはあしもやすめずかよへどもうつゝにひとめみしごとはあらず

  • 定家八代抄・恋歌四:1212

659

よみ人しらず

おもへども人めづゝみのたかければ川とみながらえこそ渡らね

660

たきつせの早き心をなにしかも人めづゝみのせきとゞむらん

661

寛平御時きさいの宮の歌合のうた

きのとものり

紅の色には出じかくれぬのしたにかよひて恋はしぬとも

662

題しらず

みつね

冬の池にすむにほどりのつれもなくそこにかよふと人にしらする

  • 定家八代抄・恋歌四:1298

663

さゝの葉にをく初霜のよをさむみしみはつくとも色にいでめや

  • 定家八代抄・恋歌四:1299

664

よみびとしらず

山しなの音羽の山の音にだに人のしるべくわがこひめかも

此うたある人あふみのうねめのとなん申す

665

きよはらのふかやぶ

みつしほのながれひるまをあひがたみみるめのうらによるをこそまて

666

平貞文

白川のしらずともいはじ底きよみ流てよゝにすまんと思へば

667

とものり

したにのみこふればくるし玉のをの絶て乱れん人なとがめそ

  • 定家八代抄・恋歌二:978

668

我恋を忍びかねては足曳の山橘の色にいでぬべし

669

よみ人しらず

おほかたは我なもみなとこぎ出なんよをうみべたに見るめすくなし

  • 定家八代抄・恋歌二:980

670

平貞文

枕より又しる人もなき恋を涙せきあへずもらしつる哉

  • 定家八代抄・恋歌二:981

671

よみ人しらず

風ふけば浪うつ岸の松なれやねに顕てなきぬべら也

このうたある人のいはくかきのもとの人まろがなり

  • 定家八代抄・恋歌二:982

672

池にすむなをゝし鳥の水をあさみかくるとすれど顕れにけり

  • 定家八代抄・恋歌三:1091

673

逢事は玉のをばかり名のたつは吉野々川のたきつせのごと

  • 定家八代抄・恋歌三:1117

674

村鳥のたちにしわがな今更に事なしぶともしるしあらめや

  • 定家八代抄・恋歌三:1092

675

君により我名は花に春霞野にも山にも立みちにけり

676

伊勢

しるといへば枕だにせでねし物をちりならぬ名の空にたつらん