和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

古今和歌集巻第十四

恋歌四 七十首

恋歌四

677

題しらず

読人しらず

陸奥のあさかのぬまの花かつみかつみる人にこひやわたらん

  • 定家八代抄・恋歌四:1160
  • 古今選・戀 ○

678

あひみずは恋しき事もなからまし音にぞ人をきくべかりける

679

つらゆき

いその神ふるのなかみち中々にみずは恋しと思はましやは

  • 古今選・戀 ○○

680

藤原のたゞゆき

君といへばみまれみずまれふじのねのめづらしげなく崩るわが恋

  • 定家八代抄・恋歌四:1175

681

伊勢

夢にだにみゆとは見えじ朝な〳〵我面影にはづる身なれば

682

よみ人しらず

石ま行水の白波立かへりかくこそはみめあかずも有かな

  • 定家八代抄・恋歌四:1162

683

いせのあまの朝な夕なにかづくてふみるめに人をあくよしもがな

  • 定家八代抄・恋歌四:1163

684

とものり

春霞たなびく山の桜花みれどもあかぬ君にも有かな

685

ふかやぶ

心をぞわりなき物と思ひぬるみるものからや恋しかるべき

686

凡河内みつね

かれはてん後をばしらで夏草のふかくも人のおもほゆるかな

687

よみ人しらず

あすか川淵はせになる世成とも思そめてん人は忘れじ

  • 定家八代抄・恋歌四:1172

688

寛平御時きさいのみやの歌合のうた

思てふ言の葉のみや秋をへて色もかはらぬ物にはあるらん

689

題しらず

小莚に衣かたしき今宵もや我をまつらんうぢのはしひめ

又はうぢのたまひめ

  • 定家八代抄・恋歌三:1080
  • 古今選・戀 ○

690

君やこん我やゆかむのいさよひに槇のいたどもさゝずねにけり

  • 定家八代抄・恋歌三:1102
  • 古今選・戀 ○

691

そせいほうし

今こむといひしばかりに長月の有明の月を待出つる哉

  • 定家八代抄・恋歌三:1104
  • 古今選・戀 ○

692

よみびとしらず

月夜よしよゝしと人に告やらばこてふににたりまたずしもあらず

  • 定家八代抄・恋歌三:1103

693

君こずはねやへもいらじこ紫我もとゆひに霜はをくとも

694

宮ぎのゝもとあらのこ萩露をゝもみ風を待ごと君をこそまて

  • 定家八代抄・恋歌三:1101

695

あな恋し今もみてしか山がつの垣ほにさけるやまとなでしこ

  • 定家八代抄・恋歌四:1173

696

津の国のなには思はず山しろのとはにあひみんことをのみこそ

  • 定家八代抄・恋歌一:907

697

つらゆき

敷島のやまとにはあらぬ唐衣ころもへずして逢よしもがな

  • 定家八代抄・恋歌二:1033

698

ふかやぶ

恋しとはたがなづけゝん事ならんしぬとぞたゞにいふべかりける

699

よみ人しらず

みよしのゝおほかは野べの藤なみのなみに思はゞわがこひめやは

700

かくこひん物とは我も思にき心のうらぞまさしかりける

701

天の原ふみとゞろかしなる神も思ふ中をばさくる物かは

  • 定家八代抄・恋歌四:1207

702

梓弓ひきのゝつゞら末つゐにわが思ふ人にことのしげけん

このうたはある人、あめのみかどあふみのうねめに給ひけるとなん申す

  • 定家八代抄・恋歌四:1208

703

夏引のてびきの糸をくり返しことしげく共たえんと思な

此歌は返しによみて奉りけるとなん

  • 定家八代抄・恋歌四:1255

704

里人のことは夏のゝしげくともかれ行君にあはざらめやな

  • 定家八代抄・恋歌四:1256
  • 古今選・戀

705

藤原敏行朝臣の、なりひらの朝臣の家成ける女をあひしりてふみつかはせりけることばに、いままうでく、あめのふりけるをなんみわづらひ侍といへりけるをきゝて、かの女にかはりてよめりける

在原業平朝臣

かず〳〵に思ひ思はずとひがたみ身をしる雨はふりぞまされる

  • 定家八代抄・恋歌三:1126

706

ある女のなりひらの朝臣をところさだめずありきすとおもひて、よみてつかはしける

よみびとしらず

おほぬさのひくてあまたに成ぬれば思へどえこそたのまざりけれ

  • 定家八代抄・恋歌四:1240

707

返し

なりひらの朝臣

おほぬさとなにこそたてれながれても終によるせは有てふものを

  • 定家八代抄・恋歌四:1241

708

題しらず

よみ人しらず

すまのあまの塩やく煙風をいたみ思はぬかたにたなびきにけり

  • 定家八代抄・恋歌五:1320
  • 古今選・戀 ○

709

玉かづらはふきあまたに成ぬればたえぬ心のうれしげもなし

  • 定家八代抄・恋歌四:1246

710

たが里によがれをしてか時鳥たゞこゝにしもねたるこゑする

711

いで人は事のみぞよき月草のうつし心は色ことにして

  • 定家八代抄・恋歌四:1247

712

偽のなき世なりせばいかばかり人の言のは嬉しからまし

  • 定家八代抄・恋歌四:1248

713

いつはりと思ふ物から今更にたがまことをか我はたのまん

  • 定家八代抄・恋歌四:1249
  • 古今選・戀 ○

714

素性法師

秋風に山の木の葉のうつろへば人の心もいかゞとぞおもふ

715

寛平御時きさいの宮の歌合のうた

とものり

蟬のこゑきけばかなしな夏衣うすくや人のならんと思へば

  • 定家八代抄・恋歌四:1259

716

題しらず

よみ人しらず

空蟬のよの人ごとのしげゝれば忘ぬものゝかれぬべらなり

717

あかでこそ思はん中ははなれなめそをだに後の忘がたみに

  • 定家八代抄・恋歌三:1150

718

忘れなんと思ふ心のつくからに有しよりけにまづぞかなしき

  • 定家八代抄・恋歌三:1151

719

忘なん我をうらむな郭公人の秋にはあはんともせず

720

たえず行あすかの川のよどみなば心あるとや人の思はん

此歌ある人のいはくなかとみのあづま人がうた也

721

淀川のよどむと人は見るらめどながれてふかき心ある物を

722

素性法師

そこひなき淵やはさはぐ山川の浅き瀬にこそあだ波はたて

723

よみ人しらず

紅のはつ花ぞめの色ふかく思ひし心われ忘れめや

724

かはらの左大臣

陸奥の忍ぶもぢずり誰ゆへに乱れむと思我ならなくに

  • 定家八代抄・恋歌一:853
  • 古今選・戀 ○

725

よみびとしらず

思ふよりいかにせよとか秋風になびくあさぢの色ことになる

  • 定家八代抄・恋歌四:1265

726

ちゞの色にうつろふらめどしらなくに心し秋の紅葉ならねば

727

小野小町

あまのすむ里のしるべにあらなくにうらみんとのみ人の云らん

  • 定家八代抄・恋歌五:1322

728

しもつけのをむね

くもりひの影としなれる我なればめにこそみえねみをばはなれず

729

つらゆき

色もなき心を人にそめしよりうつろはんとはおもほえなくに

  • 古今選・戀 ○

730

読人しらず

めづらしき人をみんとやしかもせぬ我したひものとけわたるらん

731

かげろふのそれかあらぬか春雨のふるひとなれば袖ぞぬれぬる

732

堀江こぐたなゝし小船こぎかへりおなじ人にや恋わたりなん

  • 定家八代抄・恋歌四:1180

733

伊勢

わたつみとあれにしとこを今更にはらはゞ袖やあわとうきなん

  • 定家八代抄・恋歌五:1437

734

つらゆき

いにしへに猶立帰る心かな恋しきことに物わすれせで

  • 定家八代抄・恋歌五:1438

735

人を忍びにあひしりてあひがたく有ければ、その家のあたりをまかりありきけるおりに、かりのなくをきゝてよみてつかはしける

大伴くろぬし

思出て恋しき時ははつかりの鳴てわたると人しるらめや

  • 定家八代抄・恋歌五:1439
  • 古今選・戀

736

右のおほいまうちぎみすまず成にければ、かのむかしをこせたりける文どもをとりあつめて返すとてよみてをくりける

典侍藤原よるかの朝臣

たのめこし言の葉今は返してん我身ふるればをき所なし

  • 定家八代抄・恋歌五:1440

737

返し

近院の右のおほいまうち君

今はとて返す言のはひろひをきてをのが物から形見とやみん

  • 定家八代抄・恋歌五:1441

738

題しらず

よるかの朝臣

玉ぼこの道はつねにもまどはなん人をとふとも我かと思はん

739

よみびとしらず

まてといはゞねてもゆかなんしゐて行こまのあしおれまへのたなはし

740

中納言源のゝぼるの朝臣のあふみのすけに侍ける時に、よみてやれりける

閑院

相坂の夕つけどりにあらばこそ君がゆきゝをなく〳〵も見め

  • 定家八代抄・恋歌五:1344

741

題しらず

伊勢

故郷にあらぬ物から我ために人の心のあれてみゆらん

742

山がつのかきほにはへるあをつゞら人はくれどもことづてもなし

743

さかゐのひとざね

大空は恋しき人の形見かは物思ふごとに詠めらるらん

744

よみ人しらず

あふ迄の形見も我はなにせんにみても心のなぐさまなくに

745

おやのまもりける人のむすめに、いとしのびにあひてものらいひけるあひだに、おやのよぶといひければいそぎかへるとてもをなんぬぎをきていりにける、その後もをかへすとてよめる

おきかぜ

逢までの形見とてこそとゞめけめ涙にうかぶもくづ成けり

746

題しらず

よみ人しらず

形見こそ今はあたなれこれなくは忘るゝ時もあらましものを

  • 定家八代抄・恋歌五:1417
  • 古今選・戀 ○