和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

古今和歌集巻第十五

恋歌五 八十二首

恋歌五

747

五条のきさいの宮のにしのたいに住ける人に、ほいにはあらで物いひわたりけるを、む月のとをかあまりになんほかへかくれにける、あり所は聞けれどえ物もいはで、又のとしの春梅の花さかりに月のおもしろかりける夜、こぞをこひてかのにしのたいにいきて月のかたぶくまであばらなるいたじきにふせりてよめる

在原業平朝臣

月やあらぬ春や昔の春ならぬ我身ひとつはもとのみにして

  • 定家八代抄・恋歌五:1358
  • 古今選・戀 ○

748

題しらず

藤原なかひらの朝臣

花すゝき我こそしたに思ひしかほにいでゝ人にむすばれにけり

  • 定家八代抄・恋歌四:1280

749

藤原かねすけの朝臣

よそにのみきかまし物をゝとは川わたるとなしにみなれそめけん

  • 定家八代抄・恋歌五:1345
  • 古今選・戀 ○

750

凡河内みつね

わがごとく我を思はん人もがなさてもやうきと世を心みん

751

もとかた

久堅の天つ空にもすまなくに人はよそにぞ思べらなる

  • 定家八代抄・恋歌五:1442

752

よみびとしらず

見ても又またもみまくのほしければなるゝを人はいとふべら也

  • 定家八代抄・恋歌四:1176

753

きのとものり

雲もなくなぎたるあさの我なれやいとはれてのみよをばへぬらん

  • 定家八代抄・恋歌五:1443

754

よみ人しらず

花がたみめならぶ人のあまたあれば忘られぬらん数ならぬ身は

  • 定家八代抄・恋歌三:1128
  • 古今選・戀 ○

755

うきめのみおひてながるゝうらなればかりにのみこそあまはよるらめ

756

伊勢

逢にあひて物思ふころの我袖にやどる月さへぬるゝがほなる

  • 定家八代抄・恋歌五:1363
  • 古今選・戀

757

読人しらず

秋ならでをく白露はねざめするわが手枕のしづく成けり

758

すまのあまの塩焼衣おさをあらみまどをにあれや君がきまさぬ

  • 定家八代抄・恋歌五:1319

759

山城の淀のわかごもかりにだにこぬ人たのむ我ぞはかなき

  • 定家八代抄・恋歌五:1430
  • 古今選・戀

760

あひみねば恋こそまされみなせ川なにゝふかめて思そめ剣

761

暁の鴫のはねかきもゝはかき君がこぬよは我ぞかずかく

  • 定家八代抄・恋歌三:1142

762

玉かづら今はたゆとや吹風の音にも人の聞えざるらん

  • 定家八代抄・恋歌五:1431
  • 古今選・戀 ○

763

わが袖にまだき時雨のふりぬるは君が心に秋やきぬらん

764

山の井のあさき心も思はぬにかげばかりのみ人のみゆらん

765

忘草たねとらましを逢事のいとかくかたき物としりせば

766

こふれども逢夜のなきは忘草夢ぢにさへやおひしげるらん

  • 定家八代抄・恋歌五:1342

767

夢にだにあふ事かたく成ゆくは我やいをねぬ人や忘るゝ

768

けんげい法し

唐も夢にみしかば近かりき思はぬ中ぞはるけかりける

  • 定家八代抄・恋歌五:1432

769

さだのゝぼる

ひとりのみ詠ふるやのつまなれば人を忍ぶの草ぞおひける

770

僧正遍昭

わが宿は道もなきまであれにけりつれなき人を待とせしまに

  • 定家八代抄・恋歌五:1434
  • 古今選・戀 ○

771

今こむといひて別し朝より思ひくらしのねをのみぞなく

  • 定家八代抄・恋歌五:1435

772

よみ人しらず

こめやとは思物からひぐらしのなく夕暮はたちまたれつゝ

773

いましはとわびにし物をさゝがにの衣にかゝりわれをたのむる

774

今はこじと思ふ物から忘つゝまたるゝ事のまだもやまぬか

775

月夜にはこぬ人またるかき曇り雨もふりなん侘つゝもねん

  • 定家八代抄・恋歌五:1436

776

うへていにし秋田刈まで見えこねばけさ初雁のねにぞ鳴ぬる

777

こぬ人を待夕暮の秋風はいかにふけばかわびしかるらん

  • 定家八代抄・恋歌四:1267

778

久しくも成にけるかな住の江の松はくるしき物にぞ有ける

779

かねみのおほきみ

住のえの松ほど久に成ぬればあしたづのねになかぬ日はなし

780

なかひらの朝臣あひしりて侍けるをかれがたに成にければ、ちゝがやまとのかみに侍けるもとへまかるとてよみてつかはしける

伊勢

みわの山いかに待みん年ふとも尋ぬる人もあらじと思へば

  • 定家八代抄・恋歌五:1343
  • 古今選・戀 ○

781

題しらず

雲林院のみこ

吹まよふ野風をさむみ秋はぎのうつりもゆくか人の心の

  • 定家八代抄・恋歌四:1293
  • 古今選・戀 ○

782

をのゝこまち

今はとてわが身時雨にふりぬれば言のはさへにうつろひにけり

  • 定家八代抄・恋歌四:1294

783

返し

小野さだき

人を思心このはにあらばこそ風のまに〳〵ちりもみだれめ

  • 定家八代抄・恋歌四:1295

784

なりひらの朝臣きのありつねがむすめにすみけるを、うらむる事ありてしばしのあひだひるはきてゆふさりはかへりのみしければ、よみてつかはしける

あま雲のよそにも人の成行かさすがにめにはみゆる物から

785

返し

なりひらの朝臣

ゆきかへり空にのみしてふることは我ゐる山の風はやみ也

786

題しらず

かげのりのおほきみ

唐衣なれば身にこそまつはれめかけてのみやは恋んと思ひし

787

とものり

秋風は身を分てしもふかなくに人の心の空になるらん

788

源宗于朝臣

つれもなく成行人の言のはぞ秋よりさきのもみぢなりける

789

こゝちそこなへりけるころあひしりて侍ける人のとはで、心ちをこたりてのちとぶらへりければよみてつかはしける

兵衛

しでの山麓をみてぞ帰りにしつらき人よりまづこえじとて

790

あひしれりける人のやうやくかれがたになりけるあひだに、やけたるちの葉に文をさしてつかはせりける

こまちがあね

時すぎてかれゆくをのゝあさぢには今は思ひぞたえずもえける

791

物おもひけるころ、ものへまかりける道に野火のもえけるをみてよめる

伊勢

冬がれの野べと我身を思ひせばもえても春をまたましものを

  • 古今選・戀 ○

792

題しらず

とものり

水の淡の消でうき身といひながら流て猶もたのまるゝ哉

793

よみ人しらず

みなせ川ありて行水なくはこそつゐにわが身をたえぬと思はめ

794

みつね

よしのがはよしや人こそつらからめはやくいひてしことは忘れじ

  • 古今選・戀 ○

795

よみびとしらず

世中の人の心は花ぞめのうつろひやすき色にぞ有ける

796

心こそうたてにくけれそめざらばうつろふこともおしからましや

797

こまち

いろみえでうつろふ物は世中の人の心の花にぞありける

  • 定家八代抄・恋歌五:1308
  • 古今選・戀 ○

798

よみ人しらず

我のみやよをうぐひすと鳴侘ん人の心の花とちりなば

799

そせい法師

思ふともかれなん人をいかゞせんあかず散ぬる花とこそみめ

800

よみ人しらず

今はとて君がかれなばわが宿の花をばひとりみてや忍ばん

801

むねゆきの朝臣

忘草かれもやするとつれもなき人の心にしもはをかなん

802

寛平御時御屏風に歌かゝせ給ひける時、よみてかきける

そせい法し

忘草何をかたねと思ひしはつれなき人の心なりけり

  • 定家八代抄・恋歌五:1395

803

題しらず

秋の田のいねてふこともかけなくになにをうしとか人のかるらん

804

きのつらゆき

はつ雁の鳴こそわたれ世中の人の心のあきしうければ

805

よみ人しらず

あはれともうしとも物を思ふ時などか涙のいとなかるらん

806

身をうしと思にきえぬ物なればかくてもへぬる世にこそ有けれ

807

典侍藤原直子朝臣

蜑のかるもに住虫の我からとねをこそなかめ世をばうらみじ

  • 定家八代抄・恋歌五:1338

808

いなば

あひみぬもうきもわが身の唐衣思ひしらずもとくるひも哉

  • 定家八代抄・恋歌五:1341
  • 古今選・戀 ○

809

寛平御時きさいのみやの歌合のうた

すがのゝたゞをむ

つれなきを今は恋じと思へども心よはくもおつる涙か

810

題しらず

伊勢

人しれずたえなましかばわびつゝもなき名ぞとだにいはまし物を

811

よみびとしらず

それをだに思ふ事とて我やどをみきとないひそ人のきかくに

  • 定家八代抄・恋歌五:1424

812

逢事のもはらたえぬる時にこそ人の恋しき事もしりけれ

813

わびはつる時さへ物の悲しきはいづこを忍ぶなみだ成らん

  • 定家八代抄・恋歌五:1422

814

藤原おきかぜ

恨てもなきてもいはんかたぞなき鏡に見ゆる影ならずして

  • 定家八代抄・恋歌五:1425

815

よみ人知らず

夕されば人なきとこを打はらひなげかんためとなれる我身か

816

わたつみの我身こす波立かへりあまのすむてふうら見つる哉

817

あらをだをあらすき返し〳〵ても人の心をみてこそやまめ

  • 定家八代抄・恋歌五:1445

818

有そ海の浜の真砂とたのめしは忘るゝことのかずにぞ有ける

819

あしべより雲ゐをさして行雁のいやとをざかる我身かなしも

  • 定家八代抄・恋歌五:1444

820

しぐれつゝもみづるよりも言のはの心の秋にあそぶわびしき

821

秋風の吹とふきぬるむさし野はなべて草ばの色かはりけり

  • 定家八代抄・秋歌下:400

822

小町

秋風にあふたのみこそ悲しけれわがみむなしく成ぬと思へば

  • 定家八代抄・恋歌四:1270

823

平さだふん

秋風の吹うら返すくずのはのうらみても猶うらめしき哉

  • 定家八代抄・恋歌四:1271

824

読人しらず

秋といへばよそにぞきゝしあだ人の我をふるせるなにこそ有けれ

825

忘らるゝ身をうぢはしの中たえて人もかよはぬ年ぞへにける

又はこなたかなたに人もかよはず

826

坂上これのり

逢事をながらの橋のながらへてこひわたるまに年ぞへにける

827

とものり

うきながらけぬるあわとも成なゝんながれてとだに頼れる身は

828

よみ人しらず

ながれては妹背の山のなかにおつるよしのゝ川のよしや世中

  • 古今選・戀 ○