和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

古今和歌集巻第十七

雑歌上 七十首

863

題しらず

読人しらず

我うへに露ぞをくなる天川とわたる船のかひのしづくか

864

思ふれどまどゐせる夜は唐錦たゝまくおしき物にぞ有ける

  • 定家八代抄・雑歌上:1459

865

うれしきをなにゝつゝまん唐衣たもとゆたかにたてといはましを

  • 定家八代抄・雑歌上:1460

866

限なき君がためにとおる花は時しもわかぬ物にぞ有ける

あるひとのいはく、此歌はさきのおほいまうちぎみの也

  • 定家八代抄・雑歌上:1461

867

むらさきのひともとゆへにむさしのゝ草はみながら哀とぞ見る

  • 定家八代抄・雑歌上:1462
  • 古今選・雑 ○

868

めのおとうとをもて侍ける人に、うへのきぬををくるとてよみてやりける

なりひらの朝臣

紫の色こき時はめもはるにのなる草木ぞわかれざりける

  • 定家八代抄・雑歌上:1463

869

大納言ふぢはらのくにつねの朝臣宰相より中納言に成ける時に、そめぬうへのきぬのあやをゝくるとてよめる

近院の右のおほいまうちぎみ

色なしと人や見るらん昔よりふかき心にそめてし物を

  • 定家八代抄・雑歌上:1464

870

いその神のなむまつが宮づかへもせでいその神といふ所にこもり侍けるを、にはかにかうぶりたまはれりければよろこびいひつかはすとて、よみてつかはしける

ふるのいまみち

日の光りやぶしわかねばいその神ふりにしさとに花も咲けり

871

二条のきさきのまだ東宮のみやすむ所と申ける時に、おほはらのにまうでたまひける日よめる

なりひらの朝臣

おほはらや小塩の山もけふこそは神世のことも思いづらめ

  • 定家八代抄・雑歌上:1452
  • 古今選・雑 ○

872

五節の舞ひめを見てよめる

よしみねのむねさだ

あまつ風雲のかよひぢ吹とぢよ乙女の姿しばしとゞめん

  • 定家八代抄・雑歌上:1454
  • 古今選・雑 ○

873

五節のあしたに、かんざしの玉のおちたりけるを見てたがならんととぶらひてよめる

河原の左のおほいまうちぎみ

ぬしやたれとへど白玉いはなくにさらばなべてや哀と思はん

  • 定家八代抄・雑歌上:1455

874

寛平御時にうへのさぶらひに侍けるをのこども、かめをもたせてきさいの宮の御かたにおほみきのおろしときこえにたてまつりたりけるを、くら人どもわらひてかめをおまへにもていでゝともかくもいはず成にければ、つかひのかへりきてさなんありつるといひければ、くら人のなかにをくりける

としゆきの朝臣

たまだれのこがめやいづらこよろぎの磯の浪分おきにいでにけり

  • 定家八代抄・雑歌上:1458

875

女どもの見てわらひければよめる

けんげいほうし

かたちこそみ山隠れの朽木なれ心は花になさば成なん

876

方たがへに人の家にまかれりける時に、あるじのきぬをきせたりけるをあしたにかへすとてよみける

きのとものり

蟬のはのよるの衣はうすけれどうつりがこくも匂ひぬるかな

877

題しらず

読人しらず

をそく出る月にもあるかな足曳の山のあなたもおしむべら也

878

我心なぐさめかねつさらしなやをばすて山にてる月をみて

  • 定家八代抄・雑歌中:878

879

なりひらの朝臣

大かたは月をもめでじこれぞこのつもれば人のおいとなるもの

  • 定家八代抄・雑歌中:1596
  • 古今選・雑 ○

880

月おもしろしとて凡河内躬恒がまうできたりけるによめる

きのつらゆき

かつみれどうとくも有哉月影のいたらぬ里もあらじと思へば

881

いけに月の見えけるをよめる

二なき物と思ひしを水底に山のはならでいづる月影

882

題しらず

よみびとしらず

天川雲のみおにてはやければひかりとゞめず月ぞながるゝ

  • 定家八代抄・雑歌中:1616

883

あかずして月のかくるゝ山もとはあなたおもてぞ恋しかりける

884

これたかのみこのかりしけるともにまかりて、やどりにかへりて夜ひとよさけをのみ物がたりをしけるに、十一日の月もかくれなんとしけるおりに、みこゑひてうちへいりなんとしければよみ侍ける

なりひらの朝臣

あかなくにまだきも月のかくるゝか山のはにげていれずもあらなん

  • 定家八代抄・雑歌中:1617

885

田村のみかどの御時に斎院に侍けるあきらけいこのみこを、はゝあやまちありといひて斎院をかへらんとしけるを、そのことやみにければよめる

あま敬信

大空をてり行月し清ければ雲かくせども光けなくに

886

題しらず

よみ人しらず

いその神ふるからをのゝもとかしはもとの心は忘られなくに

  • 定家八代抄・雑歌上:1493
  • 古今選・雑 ○

887

いにしへの野中の清水ぬるけれどもとの心をしる人ぞくむ

  • 定家八代抄・雑歌上:1494

888

古のしづのをだまきいやしきもよきもさかりはありし物也

  • 定家八代抄・雑歌上:1495

889

今こそあれ我も昔はおとこ山さか行時もありこしものを

890

世中にふりぬる物は津の国のながらの橋と我となりけり

  • 定家八代抄・雑歌上:1496

891

さゝの葉にふりつむ雪のうれをゝもみ本くたちゆくわがさかりはも

  • 定家八代抄・雑歌上:1497

892

おほあらきのもりのした草おひぬればこまもすさめずかる人もなし

又はさくらあさのおふのした草おいぬれば

  • 定家八代抄・雑歌上:1498

893

かぞふればとまらぬ物をとしといひてことしはいたくおいぞしにける

894

をしてるやなにはのみつに焼塩のからくも我は老にける哉

又はおほとものみつのはまべに

  • 古今選・雑 ○

895

おいらくのこむとしりせば門さしてなしと答てあはざらましを

このみつのうたは昔ありけるみたりのおきなのよめるとなん

896

さかさまに年もゆかなんとりもあへず過るよはひやともにかへると

897

とりとむる物にしあらねば年月を哀あなうとすぐしつるかな

  • 定家八代抄・雑歌上:1499

898

とゞめあへずむべもとしとはいはれけりしかもつれなくすぐる齢か

899

鏡山いざたちよりてみてゆかん年へぬる身はおいやしぬると

このうたはある人のいわく大伴のくろぬしが也

  • 古今選・雑

900

なりひらの朝臣のはゝのみこながをかにすみ侍ける時に、なりひら宮づかへすとて時々もえまかりとぶらはず侍ければ、しはすばかりにはゝのみこのもとよりとみの事とてふみをもてまうできたり、あけてみればことばゝなくてありけるうた

おひぬればさらぬ別もありといへばいよ〳〵見まくほしき君哉

  • 定家八代抄・雑歌上:1482

901

返し

なりひらの朝臣

世中にさらぬ別のなくもがなちよもとなげく人のこのため

  • 定家八代抄・雑歌上:1483

902

寛平御時きさいの宮の歌合のうた

ありひらのむねやな

白雪のやへふりしけるかへる山かへる〴〵もおひにけるかな

903

おなじ御時うへのさぶらひにて、をのこどもにおほみき給ひておほみあそびありけるついでにつかうまつれる

としゆきの朝臣

おいぬとてなどか我身をせめぎけん老ずはけふにあはまし物か

  • 定家八代抄・雑歌上:1453

904

題しらず

よみ人しらず

ちはやぶるうぢの橋もりなれをしぞあはれとは思年のへぬれば

  • 定家八代抄・雑歌下:1647

905

我みてもひさしく成ぬ住の江の岸のひめ松いくよへぬらん

  • 定家八代抄・雑歌下:1690
  • 古今選・雑 ○

906

住吉の岸のひめ松人ならばいく世かへしとゝはまし物を

  • 定家八代抄・雑歌下:1691

907

梓弓いそべのこ松たが代にかよろづよかねてたねをまきけん

このうたはある人のいはく柿本の人まろが也

  • 定家八代抄・雑歌下:1692
  • 古今選・雑 ○

908

かくしつゝ世をやつくさん高砂の尾上にたてる松ならなくに

  • 定家八代抄・雑歌下:1693

909

藤原おきかぜ

たれをかもしる人にせん高砂の松も昔の友ならなくに

  • 定家八代抄・雑歌下:1694
  • 古今選・雑 ○

910

よみびとしらず

わたつ海のおきつ塩あひにうかぶ淡の消ぬ物からよる方もなし

  • 定家八代抄・雑歌下:1660

911

わたつ海のかざしにさせる白妙の浪もてゆへるあはぢ島山

  • 定家八代抄・雑歌下:1661

912

わたの原よせくる浪のしば〳〵もみまくのほしき玉つ島かも

  • 定家八代抄・雑歌下:1662
  • 古今選・雑 ○

913

なにはがた塩みちくらしあま衣たみのゝ島にたづ鳴わたる

  • 定家八代抄・雑歌下:1663

914

つらゆきがいづみの国に侍ける時に、やまとよりこえまうできてよみてつかはしける

藤原たゞふさ

君をおもひおきつのはまに鳴たづの尋ねくればぞありとだにきく

915

返し

つらゆき

おきつ浪たかしの浜のはま松のなにこそ君をまち渡りつれ

  • 古今選・雑 ○

916

なにはにまかれりける時よめる

難波がたおふる玉もをかりそめのあまとぞ我は成ぬべら也

917

あひしれりける人の住吉にまうでけるによみてつかはしける

みぶのたゞみね

住吉とあまはつぐともながゐすな人忘草おふといふなり

918

なにはへまかりける時たみのゝしまにて、雨にあひてよめる

貫之

雨によりたみのゝしまをけふゆけばなにはかくれぬ物にぞ有ける

919

法皇にし川におはしましたりける日、つるすにたてりといふ事を題にてよませ給ひける

あしたづのたてる川辺を吹風によせて帰らぬ浪かとぞ見る

  • 古今選・雑

920

中務のみこの家の池に船をつくりておろしはじめてあそびける日、法皇御覧じにおはしましたりけり、ゆふさりつかたかへりおはしまさんとしけるおりによみてたてまつりける

伊勢

水のうへにうかべる船の君ならばこゝぞとまりといはまし物を

  • 古今選・雑 ○

921

からことゝいふ所にてよめる

真せい法し

都までひゞきかよへるからことは浪のをすげて風ぞひきける

922

布引のたきにてよめる

在原行平朝臣

こきちらす滝の白玉ひろひをきてよのうき時の涙にぞかる

  • 定家八代抄・雑歌下:1682

923

布引の滝のもとにて、人々あつまりて歌よみけるときによめる

なりひらの朝臣

ぬきみだる人こそあるらし白玉のまなくもちるか袖のせばきに

  • 定家八代抄・雑歌下:1683

924

よし野の滝を見てよめる

承均法師

たがためにひきてさらせる布なれや世をへてみれどとる人もなき

925

題しらず

神たい法し

きよたきの瀬々の白糸くりためて山わけ衣をりてきましを

  • 定家八代抄・雑歌下:1684

926

龍門にまうでゝたきのもとにてよめる

伊勢

たちぬはぬ衣きし人もなき物をなに山姫の布さらすらん

  • 定家八代抄・雑歌下:1685

927

朱雀院の御門ぬのびきの滝御覧ぜんとて、ふん月のなぬかの日おはしましてありける時に、さぶらふ人々にうたよませ給けるによめる

たちばなのながもり

ぬしなくてさらせる布を七夕にわが心とやけふはかさまし

928

ひえの山なるをとはのたきをみてよめる

たゞみね

おちたぎつ滝のみなかみ年つもり老にけらしなくろきすぢなし

929

おなじたきをよめる

みつね

風ふけど所もさらぬ白雲はよをへておつる水にぞ有ける

930

田むらの御時に女ばうのさぶらひにて御屏風のゑ御覧じけるに、たきおちたりける所おもしろし、これを題にて歌よめとさぶらふ人におほせられければよめる

三条の町

思ひせく心の中のたきなれやおつとはみれど音のきこえぬ

  • 定家八代抄・雑歌下:1687

931

屏風のゑなる花をよめる

つらゆき

咲初し時よりのちはうちはへて世は春なれや色のつねなる

  • 古今選・雑 ○

932

屏風のゑによみあはせてかきける

坂上これのり

かりてほす山田のいねのこきたれてなきこそわたれ秋のうければ