和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

古今和歌集巻第二十

大歌所御歌 五首

神あそびのうた 十三首

東歌 十四首

大歌所御歌

1069

おほなほびのうた

新しき年の始にかくしこそ千年をかねてたのしきをつめ

日本紀ニハつかへまつらめよろづ代までに

  • 定家八代抄・賀歌:582

1070

ふるきやまとまひのうた

しもといふかづらき山に降雪のまなく時なくおもほゆる哉

  • 定家八代抄・雑歌下:1721

1071

あふみぶり

あふみよりあさたちくればうねのゝにたづぞ鳴なる明ぬこのよは

  • 定家八代抄・雑歌下:1722
  • 古今選・旅 ○

1072

みづぐきぶり

水ぐきのをかのやかたにいもとあれとねてのあさけの雪のふりはも

  • 定家八代抄・雑歌下:1723
  • 古今選・雑 ○

1073

しはつ山ぶり

しはつ山打出てみればかさゆひの島こぎかくるたなゝし小舟

  • 定家八代抄・雑歌下:1724

神あそびのうた

1074

とりものゝうた

神がきのみむろの山のさかきばゝ神のみまへにしげりあひにけり

  • 定家八代抄・神祇歌:1754

1075

霜やたびをけどかれせぬさかきばのたちさかゆべき神のきねかも

  • 定家八代抄・神祇歌:1755

1076

まきもくのあなしの山のやま人とひともみるがに山かづらせよ

  • 定家八代抄・神祇歌:1756

1077

み山には霰ふるらしと山なるまさきのかづら色付きにけり

  • 定家八代抄・雑歌下:1725

1078

陸奥のあだちのまゆみわがひかば末さへよりこしのび〳〵に

  • 定家八代抄・雑歌下:1726

1079

わがゝどのいた井のしみづさとゝをみ人しくまねばみくさおひにけり

  • 定家八代抄・雑歌下:1727

1080

ひるめのうた

さゝのくまひのくま川に駒とめてしばし水かへかげをだにみん

  • 定家八代抄・雑歌下:1728
  • 古今選・雑 ○

1081

かへしものゝうた

あをやぎをかたいとによりて鶯のぬふてふかさは梅の花がさ

  • 定家八代抄・雑歌下:1729

1082

まがねふくきびの中山おびにせるほそ谷川の音のさやけさ

このうたは承和の御べのきびのくにのうた

  • 定家八代抄・雑歌下:1730

1083

美作やくめのさら山さら〳〵にわがなはたてじ万代までに

これは水のをの御べのみまさかのくにうた

  • 定家八代抄・雑歌下:1731

1084

みのゝ国せきの藤川たえずして君につかへん万代までに

これは元慶の御べのみのゝうた

  • 定家八代抄・雑歌下:1732

1085

君が世はかぎりもあらじながはまの真砂の数はよみつくすとも

これは仁和の御べのいせのくにのうた

  • 古今選・賀 ○

1086

大伴のくろぬし

あふみのや鏡の山をたてたればかねてぞみゆる君が千年は

これは今上の御べのあふみのうた

東歌

1087

みちのくうた

あぶくまにきりたちくもり明ぬとも君をばやらじまてばすべなし

  • 定家八代抄・雑歌下:1733

1088

みちのくはいづくはあれど塩がまの浦こぐ船のつなでかなしも

  • 定家八代抄・雑歌下:1734
  • 古今選・雑 ○

1089

わがせこを都にやりて塩がまの浦こぐ船のつなでかなしも

  • 定家八代抄・雑歌下:1735
  • 古今選・旅 ○

1090

おぐろさきみつのこじまの人ならば都のつとにいざといはましを

  • 定家八代抄・雑歌下:1736
  • 古今選・雑 ○

1091

みさぶらひみかさと申せ宮ぎのゝ木の下露は雨にまされり

  • 定家八代抄・雑歌下:1737
  • 古今選・雑 ○

1092

もがみ川のぼれば下るいな舟のいなにはあらずこの月ばかり

  • 定家八代抄・雑歌下:1738

1093

君をゝきてあだし心をわがもたば末の松山浪もこえなん

  • 定家八代抄・雑歌下:1739
  • 古今選・戀 ○

1094

さがみうた

こよろぎのいそたちならしいそなつむめざしぬらすなおきにをれ浪

  • 定家八代抄・雑歌下:1740

1095

ひたちうた

つくばねのこのもかのもにかげはあれど君がみかげにます影はなし

  • 定家八代抄・雑歌下:1741

1096

つくばねの峰の紅葉ば落つもりしるもしらぬもなべてかなしも

  • 定家八代抄・雑歌下:1742

1097

かひうた

かひがねをさやにも見しかけゝれなくよこほりふせるさやの中山

  • 定家八代抄・雑歌下:1743

1098

甲斐がねをねこし山こし吹風を人にもがもやことづてやらん

  • 定家八代抄・雑歌下:1744

1099

伊勢うた

おふの浦にかたえさしおほひなるなしのなりもならずもねてかたらはん

  • 定家八代抄・雑歌下:1745

1100

冬の賀茂のまつりのうた

藤原としゆきの朝臣

ちはや振かもの社のひめこ松よろづ世ふとも色はかはらじ

  • 定家八代抄・賀歌:598
  • 古今選・賀 ○