和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第三

春歌下 六十六首

81

贈太政大臣あひわかれて後、ある所にてそのこゑをきゝてつかはしける

藤原顕忠朝臣母

鶯のなきなるこゑはむかしにてわが身ひとつのあらずもあるかな

  • 定家八代抄・春歌上:36

82

さくらの花のかめにさせりけるがちりけるをみて、中務につかはしける

貫之

ひさしかれあだにちるなと桜花かめにさせれどうつろひにけり

83

返し

千代ふべきかめにさせれど桜花とまらむ事は常にやはあらぬ

84

だいしらず

よみ人しらず

散ぬべき花のかぎりはをしなべていづれともなくおしき春哉

85

朝光朝臣となりに侍りけるに、さくらのいたうちりければいひつかはしける

いせ

垣ごしに散くる花をみるよりはねごめに風の吹もこさなん

86

女につかはしける

よみ人しらず

春の日のながき思ひは忘れじを人のこゝろに秋や立らん

87

だいしらず

よそにても花みるごとに音をぞなく我身にうとき春のつらさに

88

つらゆき

風をだにまちてぞ花の散なまし心づからにうつろふがうさ

89

あれたるところにすみ侍ける女、つれ〴〵におもほえ侍ければ、庭にある菫の花をつみていひつかはしける

よみ人しらず

我やどにすみれの花のおほかればきやどる人やあると待かな

90

だいしらず

山たかみ霞を分てちる花を雪とやよその人はみるらむ

91

ふく風のさそふ物とはしりながらちりぬる花のいゐて恋しき

  • 九代抄・春:5

92

清原ふかやぶ

打はへて春はさばかり長閑きを花の心やなにいそぐらん

93

つねにせうそこつかはしける女ともだちのもとより、さくらの花のいとおもしろかりける枝をおりて、これそこの花に見くらべよとありければ

こわかぎみ

わがやどのなげきは春もしらなくに何にか花をくらべてもみん

ちゝのみこの心ざせるやうにもあらで、つねに物おもひける人にてなんありける

94

春のいけのほとりにて

よみ人しらず

はるの日のかげそふいけの鏡には柳のまゆぞまづはみえける

95

春の暮にかれこれはなおしみける所にて

かくながらちらでよをやはつくしてぬ花のときはもありとみるべく

96

延熹御殿上のをのこどものなかにめしあげられて、をの〳〵かざしさしける次に

凡河内躬恒

かざせども老もかくれぬこのはるぞ花のおもてはふせつべらなる

97

だいしらず

よみ人しらず

一とせにかさなる春のあらばこそふたゝび花をみんとたのまめ

98

花のもとにて、かれこれほどもなくちることなど申けるつゐでに

貫之

春くれば咲てふことをぬれぎぬにきするばかりの花にぞ有ける

99

春花見に出たりけるを見つけてふみをつかはしたりける、その返事もなかりければ、あくるあした昨日の返事とこひにまうできたりければ、いひつかはしたりける

よみ人しらず

春霞立ながら見し花ゆへにふみてめてけるあとのくやしさ

100

おとこのもとよりたのめをこせて侍りければ

春日さす藤のうらばのうらとけて君しおもはゞ我も頼まん

101

だいしらず

いせ

鶯に身をあひかへばちるまでもわがものにして花はみてまし

102

もとよしのみこ兼茂朝臣のむすめにすみ侍けるを、法皇のめしてかの院にさぶらひければ、えあふ事も侍らざりければ、あくるとしの春、さくらの枝にさしてかのざうしにさしをかせける

もとよしのみこ

花のいろは昔ながらに見し人の心のみこそうつろひにけれ

  • 定家八代抄・春歌下:166
  • 九代抄・春:6

103

月のおもしろかりける夜花をみて

源さねあきら

あたらよの月と花とをおなじくは心しれらん人にみせばや

  • 定家八代抄・春歌下:167

104

あがたのゐどゝいふ家より藤原治方につかはしける

橘公平女

宮こ人きてもおらなむ蛙なくあがたの井どの山ぶきの花

  • 古今選・春 ○

105

すけのぶが母身まかりてのちも、とき〴〵かの家に敦忠朝臣のまかりかよひけるに、さくらの花のちりけるおりにまかりて木のもとに侍ければ、家の人のいひいだしける

よみ人しらず

いまよりは風にまかせん桜花ちる木のもとに君とまりけり

106

返し

敦忠朝臣

風にしもなにかまかせむ桜花にほひあかぬにちるはうかりき

  • 定家八代抄・春歌下:165

107

桜川といふ所ありときゝて

貫之

つねよりも春べになればさくら川なみの花こそまなくよすらめ

108

前栽に山吹ある所にて

兼輔朝臣

わがきたるひとへ衣は山吹の八重のいろにもおとらざりけり

109

だいしらず

在原元方

一とせにふたゝびさかぬ花なればむべちることを人はいひけり

110

寛平御時さくらの花の宴ありけるに、雨のふり侍りければ

藤原敏行朝臣

春雨の花の枝よりながれこば猶こそぬれめかもやうつると

111

いづみのくにゝまかりけるにうみのつらにて

よみ人しらず

春ふかき色にもあるかな住のえのそこもみどりにみゆるはま松

112

女ども花みんとてのべにいでゝ

典侍よるかの朝臣

春くれば花みんと思ふ心こそ野べのかすみとゝもに立けれ

113

あひしれりける人の久しうとはざりければ、花盛につかはしける

よみ人しらず

我をこそとふにうからめ春霞花につけても立よらぬかな

114

返し

源清蔭朝臣

立よらぬ春の霞をたのまれよ花のあたりとみればなるらん

115

山桜を折て送り侍とて

いせ

君みよとたづねておれる山桜ふりにし色と思はざらなむ

116

みやづかへしける女のいそのかみといふところにすみて、京のともだちのもとにつかはしける

よみ人しらず

神さびてふりにし里にすむ人は都に匂ふ花をだにみず

117

法師にならんの心ありける人、やまとにまかりてほど久しく侍てのち、あひしりて侍ける人のもとより、月ごろはいかにぞ花はさきたりやといひて侍ければ

みよしのゝ吉野の山のさくら花しら雲とのみみえまがひつゝ

  • 古今選・春
  • 九代抄・春:7

118

亭子院歌合のうた

山ざくら咲ぬる時はつねよりも峰のしら雲立まさりけり

119

山桜をみて

貫之

白雲とみえつる物をさくら花けふはちるとや色ことになる

120

だいしらず

よみ人しらず

わがやどのかげともたのむ藤の花立よりくともなみにおらるな

121

花ざかりまだも過ぬに吉野川かげにうつろふきしの山吹

122

人のこゝろたのみがたくなりければ、山ぶきのちりさしたるを、これみよとてつかはしける

しのびかねなきて蛙のおしむをもしらずうつろふ山吹の花

123

弥生計の花のさかりにみちまかりけるに

僧正遍昭

おりつればたぶさにけがるたてながらみよの仏に花たてまつる

124

だいしらず

よみ人しらず

水そこの色さへふかき松がえに千年をかねてさける藤浪

125

やよひの下の十日ばかりに、三条右大臣兼輔朝臣の家にまかりわたりて侍けるに、藤のはなさけるやどり水のほとりにて、かれこれおほみきたうべけるつゐでに

三条右大臣

かぎりなき名におふ藤の花なればそこゐもしらぬ色のふかさか

126

兼輔朝臣

いろふかく匂ひし事は藤なみの立もかへらで君とまれとか

127

貫之

さほさせどふかさもしらぬ藤なれば色をも人もしらじとぞ思

128

ことふえなどしてあそび、ものがたりなどし侍けるほどに、夜ふけにければまかりとまりて又のあしたに

三条右大臣

きのふ見し花のかほとてけさみればねてこそ更に色まさりけれ

129

兼輔朝臣

一夜のみねてしかへらば藤の花心とけたる色みせんやは

130

貫之

あさぼらけした行水はあさけれどふかくぞ花の色はみえける

131

だいしらず

よみびとしらず

鶯のいとによるてふ玉柳ふきなみだりそ春の山かぜ

  • 古今選・春 ○
  • 九代抄・春:8

132

さくらの花のちるをみて

みつね

いつのまに散はてぬらん桜花おもかげにのみ色をみせつゝ

  • 九代抄・春:9

133

あつみのみこの花見侍けるところにて

源中宣朝臣

散事のうきも忘て哀てふことを桜にやどしつる哉

134

桜のちるをみて

よみ人しらず

さくらいろにきたる衣のふかければすぐる月日もおしけくもなし

135

弥生にうるふ月あるとし、つかさめしのころ申文にそへて左大臣家につかはしける

貫之

あまりさへありてゆくべき年だにも春にかならずあふよしもがな

136

返し

左大臣

つねよりものどけかるべき春なれば光に人のあはざらめやは

137

つねにまうできかよひけるところに、さはる事侍りてひさしくまできあはずしてとしかへりにけり、あくるはるやよひのつごもりにつかはしける

藤原雅正

君こずて年は暮にき立かへり春さへけふになりにけるかな

138

ともにこそ花をもみめとまつ人のこぬものゆへにおしき春かな

139

返し

貫之

君にだにとはれでふれば藤の花たそがれ時もしらずぞ有ける

140

八重むぐら心のうちにふかければ花みにゆかむ出立もせず

141

だいしらず

よみ人しらず

おしめども春のかぎりのけふの又夕暮にさへなりにけるかな

  • 定家八代抄・春歌下:194
  • 古今選・春 ○

142

みつね

ゆくさきをおしみし春のあすよりはきにし方にも成ぬべきかな

143

やよひのつごもり

貫之

ゆくさきになりもやするとたのみしを春のかぎりはけふにぞ有ける

144

よみ人しらず

花しあらば何かは春のおしからんくるともけふはなげかざらまし

145

みつね

暮て又あすとだになき春の日を花のかげにてけふはくらさん

146

三月のつごもりの日、ひさしうまうでこぬよしいひてはんべるふみのおくにかきつけ侍りける

つらゆき

又もこん時ぞとおもへどたのまれぬわが身にしあればおしき春哉

貫之かくておなじとしになん身まかりにける