和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第四

夏歌 七十首

夏歌

147

題不知

よみ人しらず

けふよりは夏の衣に成ぬれどきる人さへはかはらざりけり

148

卯花のさける垣ねの月きよみいねずきけとやなく時鳥

149

卯月ばかり友だちのすみ侍ける所近く侍て、かならずせうそこつかはしてんと侍りけるに、をとなくなり侍りければ

郭公きゐるかきねはちかながらまち遠にのみ声のきこえぬ

150

返し

時鳥声まつ程は遠からで忍びになくをきかぬなるらむ

151

ものいひかはし侍りける人のつれなく侍ければ、その家のかきねのうのはなをおりていひ入て侍ける

うらめしき君が垣ねの卯花はうしと見つゝも猶たのむ哉

152

返し

うき物と思ひしりなばうの花のさける垣ねもたづねざらまし

153

うのはなのかきねある家にて

時わかずふれる雪かとみるまでに垣ねもたはにさける卯花

  • 定家八代抄・夏歌:200

154

友だちのとぶらひまでこぬ事をうらみつかはすとて

白妙に匂ふ垣ねのうの花のうくもきてとふ人のなきかな

155

時わかず月か雪かとみるまでにかきねのまゝにさける卯花

156

なき侘ぬいづちかゆかむ郭公猶卯花のかげははなれじ

157

卯月ばかりの月おもしろかりける夜、人につかはしける

あひみしもまだみぬこひも時鳥月になくよぞよにゝざりける

158

女のもとにつかはしける

ありとのみ音羽の山の郭公きゝにきこえてあはずもあるかな

159

だいしらず

いせ

木がくれてさ月まつとも時鳥はねならはしに枝うつりせよ

160

藤原のかつみの命婦にすみ侍けるおとこ、人のてにうつり侍にける又のとし、かきつばたにつけてかつみにつかはしける

良峰義方朝臣

いひそめし昔の宿のかきつばたいろばかりこそかたみなりけれ

161

賀茂のまつりの物見侍ける女のくるまにいひ入て侍ける

よみ人しらず

行かへるやそうぢ人の玉かづらかけてぞたのむあふひてふなを

  • 定家八代抄・夏歌:204
  • 古今選・戀 ○

162

返し

ゆふだすきかけてもいふなあだ人のあふひてふなはみそぎにぞせし

163

だいしらず

このごろはさみだれ近み杜鵑思ひみだれてなかぬ日ぞなき

164

侍人は誰ならなくにほとゝぎす思ひの外になかばうからむ

165

匂ひつゝちりにし花ぞおもほゆる夏は緑のはのみしげれば

166

朱雀院の春宮におはしましける時、たちはきら五月ばかり御書所にまかりて、さけなどたうべてこれかれうたよみけるに

大春日師範

五月雨に春の宮人くる時はほとゝぎすをや鶯にせむ

167

夏夜ふかやぶがことひくをきゝて

藤原兼輔朝臣

みじか夜のふけゆくまゝに高砂の峰の松風ふくかとぞきく

  • 定家八代抄・夏歌:258
  • 古今選・夏 ○
  • 九代抄・夏:170

168

おなじこゝろを

貫之

足曳の山下水は行かよひことのねにさへながるべらなり

169

題しらず

藤原高経朝臣

夏の夜はあふなのみして敷妙のちりはらふまに明ぞしにける

170

みぶのたゞみね

ゆめよりもはかなき物は夏のよの暁がたの別なりけり

  • 九代抄・夏:171

171

あひしりて侍ける中の、かれもこれも心ざしはありながら、つゝむことありてえあはざりければ

よみ人しらず

よそながら思ひしよりも夏の夜のみはてぬ夢ぞはかなかりける

172

夏の夜しばし物がたりしてかへりにける人のもとに、又のあしたつかはしける

伊勢

ふた声ときくとはなしに郭公夜ぶかくめをもさましつる哉

173

人の許につかはしける

藤原安国

あふと見し夢にならひて夏の日の暮がたきをも嘆きつるかな

174

よみ人しらず

うとまるゝ心しなくは杜鵑あかぬ別にけさはなかまし

175

おもふ事侍けるころほとゝぎすをきゝて

おりはへて音をのみぞなく郭公しげきなげきの枝ごとにゐて

176

四五月ばかり遠き国へまかりくだらんとするころ、ほとゝぎすをきゝて

郭公きけばたびとや鳴わたる我は別のおしきみやこを

177

だいしらず

独ゐて物思ふ我をほとゝぎすこゝにしもなくこゝろあるらし

178

玉くしげあけつるほどの鵑たゞ二こゑもなきてこしかな

179

五月ばかりにものいふ女につかはしける

かずならぬ我み山べの時鳥木葉がくれの声はきこゆや

  • 古今選・戀 ○

180

だいしらず

とこ夏に鳴てもへなむ郭公しげきみ山になにかへるらん

181

ふすからにまづぞわびしき時鳥なきもはてぬに明る夜なれば

182

三条右大臣少将に侍りける時しのびにかよふ所侍りけるを、うへのをのこども五六人ばかり、五月のなが雨すこしやみて月おぼろなりけるに、さけたうべんとてをし入て侍けるを、少将はかれがたにて侍らざりければ、たちやすらひてあるじいだせなどたはぶれ侍りければ

あるじの女

五月雨にながめくらせる月なればさやかにみえず雲がくれつゝ

183

女ごもて侍ける人におもふ心侍てつかはしける

よみ人しらず

ふたばより我しめゆひし撫子の花のさかりを人におらすな

184

だいしらず

足引の山鵑打はへて誰かまさると音をのみぞなく

  • 定家八代抄・夏歌:221

185

五月なが雨のころ、ひさしくたえ侍にける女のもとにまかりたりければ

つれ〴〵とながむる空の郭公とふにつけてぞねはなかれける

186

だいしらず

色かへぬ花たちばなに杜鵑千世をならせるこゑきこゆなり

187

旅ねして妻こひすらし時鳥神なび山にさよ更てなく

  • 定家八代抄・夏歌:240
  • 九代抄・夏:172

188

夏の夜に恋しき人のかをとめばはな橘ぞしるべなりける

189

女の物見にまかりたりけるに、こと車かたはらにきたりけるに、ものなどいひかはしてのちにつかはしける

伊勢

郭公はつかなる音をきゝそめてあらぬもそれとおぼめかれつゝ

190

五月ふたつ侍けるにおもふ事侍て

よみ人しらず

さみだれのつゞける年のながめには物思ひあへる我ぞ侘しき

191

女にいとしのびて物いひてかへりて

杜鵑一こゑにあくる夏の夜の暁がたやあふごなるらむ

192

だいしらず

打はへて音をなきくらす空蟬のむなしき恋も我はするかな

  • 定家八代抄・恋歌二:997

193

つねもなき夏の草ばにをく露を命とたのむ蟬のはかなさ

194

八重葎しげきやどには夏虫の声より外にとふ人もなし

195

空蟬の声きくからに物ぞおもふ我もむなしきよにしすまへば

196

人のもとにつかはしける

藤原師尹朝臣

いかにせん小倉の山の時鳥おぼつかなしと音をのみぞなく

197

だいしらず

よみ人しらず

郭公あかつきがたの一こゑはうきよの中を過すなりけり

  • 九代抄・夏:173

198

人しれずわがしめしのゝなでしこは花咲ぬべき時ぞきにける

199

我やどの垣ねに植し撫子は花にさかなむよそへつゝみん

  • 定家八代抄・夏歌:247

200

とこ夏の花をだにみばことなしにすぐす月日もみじかかりなん

201

床夏に思ひそめては人しれぬ心のほどは色に見えなむ

202

返し

いろといへばこきもうすきもたのまれず山と撫子ちるよなしやは

203

師尹朝臣のまだわらはにて侍ける時、とこ夏の花をおりてもちて侍ければ、このはなにつけて内侍のかみのかたにをくり侍りける

太政大臣

撫子はいづれともなくにほへどもをくれてさくはあはれなりけり

204

だいしらず

よみ人しらず

なでしこの花ちり方に成にけりわがまつ秋ぞ近くなるらし

205

よひながらひるにもあらなむ夏なれば待くらすまの程なかるべく

206

夏の夜の月はほどなく明ぬれど朝のまをぞかこちよせつる

207

かさゝぎの峰とびこえて鳴ゆけば夏のよわたる月ぞかくるゝ

208

秋近み夏はてゆけば郭公鳴こゑかたき心ちこそすれ

209

かつらのみこのほたるをとらへてといひ侍りければ、わらはのかざみのそでにつゝみて

つゝめどもかくれぬものは夏虫の身よりあまれるおもひなりけり

  • 定家八代抄・恋歌二:994

210

だいしらず

天川水まさるらし夏の夜はながるゝ月のよどむまもなし

211

月ごろわづらふ事ありてまかりありきもせで、までこぬよしいひてふみのおくに

貫之

花もちり郭公さへいぬるまできみにもゆかずなりにけるかな

  • 九代抄・夏:174

212

返し

藤原雅正

花鳥の色をもねをもいたづらに物うかる身はすぐすのみなり

213

題しらず

よみ人しらず

夏むしの身をたきすてゝ玉しあらば我とまねばん人めもるみぞ

214

夏夜月おもしろく侍けるに

今夜かくながむる袖の露けきは月の霜をや秋とみつらん

215

みな月ばらへしにかはらにまかりいでゝ、月のあかきをみて

かも川の水底すみて照月を行てみむとや夏ばらへする

216

みな月ふたつありけるとし

七夕は天のかはらをなゝかへりのちのみそかをみそぎにはせよ