和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第五

秋歌上 五十四首

秋歌上

217

惟貞の御子の家の歌合に

よみ人しらず

俄にも風のすゞしく成ぬるか秋たつ日とはむべもいひけり

218

だいしらず

打つけに物ぞかなしき木葉ちる秋のはじめをけふぞと思へば

  • 定家八代抄・秋歌上:270

219

もの思ひけるころ、秋立日人につかはしける

たのめこし君はつれなし秋風はけふよりふきぬ我身かなしも

  • 九代抄・秋:266

220

おもふ事侍けるころ

いとゞしく物思ふ宿の荻のはに秋とつげつる風のわびしさ

221

題しらず

秋風の打吹そむる夕暮はそらにこゝろぞ侘しかりける

222

大江千里

露かけし袂ほすまもなき物をなど秋風のまだき吹らん

223

女のもとより文月ばかりにいひをこせて侍ける

よみ人しらず

秋萩をいろどる風の吹ぬれば人のこゝろもうたがはれけり

224

返し

在原業平朝臣

あき萩をいろどる風は吹ぬとも心はかれじ草ばならねば

225

源昇朝臣時々まかりかよひける時に、ふむ月の四五日計のなぬかの日のれうに、さうぞくてうじてといひつかはして侍ければ

閑院

あふことは七夕つめにひとしくてたちぬふわざはあへずぞ有ける

226

だいしらず

よみ人しらず

天川わたらん空もおもほえずたえぬ別とおもふものから

227

七月七日にゆふがたまでこんといひて侍けるに、雨ふり侍ければまでこで

源中正

雨ふりて水まさりけり天川こよひはよそにこひんとや見し

228

返し

よみ人しらず

水まさりあさきせしらず成ぬともあまのとわたる舟はなしやは

229

なぬかの日に女のもとにつかはしける

藤原兼三

たなばたもあふよありけり天河このわたりにはわたるせもなし

230

かれにける男の七日の夜まできたりければ、女のよみて侍りける

よみびとしらずー是ナカリシイカン

ひこぼしのまれにあふよのとこ夏は打はらへども露けかりけり

231

なぬか人のもとより返事に、こよひあはんといひをこせて侍りければ

こひ〳〵てあはんと思ふ夕暮はたなばたつめもかくやあるらし

232

返し

たぐひなき物とは我ぞ成ぬべき七夕つめは人めやはもる

233

題しらず

天川ながれて恋ばうくもぞあるあはれとおもふせにはやくみん

234

玉かづらたえぬ物からあら玉のとしのわたりはたゞ一夜のみ

235

秋の夜の心もしるくたなばたのあへる今夜は明ずもあらなん

236

契けん言のは今はかへしてんとしのわたりによりぬる物を

237

なぬかの日に越後蔵人につかはしける

藤原敦忠朝臣

あふことの今夜過なば七夕におとりやしなんこひはまさりて

238

七日の日

よみ人しらず

七夕の天の戸渡る今夜さへをちかた人のつれなかるらむ

  • 定家八代抄・秋歌上:296

239

七夕をよめる

天川とをきわたりはなけれども君がふなでは年にこそまて

240

銀河岩こすなみの立ゐつゝ秋の七日のけふをしぞまつ

241

きのとものり

けふよりや天のかはらはあせなゝんそこゐともなくたゞわたりなん

242

よみ人しらず

天河ながれてこふる七夕の涙なるらし秋のしら露

243

天河せゞの白浪たかけれどたゞわたりきぬまつにくるしみ

244

秋くれば川ぎりわたる天河かはかみみつゝこふる日のおほき

245

天河こひしきせにぞわたりぬる滝つなみだに袖はぬれつゝ

  • 古今選・秋

246

七夕の年とはいはじ天の川雲立わたりいざみだれなん

247

凡河内みつね

秋の夜のながき別を七夕はたてぬきにこそおもふべらなれ

248

七月八日のあしたに

兼輔朝臣

七夕のかへるあしたの天河舟もかよはぬなみもたゝなむ

249

おなじ心を

貫之

あさ戸明てながめやすらん七夕はあかぬ別の空をこひつゝ

  • 古今選・秋

250

おもふ事侍て

よみ人しらず

秋風のふけばさすがに侘しきはよのことはりと思ふ物から

251

だいしらず

まつむしの初こゑさそふ秋風は音羽山より吹そめにけり

252

業平朝臣

ゆくほたる雲のうへまでいぬべくは秋風吹とかりにつげこせ

  • 九代抄・秋:267

253

よみ人しらず

秋風に草葉そよぎて吹なへにほのかにしつるひぐらしのこゑ

  • 九代抄・秋:268

254

つらゆき

ひぐらしの声きく山の近けれやなきつるなへに入日さすらむ

255

よみ人しらず

日晩の声きくからに松虫のなにのみ人をおもふころかな

256

心ありて鳴もしつるかひぐらしのいづれも物のあきてうければ

257

秋風の吹くるよひはきり〴〵す草の根ごとにこゑみだれけり

258

我ごとくものやかなしききり〴〵す草のやどりに声たえずなく

259

こむといひしほどや過ぬる秋のゝに誰松虫の声のかなしき

260

秋の野にきやどる人もおもほえずたれを松むしこゝら鳴らん

261

秋風のやゝ吹しけば野をさむみ侘しき声に松虫ぞなく

262

藤原元善朝臣

秋くれば野もせに虫のをりみだる声のあやをば誰かきるらん

263

よみ人しらず

風さむみなく松虫の涙こそ草ば色どる露とをくらめ

264

秋風の吹しく松は山ながらなみ立かへるをとぞきこゆる

265

是貞のみこの家歌合に

壬生忠岑

松のねに風のしらべをまかせては立田姫こそ秋はひくらし

266

秋、大輔がうづまさのかたはらなる家に侍りけるに、おぎのはにふみをさしてつかはしける

左大臣

山ざとの物さびしきは荻のはのなびくごとにぞ思ひやらるゝ

  • 九代抄・秋:269

267

だいしらず

小野道風朝臣

ほには出ぬいかにかせまし花薄身を秋風に捨やはてゝん

268

ふたりのおとこにものいひける女の、ひとりにつきにければ、いまひとりがいひつかはしける

よみ人しらず

あけくらしまもるたのみをからせつゝたもとそほづの身とぞ成ぬる

269

返し

心もておふる山田のひつちほはきみまもらねどかる人もなし

270

だいしらず

藤原守文

草のいとにぬく白玉とみえつるは秋のむすべる露にぞ有ける