和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第六

秋歌中 八十首

秋歌中

271

延喜御時に秋歌めしありければたてまつりける

きのつらゆき

秋ぎりの立ぬる時はくらぶ山おぼつかなくぞみえわたりける

272

花見にと出にし物を秋のゝのきりにまよひてけふはくらしつ

273

寛平御時きさいのみやの歌合に

よみ人しらず

浦近く立秋ぎりのもしほやく煙とのみぞみえわたりける

274

おなじ御時の女郎花合に

藤原興風

おりからにわが名は立ぬをみなへしいざおなじくは花々にみん

275

よみ人しらず

秋の野の露にをかるゝ女郎花はらふ人なみぬれつゝやふる

276

女郎花はなの心のあだなれば秋にのみこそあひわたりけれ

277

はゝのぶくにてさとに侍けるに、せんていの御ふみ給へりける御返事に

近衛更衣

五月雨にぬれにし袖にいとゞしく露をきそふる秋のわびしさ

278

御返し

延熹御製

おほ方も秋は侘しき時なれど露けかるらん袖をしぞ思

279

亭子院の御前の花の、いとおもしろくあさ露のをけるを、めしてみせさせ給て

法皇御製

白露のかはるもなにかおしからんありての後もやゝうき物を

280

御返し

いせ

うへたてゝ君がしめゆふ花なれば玉とみえてや露もをくらん

281

大輔が後涼殿に侍けるに、藤つぼより女郎花をおりてつかはしける

右大臣

おりてみる袖さへぬるゝ女郎花なにおもふとかまだきぬるらん

282

返し

大輔

万よにかゝらん露を女郎花なにおもふとかまだきぬるらん

283

右大臣

をきあかす露のよな〳〵へにければまだきぬるとも思はざりけり

284

返し

大輔

今はゝや打とけぬべき白露の心をくまでよをやへにける

285

あひしりて侍ける女のあだなたちて侍ければ、久しくとぶらはざりけり、八月ばかりに女のもとより、などかいとつれなきといひをこせて侍りければ

よみ人しらず

白露のうへはつれなくおきゐつゝ萩の下ばの色をこそみれ

286

かへし

いせ

心なき身は草ばにもあらなくに秋くる風にうたがはるらん

287

おとこのもとにつかはしける

よみ人しらず

人はいさことぞともなきながめにぞ我は露けき秋もしらるゝ

288

人のもとにおばなのいとたかきをつかはしたりければ、返事にしのぶ草をくはへて

中官宣旨

花すゝきほに出ることもなきやどは昔忍ぶの草をこそみれ

289

返し

いせ

宿もせにうへなめつゝぞ我はみるまねくお花に人やとまると

290

だいしらず

よみ人しらず

秋のよをいたづらにのみおきあかす露は我身のうへにぞありける

291

おほかたにをく白露もいまよりは心してこそみるべかりけれ

292

右大臣

露ならぬ我身とおもへど秋の夜をかくこそあかせおきゐながらに

293

あきのころほひ、ある所に女どものあまたすのうちに侍けるに、おとこのうたのもとをいひ入て侍ければ、すゑはうちより

よみ人しらず

しら露のおくにあまたの声すれば花のいろ〳〵ありとしら南

294

八月なかの十日計に雨のそほ降ける日、をみなへしほりに藤原のもろたゞをのべにいだして、をそくかへりければつかはしける

左大臣

暮はてば月もまつべし女郎花あめやめてとはおもはざらなん

295

だいしらず

よみ人しらず

秋の田のかりほの庵の匂ふまでさける秋はぎみれどあかぬかも

  • 定家八代抄・秋歌上:331

296

あきのよをまどろまずのみ明す身は夢ぢとだにもたのまざりけり

297

はぎの花をおりて人につかはすとて

しぐれふり〳〵なば人にみせもあへずちりなばおしみおれる秋はぎ

298

あきのうたとて

つらゆき

ゆきかへりおりてかざゝむ朝な〳〵鹿立ならす野べの秋萩

299

宗于朝臣

わがやどの庭の秋萩ちりぬめりのちみん人やくやしと思はん

300

よみ人しらず

白露のをかまくおしき秋はぎを折てはさらに我やかざゝん

301

としのつもりにける事をかれこれ申つけるつゐでに

貫之

秋萩の色づく秋をいたづらにあまたかぞへて老ぞしにける

302

だいしらず

天智天皇御製

秋の田のかりほのいほのとまをあらみわが衣では露にぬれつゝ

  • 定家八代抄・秋歌上:332
  • 古今選・秋
  • 九代抄・秋:270

303

よみ人しらず

我袖に露ぞをくなる天河雲のしがらみなみやこすらん

304

秋萩の枝もとをゝになり行はしら露をもくをけば成けり

305

わがやどのお花がうへの白露をけたずて玉にぬく物にもが

306

延喜御時うためしければ

貫之

さを鹿の立ならすをのゝ秋萩にをける白露我もけぬべし

307

秋の野の草はいとゝもみえなくにをく白露を玉とぬくらん

308

文屋朝康

白露に風の吹しく秋の野はつらぬきとめぬ玉ぞちりける

  • 定家八代抄・秋歌上:360
  • 古今選・夏 ○
  • 九代抄・秋:271

309

たゞみね

秋のゝにをく白露をけさみれば玉やしけるとおどろかれつゝ

310

だいしらず

よみ人しらず

をくからに千草の色になる物をしら露とのみ人のいふらん

311

白玉の秋のこのはにやどれるとみゆるは露のはかるなりけり

312

秋の野にをく白露のきえざらば玉にぬきてもかけてみてまし

313

から衣そでくつるまでをく露はわが身を秋の野とや見るらん

314

大空にわが袖ひとつあらなくにかなしく露やわきてをくらん

315

朝ごとにをく露袖にうけためてよのうき時の涙にぞかる

316

あきの歌とてよめる

貫之

秋の野の草もわけぬをわが袖の物思ふなへに露けかるらん

317

ふかやぶ

いくよへて後か忘んちりぬべき野辺の秋はぎみがく月よを

318

よみ人しらず

秋の夜の月の影こそこのまより落ばころもと身にうつりけれ

319

袖にうつる月の光は秋ごとにこよひかはらぬかげとみえつゝ

320

秋の夜の月にかさなる雲晴て光さやかにみるよしもがな

321

小野美材

秋のいけの月のうへこぐ舟なればかつらの枝にさほやさはらん

322

ふかやぶ

秋のうみにうつれる月を立かへりなみはあらへど色もかはらず

323

惟貞の御子の家の歌合に

よみ人しらず

あきの夜の月の光は清けれど人の心のくまはてらさず

324

秋の月つねにかくてる物ならばやみにふる身はまじらざらまし

325

八月十五夜

藤原雅正

いつとても月みぬ秋はなき物をわきて今夜のめづらしき哉

326

よみ人しらず

月影はおなじ光の秋の夜をわきてみゆるは心なりけり

327

月をみて

紀淑望朝臣

空とをみ秋やよくらん久かたの月のかつらの色もかはらぬ

328

貫之

衣ではさむくもあらねど月影をたまらぬ秋の雪とこそみれ

329

よみ人しらず

天河しがらみかけてとゞめなむあかずながるゝ月やよどむと

330

秋風になみや立らん天河わたるせもなく月のながるゝ

331

秋くればおもふ心ぞみだれつゝまづもみぢばとちりまさりけり

332

ふかやぶ

消かへり物思ふ秋の衣こそ涙の川のもみぢなりけれ

333

よみ人しらず

吹風にふかきたのみのむなしくは秋の心をあさしとおもはん

334

これさだのみこの家の歌合のうた

秋の夜は人をしづめてつれ〴〵とかきなすことの音にぞなきぬる

  • 九代抄・秋:272

335

露をよめる

藤原清正

ぬきとむる秋しなければ白露の千種にをける玉もかひなし

336

八月十五夜

秋風にいとゞ更ゆく月影を立なかくしそあまの川霧

337

延喜御時秋歌めしありければ奉ける

貫之

女郎花にほへる秋のむさし野はつねよりも猶むつまじき哉

338

人につかはしける

兼覧王

秋霧のはるゝはうれし女郎花立よる人やあらんとおもへば

339

だいしらず

よみ人しらず

をみなへし草むらごとにむれたつは誰松虫の声に迷ぞ

340

女郎花ひるみてましを秋のよの月の光は雲がくれつゝ

341

をみなへし花のさかりに秋風のふく夕ぐれをたれにかたらん

342

貫之

白妙の衣かたしき女郎花さける野べにぞこよひねにける

343

なにしおへばしゐてたのまむをみなへし花の心の秋はうくとも

344

みつね

七夕にゝたるものかな女郎花あきより外にあふときもなし

345

よみ人しらず

秋の野によるもやねなんをみなへし花のなをのみ思ひかけつゝ

346

をみなへし色にもあるかな松虫をともにやどして誰をまつらん

347

前栽にをみなへし侍ける所にて

女郎花匂ふさかりをみる時ぞわがおひらくはくやしかりける

348

すまひのかへりあるじのくれつかた、をみなへしをおりてあつよしのみこのかざしにさすとて

三条右大臣

女郎花はなのなゝらぬ物ならばなにかは君がかざしにもせん

としごろ家のむすめにせうそこかよはし侍けるを、女のためにかる〴〵しなどいひてゆるさぬあひだになん侍ける

349

法皇伊勢が家のをみなへしをめしければ、奉るをきゝて

琵琶左大臣

女郎花おりけむ枝のふしごとに過にし君を思ひ出やせし

350

返し

いせ

をみなへしおりもおらずもいにしへをさらにかくべき物ならなくに