和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第七

秋歌下 九十二首

秋歌下

351

題不知

よみ人しらず

藤ばかまきる人なみや立ながらしぐれの雨にぬらしそめつる

352

秋風にあひとしあへば花薄いづれともなくほにぞ出ける

353

寛平御時きさいの宮の歌合に

在原棟梁

花薄そよともすれば秋風のふくかとぞきくひとりぬるよは

  • 九代抄・秋:273

354

だいしらず

よみ人しらず

花すゝきほに出やすき草なれば身にならむとは頼れなくに

355

秋風にさそはれわたるかりがねは雲ゐはるかにけふぞきこゆる

356

こしのかたにおもふ人侍けるときに

秋の夜にかりかもなきてわたる也我おもふ人のことづてやせし

  • 九代抄・秋:274

357

だいしらず

秋風にきりとび分てくるかりの千世にかはらぬ声きこゆなり

358

よみ人しらず

物おもふと月日のゆくもしらざりつ鴈こそなきて秋をつげつれ

359

やまとにまかりけるついでに

かりがねの鳴つるなへにから衣立田の山はもみぢしにけり

360

題しらず

秋風にさそはれわたるかり金は物思ふ人のやどをよかなん

  • 定家八代抄・秋歌下:378

361

たれきけとなくかりがねぞ我やどのお花が末を過がてにして

  • 九代抄・秋:275

362

行かへりこゝもかしこも旅なれやくる秋ごとにかり〳〵となく

363

秋ごとにくれどかへればたのまぬを声にたてつゝかりとのみなく

364

ひたすらにわがおもはなくにをのれさへかり〳〵とのみ鳴わたるらん

365

人のかりはきにけると申をきゝて

みつね

年ごとに雲路まどはぬかり金は心づからや秋をしるらん

366

やまとにまかりける時これかれともにて

よみ人しらず

天河かりぞとわたるさほ山のこずゑはむべも色づきにけり

367

兼輔朝臣左近少将に侍ける時、むさしの御馬むかへにまかり立日、にはかにさはる事ありて、かはりにおなじつかさの少将にてむかへにまかりて、あふさかより随身を返していひ送侍ける

藤原忠房朝臣

秋霧の立野々こまを引時は心にのりて君ぞこひしき

368

だいしらず

在原元方

いその神ふるのゝ草も秋はなを色ごとにこそあらたまりけれ

369

よみ人しらず

秋の野のにしきのごともみゆる哉色なき露はそめじと思ふに

370

あきのゝにいかなる露のをきつめばちゞの草ばの色かはるらん

371

いづれをかわきてしのばん秋の野にうつろはんとて色かはる草

372

きのとものり

こゑたてゝなきぞしぬべき秋ぎりに友まどはせる鹿にはあらねど

373

よみ人しらず

たれきけと声高砂にさをしかのなが〳〵しよを独なくらん

374

打はへてかげとぞたのむ峰の松色どる秋の風にうつるな

375

初しぐれふれば山べぞおもほゆるいづれのかたかまづもみづらん

376

いもがひもとくとむすぶと立田山いまぞもみぢの錦をりける

377

かり鳴てさむきあしたの露ならし立田の山をもみだすものは

378

みるごとに秋にもなるかな立田ひめもみぢそむとや山もきるらん

379

源宗于朝臣

梓弓入さの山は秋ぎりのあたるごとにや色まさるらむ

380

はらからどちいかなる事か侍けん

よみ人しらず

君とわれいもせの山も秋くればいろかはりぬる物にぞ有ける

381

だいしらず

元方

をそくとくいろづく山のもみぢばゝをくれさきだつ露や置らん

382

立田山をこゆとて

**かくばかりもみづるいろのこければやにしき立田の山といふらん 友則

383

題しらず

よみ人しらず

から衣たつたの山のもみぢばは物思ふ人のたもとなりけり

384

もる山をこゆとて

貫之

足曳の山のやまもりもる山ももみぢせさする秋はきにけり

385

だいしらず

から錦立田の山も今よりはもみぢながらにときはならなむ

386

から衣立田の山のもみぢ葉ははた物もなき錦なりけり

387

人々もろともにはまづらをまかる道に、山のもみぢをこれかれよみ侍りけるに

忠岑

いく木ともえこそみわかね秋山のもみぢの錦よそにたてれば

388

だいしらず

よみ人しらず

秋風の打吹からに山も野もなべてにしきにをりかへすかな

389

などさらに秋かととはんから錦立田の山のもみぢするよを

390

あだなりと我は見なくに紅葉ばを色のかはれる秋しなければ

391

貫之

玉かづらかづらき山のもみぢばゝおもかげにのみみえわたる哉

392

秋ぎりの立しかくせばもみぢばゝおぼつかなくてちりぬべらなり

393

かゞみ山をこゆとて

そせい法し

かゞみ山やまかきくもりしぐるれどもみぢあかくぞ秋はみえける

394

となりにすみ侍ける時、九月八日いせが家の菊にわたをきせにつかはしたりければ、又のあしたおりてかへすとて

いせ

かずしらず君がよはひをのばへつゝなだゝるやどの露とならなん

395

返し

藤原雅正

露だにもなだゝる宿のきくならば花のあるじやいくよなるらん

396

なが月のこゝぬか鶴のなくなりにければ

いせ

菊のうへにをきゐるべくはあらなくに千とせの身をも露になす哉

397

だいしらず

よみ人しらず

きくの花なが月ごとに咲くれば久しき心あきやしるらん

398

なにしおへば長月ごとに君がためかきねの菊は匂へとぞ思

399

ほかのきくをうつしうへて

ふる里をわかれてさける菊のはなたびながらこそ匂ふべらなれ

400

おとこの久しうまでこざりければ

なにゝきくいろそめかへし匂ふらん花もてはやす君もこなくに

401

月夜にもみぢのちるをみて

紅葉ばのちりくるみればなが月の有明の月のかつらなるらし

402

だいしらず

いくちはたをればか秋の山ごとに風にみだるゝ錦なるらん

403

なをざりに秋の山べをこえくればをらぬ錦をきぬ人ぞなき

404

紅葉ばを分つゝゆけばにしきゝて家にかへると人やみるらん

405

貫之

打むれていざわぎもこがかゞみ山こえてもみぢのちらん陰みん

406

よみ人しらず

山風のふきのまに〳〵もみぢばはこのもかのもにちりぬべらなり

407

秋の夜に雨ときこえてふりつるは風にみだるゝもみぢ成けり

408

立よりてみるべき人のあればこそ秋の林ににしきしくらめ

409

木のもとにをらぬ錦のつもれるは雲の林のもみぢなりけり

410

秋風にちるもみぢばゝ女郎花宿にをりしく錦成けり

411

芦曳の山のもみぢばちりにけり嵐のさきにみてまし物を

412

もみぢばのふりしく秋の山べこそ立てくやしき錦なりけれ

413

立田川色くれなゐになりにけり山のもみぢぞいまはちるらし

414

貫之

龍田川秋にしなれば山ちかみながるゝ水ももみぢしにけり

415

よみ人しらず

もみぢばのながるゝ秋は河ごとに錦あらふと人やみるらん

416

立田川秋は水なくあせなゝんあかぬもみぢのながるればおし

417

文屋朝康

なみ分てみるよしもがなわたつみのそこのみるめももみぢちるやと

418

藤原おきかぜ

木のはちるうらになみたつ秋なればもみぢに花も咲まがひけり

419

よみ人しらず

わたつみの神にたむくる山姫のぬさをぞ人はもみぢといひける

420

貫之

日ぐらしの声もいとなくきこゆるは秋ゆふぐれになればなりけり

421

よみびとしらず

風のをとの限と秋やせめつらん吹くるごとに声のわびしき

422

もみぢばにたまれるかりの涙には月の影こそうつるべらなれ

423

あひしりて侍りけるおとこの久しうとはず侍りければ、なが月ばかりにつかはしける

右近

大かたの秋の空だに侘しきに物思ひそふる君にもあるかな

  • 九代抄・秋:276

424

だいしらず

よみびとしらず

我ごとく物思ひけらし白露のよをいたづらにおきあかしつゝ

425

あひしりて侍りける人のち〳〵までこず成にければ、おとこのおやきゝてなをまかりとへと申をしふときゝてのちに、まできたりければ

平伊望朝臣女

秋ふかみよそにのみきく白露のたがことのはにかゝるなるらん

426

かれにけるおとこのあきとへりけるに

むかしの承香殿のあこぎ

とふことの秋しもまれにきこゆるはかりにや我を人のたのめし

427

もみぢといろこきさいでとを女のもとにつかはして

源とゝのふ

君こふる涙にぬるゝ我袖とあきのもみぢといづれまされり

428

だいしらず

よみ人しらず

てる月の秋しもことにさやけきはちるもみぢばをよるもみよとか

429

故宮の内侍に兼輔朝臣しのびてかよはし侍りけるふみをとりて、かきつけて内侍につかはしける

などわが身下はもみぢとなりにけんおなじ歎の枝にこそあれ

430

秋やみなる夜かれこれ物がたりし侍あひだ、かりのなきわたり侍ければ

源わたす

あかゝらばみるべき物をかりがねのいづこばかりに鳴てゆくらん

431

菊の花おれるとて人のいひ侍りければ

よみ人しらず

いたづらに露にをかるゝ花かとて心としらぬ人やおりけん

432

身のなりいでぬ事などなげき侍けるころ、紀友則がもとよりいかにぞととひをこせて侍ければ、返事にきくの花をおりてつかはしける

藤原忠行

枝もはもうつろふ秋の花みればはてはかげなくなりぬべらなり

433

返し

とものり

しづくもてよはひのぶてふ花なれば千代の秋にぞかげはしげらん

434

延喜御時秋歌めしありければ奉ける

貫之

秋の月光さけやみもみぢばのおつるかげさへみえわたるかな

435

だいしらず

よみ人しらず

あき毎につらをはなれぬかり金は春かへるともかはらざらなん

436

おとこの花かづらゆはんとて、菊のありときく所にこひにつかはしたりければ、花にくはへてつかはしける

みな人におられにけりと菊の花君がためにぞ露はをきける

437

だいしらず

ふく風にまかする舟や秋のよの月のうへよりけふはこぐらむ

438

もみぢのちりつもれる木のもとにて

紅葉々はちる木のもとにとまりけりすぎ行秋やいづちなるらん

439

わすれにけるおとこのもみぢをおりて、をくりて侍ければ

思ひ出てとふにはあらじ秋はつる色のかぎりをみするなるらん

440

なが月のつごもりの日、もみぢにひおをつけてをこせて侍ければ

ちかぬがむすめ

宇治山のもみぢをみずは長月の過行日をもしらずぞあらまし

441

九月つごもりに

つらゆき

なが月の有明の月はありながらはかなく秋は過ぬべらなり

442

おなじつごもりに

みつね

いづかたに夜はなりぬらんおぼつかなあけぬかぎりは秋ぞと思はん