和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第八

冬歌 六十五首

443

題不知

よみ人しらず

初しぐれふれば山べぞおもほゆるいづれのかたかまづもみづらん

444

はつしぐれふるほどもなくさほ山のこずゑあまねくうつろひにけり

445

神無月ふりみふらずみさだめなき時雨ぞ冬の初なりける

  • 定家八代抄・冬歌:476
  • 古今選・冬 ○

446

冬くればさほの河せにゐるたづも独ねがたき音をぞなくなる

447

ひとりぬる人のきかくに神な月にはかにもふる初しぐれかな

  • 九代抄・冬:560

448

秋はてゝ時雨ふりぬる我なればちることのはをなにかうらみん

449

ふく風はいろもみえねど冬くればひとりぬるよの身にぞしみける

450

秋はてゝ我身時雨にふりぬればことのはさへにうつろひにけり

  • 定家八代抄・恋歌四:1294

451a

神無月時雨ばかりはふらずしてゆきがてにさへなどか成らん

451b

神無月時雨とゝもに神なびの杜の木のははふりにこそふれ

  • 定家八代抄・冬歌:479

452

女につかはしける

たのむ木もかれはてぬれば神無月しぐれにのみもぬるゝころ哉

453

山へいるとて

増基法師

神な月時雨ばかりを身にそへてしらぬ山ぢに入ぞかなしき

  • 九代抄・冬:561

454

十月計に、大江千古がもとにあはんとてまかりたりけれども、侍らぬ程なれば帰りまできてたづねてつかはしける

藤原忠房朝臣

もみぢばゝおしき錦とみしかども時雨とゝもにふりてこそこし

455

返し

大江千古

もみぢばも時雨もつらしまれにきてかへらん人をふりやとゞめぬ

456

だいしらず

よみ人しらず

神無月限とや思ふもみぢばのやむ時もなくよるさへにふる

457

ちはやぶる神垣山の榊ばはしぐれにいろもかはらざりけり

  • 定家八代抄・冬歌:493

458

すまぬ家にまできて、紅葉にかきていひつかはしける

批杷左大臣

人すまずあれたる宿をきてみればいまぞ木葉は錦をりける

459

返し

いせ

涙さへしぐれにそひてふる里はもみぢの色もこさまさりけり

460

だいしらず

よみ人しらず

冬のいけのかものうはげにをく霜の消て物思ふころにもある哉

461

おやのほかにまかりてをそくかへりければつかはしける

人のむすめのやつなりける

神無月しぐれふるにもくるゝ日を君まつほどはながしとぞ思

462

だいしらず

身を分て霜やをくらんあだ人の言のはさへにかれもゆくかな

463

冬のひむさしにつかはしける

人しれず君につけてしわが袖のけさしもとけず氷るなるべし

464

だいしらず

かきくらしあられふりしけ白玉をしける庭とも人のみるべく

465

神な月しぐるゝ時ぞみよしのゝ山のみゆきもふりはじめける

466

けさの嵐さむくもあるかな足引の山かきくもり雪ぞふるらし

467

黒髪のしろく成行身にしあればまづはつゆきを哀とぞみる

  • 九代抄・冬:562

468

あられふるみ山のさとのわびしきはきてたはやすくとふ人ぞなき

  • 古今選・冬

469

ちはやぶる神な月こそかなしけれ我身時雨にふりぬとおもへば

470

式部卿敦実のみこ忍びてかよふ所侍りけるを、のち〳〵たえ〴〵になり侍ければ、いもうとの前斎宮のみこのもとより、このごろはいかにぞとありければ、その返事に、女

しら山に雪ふりぬればあとたえて今はこしぢに人もかよはず

471

雪の朝老をなげきて

貫之

ふりそめて友まつ雪はむば玉のわが黒髪のかはる成けり

472

返し

兼輔朝臣

黒髪の色ふりかふる白雪のまち出る友はうとくぞ有ける

473

つらゆき

くろかみと雪との中のうきみればともかゞみをもつらしとぞ思

474

返し

兼輔朝臣

年ごとにしらがの数をます鏡みるにぞ雪の友はしりける

475

だいしらず

よみ人しらず

としふれど色もかはらぬ松がえにかゝれる雪を花とこそみれ

476

霜がれの枝となわびそ白雪のきえぬかぎりは花とこそみれ

477

氷こそいまはすらしもみよしのゝ山のたきつせ声も聞えず

478

よを寒みねざめてきけばをしぞ鳴はらひもあへず霜や置らん

  • 九代抄・冬:563

479

ゆきのすこしふる日女につかはしける

藤原かげもと

かつきえて空もみだるゝあは雪は物思ふ人のこゝろなりけり

480

師氏朝臣のかりして家のまへよりまかりけるをきゝて

よみ人しらず

白雪のふりはへてこそとはざらめとくるたよりをすぐさざらなん

481

だいしらず

思ひつゝねなくに明る冬の夜の袖のこほりはとけずもあるかな

  • 定家八代抄・冬歌:543

482

あら玉の年をわたりてあるが上にふりつむ雪のたえぬしら山

483

まこもかる堀江にうきてぬる鴨の今夜の霜にいかにわぶらん

484

白雲のおりゐる山とみえつるはふりつむ雪のきえぬなりけり

485

ふる里の雪は花とぞふりつもるながむる我もおもひきえつゝ

486

ながれ行水こほりぬる冬さへや猶うき草のあとはとゞめぬ

487

心あてばみばこそわかめ白雪のいづれか花のちるにたがへる

488

天河冬は氷にとぢたれや石まにたぎつをとだにもせぬ

489

をしなべて雪のふれゝば我宿の松をたづねてとふ人もなし

490

冬のいけの水にながるゝあしがものうきねながらにいくよへぬらん

491

山近みめづらしげなくふる雪の白くやならんとしつもりなば

492

松のはにかゝれる雪のうれをこそ冬の花とはいふべかりけれ

493

ふる雪はきえでもしばしとまらなむ花ももみぢも枝になき比

494

涙川身なぐばかりのふちはあれど氷とけねばゆくかたもなし

495

ふる雪に物おもふ我身おとらめやつもり〳〵てきえぬばかりぞ

496

よるならば月とぞみまし我宿の庭しろたへにふりつもる雪

497

梅がえにふりをける雪を春近みめのうちつけに花かとぞみる

498

いつしかと山のさくらもわがごとくとしのこなたに春をまつらん

499

としふかくふりつむ雪をみる時ぞこしの白根にすむ心ちする

500

年くれて春あけがたに成ぬれば花のためしにまがふ白雪

501

春近くふる白雪は小倉山みねにぞはなのさかりなりける

502

冬のいけにすむにほどりのつれもなく下にかよはん人にしらすな

503

むば玉のよるのみふれる白雪はてる月影のつもるなりけり

504

この月のとしのあまりにたらざらば鶯はゝや鳴ぞしなまし

505

関こゆる道とはなしにちかながらとしにさはりて春をまつ哉

506

みくしげどのゝ別当にとしをへていひわたり侍けるを、えあはずしてそのとしのしはすのつごもりの日つかはしける

藤原敦忠朝臣

もの思ふと過る月日もしらぬまにことしはけふにはてぬとかきく

  • 古今選・戀