和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第九

恋歌一 九十四首

恋歌一

507

からうじてあひしりて侍ける人に、つゝむことありて又あひがたく侍ければ

源宗于朝臣

東ぢのさやの中山なか〳〵にあひみてのちぞ侘しかりける

508

忍びたりける人に物がたりし侍けるを、人のさはがしく侍ければまかりかへりてつかはしける

貫之

暁となにかいひけむわかるればよひもいとこそわびしかりけれ

509

源おほきがかよひ侍りけるを、後々はまからずなり侍にければ、となりのかべのあなよりおほきをはつかにみてつかはしける

するが

まどろまぬかべにも人をみつるかなまさしからなん春の夜の夢

510

あひしりて侍ける人のもとに返事みんとてつかはしける

元良のみこ

くや〳〵とまつ夕暮といまはとてかへるあしたといづれまされる

511

返し

藤原かつみ

夕暮は松にもかゝるしら露のをくるあしたやきえははつらん

512

やまとにあひしりて侍ける人の許につかはしける

よみ人しらず

打かへし君ぞ恋しき山となるふるの早田の思ひいでつゝ

513

かへし

秋の田のいねてふことをかけしかば思ひ出るがうれしげもなし

514

女につかはしける

人こふる心ばかりはそれながら我はわれにもあらぬなりけり

515

まかるところしらせず侍けるころ、又あひしりて侍けるおとこのもとより、日ごろたづねわびてうせにたるとなん思ひつるといへりければ

いせ

思ひ川たえずながるゝ水のあはのうたかた人にあはできえめや

  • 定家八代抄・恋歌二:934
  • 古今選・戀 ○
  • 九代抄・恋:697

516

題しらず

三統公忠

思ひやる心はつねにかよへどもあふ坂の関こえずもあるかな

517

女につかはしける

よみ人しらず

きえはてゝやみぬばかりかとしをへて君を思ひのしるしなければ

518

返し

思ひだにしるしなしてふわが身にぞあはぬなげきの数はもえける

519

題しらず

ほしがてにぬれぬべきかなから衣かはくたもとのよゝになければ

520

よとゝもにあぶくま川の遠ければそこなるかげをみぬぞわびしき

521

わがごとくあひおもふ人のなき時はふかき心もかひなかりけり

522

いつしかとわが松山に今はとてこゆなるなみにぬるゝ袖かな

523

女のもとにつかはしける

人ごとはまことなりけり下ひものとけぬにしるき心とおもへば

524

むすび置し我したひもの今までにとけぬは人のこひぬなりけり

525

女の人のもとにつかはしける

ほかのせはふかくなるらしあすか川きのふのふちぞ我身なりける

526

返し

ふちせともいさや白なみ立さはぐわが身ひとつはよるかたもなし

527

だいしらず

光まつ露に心をゝける身は消かへりつゝよをぞうらむる

528

ある所にあふみといひける人のもとにつかはしける

貫之

しほみたぬうみときけばやよとゝもにみるめなくして年のへぬらん

529

あつよしのみこまうできたりけれど、あはずしてかへして、又のあしたつかはしける

桂のみこ

から衣きてかへりにしさよすがら哀とおもふをうらむらんはた

530

あひまちける人の、ひさしうせうそこなかりければつかはしける

きのめのと

影だにもみえずなり行山の井はあさきより又水やたえにし

531

返し

平定文

あさしてふ事をゆゝしみ山井はほりしにごりに影はみえぬぞ

532

だいしらず

よみ人しらず

いくたびかいく田のうらに立かへる浪に我身を打ぬらすらん

533

返し

立かへりぬれてはひぬるしほなればいく田のうらのさがとこそみれ

534

女のもとに

あふ事はいとゞ雲ゐの大空に立名のみしてやみぬばかりか

535

返し

よそながらやまむともせずあふ事はいまこそ雲のたえまなるらめ

536

又おとこ

いまのみとたのむなれども白雲のたえまはいつかあらんとすらん

537

返し

をやみせず雨さへふれば沢水のまさるらんともおもほゆる哉

538

だいしらず

夢にだにみる事ぞなきとしをへて心のどかにぬるよなければ

539

みそめずてあらまし物をから衣たつなのみしてきるよなき哉

540

女のもとにつかはしける

かれはつる花の心はつらからで時すぎにける身をぞうらむる

541

返し

あだにこそちるとみるらめ君にみなうつろひにたる花の心を

542

そのほどにかへりこんとてものにまかりける人の、ほどをすぐしてこざりければつかはしける

こんといひし月日を過すをばすての山のはつらき物にぞ有ける

543

返し

月日をもかぞへけるかな君こふる数をもしらぬ我身なりけり

544

女にとしをへてこゝろざしあるよしをのたまひわたりける、女なをことしをだにまちくらせとたのめけるを、そのとしもくれてあくるはるまでいとつれなく侍りければ

このめはる春の山田を打かへし思ひやみにし人ぞ恋しき

545

こゝろざしありながらえあはず侍りける女のもとにつかはしける

贈太政大臣

ころをへてあひみぬ時は白玉のなみだも春はいろまさりけり

546

返し

いせ

人こふる涙は春ぞぬるみけるたえぬ思ひのわかすなるべし

547

おとこのこゝかしこにかよひすむところおほくて、つねにしもとはざりければ、女も又いろごのみなる名立けるを、うらみ侍ける返事に

源たのむがむすめ

つらしともいかゞうらみん鵑わがやどちかくなくこゑはせで

548

かへし

あつよしのみこ

里ごとになきこそわたれ郭公すみかさだめぬ君たづぬとて

549

えがたかるべき女を思ひかけてつかはしける

春道のつらき

かずならぬみ山がくれの時鳥人しれぬねをなきつゝぞふる

550

いと忍びたる女にあひかたらひてのち、人めにつゝみて又あひがたく侍ければ

これたゞのみこ

あふ事のかたいとぞとは知ながら玉のをばかりなにゝよりけん

  • 定家八代抄・恋歌三:1115

551

女のもとより、わすれ草にふみをつけてをこせて侍りければ

よみ人しらず

おもふとはいふ物からにともすれば忘るゝ草の花にやはあらぬ

552

かへし

たいふのごといふ人

うへてみる我は忘であだ人にまづ忘らるゝ花にぞありける

553

平定文が許より、なにはのかたへなんまかるといひをくりて侍りければ

土さ

浦わかずみるめかるてふあまの身はなにか難波のかたへしもゆく

554

返し

定文

君をおもふふかさくらべに津のくにのほりえみに行我にやはあらぬ

555

つらくなりにける人につかはしける

伊勢

いかでかく心ひとつをふたしへにうくもつらくもなしてみすらん

556

だいしらず

よみ人しらず

ともすれば玉にくらべします鏡人のたからとみるぞかなしき

557

しのびたる人につかはしける

いはせ山谷のした水打忍び人のみぬまはながれてぞふる

558

人をあひしりて後、ひさしうせうそこもつかはさゞりければ

うれしげに君がたのめし言のはゝかたみにくめる水にぞありける

559

題しらず

行やらぬ夢ぢにまどふたもとには天つ空なき露ぞをきける

560

身はゝやくならの都と成にしを恋しきことのまたもふりぬる

561

住吉のきしの白浪よる〳〵はあまのよそめにみるぞかなしき

562

君こふとぬれにし袖のかはかぬは思ひの外にあればなりけり

563

あはざりし時いかなりし物とてかたゞいまのまもみねば恋しき

564

世中にしのぶるこひのわびしきはあひての後のあはぬなりけり

565

恋をのみつねにするがの山なればふじのねにのみなかぬ日はなし

566

君によりわが身ぞつらき玉だれのみずは恋しと思はましやは

  • 古今選・戀

567

おとこのはじめて女のもとにまかりて、あしたに雨のふるにかへりてつかはしける

いまぞしるあかぬ別の暁はきみをこひぢにぬるゝ物とは

568

返し

よそにふる雨とこそきけおぼつかな何をか人の恋ぢといふらん

569

つらかりけるおとこに

たえはつる物とは見つゝさゝがにのいとをたのめる心ぼそさよ

570

返し

打わたしながき心はやつはしのくもでにおもふ事はたえせじ

  • 古今選・戀 ○

571

おもふ人侍ける女に物のたうびけれど、つれなかりければつかはしける

おもふ人思はぬ人のおもふ人おもはざらなんおもひしるべく

572

返し

こがらしのもりの下草風はやみ人のなげきはおひそひにけり

573

おとこのこと女むかふるをみて、おやの家にまかりかへるとて

別をばかなしき物ときゝしかどうしろやすくもおもほゆるかな

574

だいしらず

なきたむるたもとこほれるけさみれば心とけても君を思はず

575

身をわけてあらまほしくぞおもほゆる人はくるしといひける物を

576

雲ゐにて人を恋しとおもふかな我はあしべのたづならなくに

577

人につかはしける

源ひとしの朝臣

あさぢふのをのゝしのはら忍ぶれどあまりてなどか人の恋しき

  • 定家八代抄・恋歌一:868
  • 古今選・戀 ○
  • 九代抄・恋:698

578

兼盛

雨やまぬ軒の玉水かずしらず恋しき事のまさるころ哉

579

こゝろみじかきやうにきこゆる人なりといひければ

よみ人しらず

いせの海にはへてもあまるたくなわのながき心は我ぞまされる

580

人につかはしける

いろに出てこひすてふなぞ立ぬべき涙にそむる袖のこければ

581

かくこふる物としりせばよるはをきて明れば消る露ならましを

582

あひもみず歎もそめずありし時おもふ事こそ身になかりしか

583

恋のごとわりなき物はなかりけりかつむつれつゝかつぞ恋しき

584

女のもとにつかはしける

わたつうみに深き心のなかりせば何かは君をうらみしもせん

585

水上にいのるかひなく涙川うきても人をよそにみるかな

586

返し

いのりけるみな神さへぞうらめしきけふより外にかげのみえねば

587

大輔につかはしける

右大臣

色ふかくそめしたもとのいとゞしく涙にさへもこさまさるかな

588

だいしらず

よみ人しらず

見る時はことぞともなくみぬ時はことありがほにこひしきやなぞ

589

おとこのこんとてこざりければ

山里のまきのいた戸もさゝざりきたのめし人を待しよひより

  • 古今選・戀 ○
  • 九代抄・恋:699

590

はじめて女のもとにつかはしける

ゆくかたもなくせかれたる山水のいはまほしくもおもほゆるかな

591

女につかはしける

人のうへのことゝしいへばしらぬかな君もこひするおりもこそあれ

592

返し

つらからばおなじ心につらからんつれなき人をこひんともせず

593

女につかはしける

人しれずおもふ心はおほしまのなるとはなしになげくころ哉

  • 古今選・戀

594

おとこのもとにつかはしける

中務

はかなくておなじ心になりにしをおもふがごとはおもふらんやぞ

595

返し

源信明

侘しさをおなじ心ときくからに我身をすてゝ君ぞかなしき

596

まからずなりにける女の人に、名たちければつかはしける

さだめなくあだにちりぬる花よりはときはの松の色をやはみぬ

597

かへし

よみ人しらず

住吉のわが身なりせばとしふとも松より外の色をみましや

598

おとこにつかはしける

うつゝにもはかなき事のあやしきはねなくに夢のみゆるなりけり

599

女のあはず侍りけるに

白浪のよる〳〵きしに立よりてねもみし物を住吉の松

  • 古今選・戀 ○

600

おとこにつかはしける

ながらへてあらぬまでにも言のはのふかきはいかにあはれなりけり