和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第十

恋歌二 九十九首

恋歌二

601

女のもとにはじめてつかはしける

藤原忠房朝臣

人をみて思ふおもひもある物を空にうふるぞはかなかりける

602

みぶのたゞみね

ひとりのみおもふはくるしいかにしておなじ心に人をゝしへん

603

きのとものり

わが心いつならひてかみぬ人をおもひやりつゝ恋しかるらん

604

まだとしわかゝかりける女につかはしける

源中正

葉をわかみほにこそ出ね花薄したの心にむすばざらめや

  • 古今選・戀

605

人をいひはじむとて

兼藍王

あし曳の山下しげくはふ葛のたづねてこふる我としらずや

606

忠房朝臣

かくれぬに忍びわびぬる我身哉ゐでのかはづと成やしなまし

607

女のざうしによる〳〵立よりつゝ物などいひてのち

藤原輔文

あぶくまのきりとはなしに夜もすがら立わたりつゝよをもふるかな

608

ふみつかはせども返事もせざりける女のもとにつかはしける

よみ人しらず

あやしくもいとふにはゆる心かないかにしてかは思ひやむべき

  • 定家八代抄・恋歌四:1177

609

くにもちがをともせざりければつかはしける

本院右京

ともかくもいふことのはのみえぬかないづらは露のかゝりどころは

610

だいしらず

橘敏仲

侘人のそほつてふなる涙川おりたちてこそぬれわたりけれ

611

返し

大輔

ふちせとも心もしらず涙川おりやたつべき袖のぬるゝに

612

敏仲

心みに猶おりたゝんなみだ川うれしきせにもながれあふやと

613

わざとにはあらでとき〴〵ものいひふれ侍ける女の、心にもあらで人にさそはれてまかりにければ、とのゐ物にかきつけてつかはしける

藤原敦忠朝臣

かゝりける人の心をしら露のをけるものともたのみけるかな

614

あひしりて侍りける女をひさしうとはず侍りければ、いといたうなんわび侍と人のつげ侍ければ

藤原顕忠朝臣

鶯の雲ゐにわびてなく声を春のさがとぞ我はきゝつる

615

ふみかよはしける女のこと人にあひぬときゝてつかはしける

平時望朝臣

かくばかりつねなきよとは知ながら人をはるかになにたのみけん

616

おとこのこざりければつかはしける

こまちがあね

我かどの一むら薄かりかはん君が手なれの駒もこぬかな

617

だいしらず

枇杷左大臣

よをうみのあはと消ぬる身にしあればうらむることぞかずなかりけり

618

かへし

いせ

わたつみのたのめし事もあせぬれば我ぞわが身のうらはうらむる

619

人のもとにつかはしける

源等朝臣

東ぢのさのゝふなはしかけてのみおもひわたるをしる人のなき

  • 定家八代抄・恋歌一:864
  • 古今選・戀 ○

620

人につかはしける

紀長谷雄朝臣

ふしてぬる夢ぢにだにもあはぬ身は猶あさましきうつゝとぞ思

621

女につかはしける

よみ人しらず

あまの戸を明ぬ〳〵といひなして空なきしつる鳥の声哉

622

夜もすがらぬれてわびつるから衣あふ坂山に道まどひして

623

おとこにつかはしける

おもへどもあやなしとのみいはるればよるの錦の心ちこそすれ

624

女のもとにつかはしける

音にのみきゝこしみわの山よりもすぎの数をば我ぞみえにし

625

をのれをおもひへだてたる心ありといへる女の返事につかはしける

兼輔朝臣

難波がたかりつむあしのあしづゝのひとへも君を我やへだつる

626

遠きところにまかりけるみちより、やむごとなき事によりて京へ人つかはしけるつゐでに、ふみのはしにかきつけ侍ける

よみ人しらず

我ごとや君もこふらん白露のおきてもねても袖ぞかはかぬ

627

あひしりて侍ける人のもとより、ひさしくとはずしていかにぞやまだいきたるやと、たはぶれて侍ければ

つらくともあらんとぞ思ふよそにても人やけぬるときかまほしさに

628

人のもとにしば〳〵まかりけれど、あひがたく侍ければ物にかきつけ侍ける

在原業平朝臣

暮ぬとてねてゆくべくもあらなくにたどる〳〵もかへるまされり

629

おとこ侍女をいとせちにいはせ侍けるを、女いとわりなしといはせければ

元良のみこ

わりなしといふこそかつはうれしけれをろかならずとみえぬと思へば

630

女のもとより、心ざしのほどをなんえしらぬといへりければ

藤原おきかぜ

我恋をしらんと思はゞたごのうらにたつらんなみの数をかぞへよ

631

いひかはしける女のもとより、なをざりにいふにこそあめれといへりければ

貫之

いろならばうつるばかりもそめてましおもふ心をえやはみせける

  • 定家八代抄・恋歌一:882
  • 古今選・戀 ○

632

物のたうびける女のもとに文つかはしたりけるに、心ちあしとて返事もせざりければ、又つかはしける

大江朝綱朝臣

あし曳の山ゐはすともふみかよふあとをもみぬはくるしき物を

633

おほつぶねに物のたうびつかはしけるを、さらにきゝいれざりければつかはしける

元良のみこ

大かたはなぞや我なのおしからんむかしのつまと人にかたらん

  • 定家八代抄・恋歌二:952

634

返し

おほつぶね

人はいさわれはなきなのおしければ昔も今もしらずとをいはん

  • 定家八代抄・恋歌二:953

635

返事せざりける女のふみをからうじてえて

よみ人しらず

あとみれば心なぐさのはま千鳥いまは声こそきかまほしけれ

  • 古今選・戀

636

おなじところにて見かはしながら、えあはざりける女に

河とみてわたらぬ中にながるゝはいはで物思ふなみだなりけり

  • 定家八代抄・恋歌二:948

637

心ざしありける女につかはしける

橘公頼朝臣

あま雲になき行かりの音にのみきゝわたりつゝあふよしもがな

638

貫之

住のえのなみにはあらねど夜とゝもに心を君によせわたるかな

639

兵衛につかはしける

よみ人しらず

見ぬほどに年のかはればあふことのいやはる〴〵とおもほゆるかな

640

まかりいでゝ御ふみつかはしたりければ

中将更衣

けふすぎばしなまし物を夢にてもいづこをはかと君がとはまし

641

御返し

延喜御製

うつゝにぞとふべかりける夢とのみまどひしほどやはるけかりけん

642

だいしらず

藤原ちかぬ

ながれてはゆくかたもなし涙川我身のうらやかぎりなるらん

643

ありはらのむねやな

我恋のかずにしとらば白妙のはまの真砂もつきぬべらなり

644

貫之

なみだにも思ひのきゆる物ならばいとかくむねはこがさざらまし

645

さかのうへのこれのり

しるしなき思ひやなぞとあしたづの音になくまでにあはずわびしき

646

とし久しくかよはし侍ける人につかはしける

貫之

玉のをのたえてみじかき命もてとし月長き恋もするかな

  • 定家八代抄・恋歌二:965

647

だいしらず

平定文

我のみやもえてきえなむよとゝもに思ひもならぬふじのねのごと

648

返し

きのめのと

ふじのねのもえわたるともいかゞせんけちこそしらね水ならぬ身は

649

こころざせる女の家のあたりにまかりていひいれ侍ける

つらゆき

侘わたる我身は露をおなじくは君がかきねの草にきえなん

650

だいしらず

在原元方

みるめかるなぎさやいづこあふごなみ立よるかたもしらぬ我身は

  • 古今選・戀

651

東宮になるとゝいふとのもとに女とものいひけるに、おやの戸をさしていりにければ、又のあしたにつかはしける

藤原滋幹

なるとよりさしいだされし舟よりもわれぞよるべもなき心ちせし

652

だいしらず

よみ人しらず

高砂のみねの白雲かゝりける人の心をたのみけるかな

653

長明のみこの母の更衣、さとに侍りけるにつかはしける

延喜御製

よそにのみまつははかなき住のえのゆきてさへこそみまくほしけれ

654

だいしらず

等朝臣

かげろふにみしばかりにや浜千鳥ゆくゑもしらぬ恋にまどはん

655

あるところはしりながら、えあふまじかりける人につかはしける

藤原兼茂朝臣

わたつみのそこのありかはしりながらかづきていらん浪のまぞなき

656

女のもとにつかはしける

橘実利朝臣

つらしとも思ひぞはてぬ涙川ながれて人をたのむ心は

657

かへし

よみ人しらず

ながれてと何たのむらん涙川影みゆべくもおもほえなくに

658

人をいひわづらひてつかはしける

平定文

なに事を今はたのまむちはやぶる神もたすけぬ我身なりけり

659

返し

おほつぶね

千はやぶる神もみゝこそなれぬらしさま〴〵いのるとしもへぬれば

660

女のもとにまかりたりけるを、たゞにてかへし侍りければいひいれ侍ける

貫之

うらみても身こそつらけれから衣きていたづらに返とおもへば

661

あひしりて侍りける人をひさしうとはずしてまかりたりければ、門より返しつかはしけるに

壬生忠峰

すみのえの松に立よる白浪のかへるおりにやねはなかるらん

662

おとこのもとよりいまはこと人あんなればといへりければ、女にかはりて

よみ人しらず

思はんとたのめし事もある物をなきなをたてゞたゞに忘ね

  • 定家八代抄・恋歌五:1392

663

返し

春日野ゝとぶひのゝもりみし物をなきなといはゞつみもこそうれ

664

題しらず

わすられておもふなげきの茂るをや身をはづかしの杜といふらん

665

人の心かはりにければ

右近

思はんとたのめし人はありときくいひしことのはいづちいにけん

666

さだくにの朝臣のみやす所、きよかげの朝臣とみちのくにゝある所々をつくして歌によみかはして、今はよむべきところなしといひければ

源清蔭朝臣

さても猶まがきの島のありければ立よりぬべくおもほゆるかな

667

こと女のふみをめのみんといひけるに、みせざりければうらみけるに、そのふみのうらにかきつけてつかはしける

よみ人しらず

これはかくうらみ所もなき物をうしろめたくはおもはざるらむ

668

久しうあはざりける女につかはしける

源さねあきら

思ひきやあひみぬ事をいつよりとかぞふばかりになさん物とは

669

だいしらず

藤原治方

よのつねの音をしなかねばあふ事の涙のいろもことにぞ有ける

670

大伴黒主

白浪のよするいそまをこぐ舟のかぢとりあへぬ恋もするかな

  • 古今選・戀 ○

671

源うかぶ

恋しさはねめになぐさむともなきにあやしくあはぬめをもみる哉

672

としへていひわたり侍りける女に

源すぐる

久しくもこひわたるかな住のえのきしに年ふる松ならなくに

673

だいしらず

藤原清正

あふ事のよゝをへだつるくれ竹のふしのかずなき恋もするかな

674

かれがたになりける人に、すゑもみぢたる枝につけてつかはしける

よみ人しらず

今はてふ心つくばの山みればこずゑよりこそ色かはりけれ

675

女のもとよりかへりて朝につかはしける

源重光朝臣

かへりけむ空もしられずをばすての山より出し月をみしまに

676

兼輔朝臣にあひはじめて、つねにしもあはざりけるほどに

清正母

ふりとげぬ君が雪げのしづくゆへ袂にとけぬ氷りしにけり

677

かたふたがりけるたがへにまかるとて

藤原有文朝臣

かた時もみねば恋しき君をゝきてあやしやいく夜外にねぬらん

678

だいしらず

大江千ふる

思ひやる心にたぐふ身なりせば一日に千度君はみてまし

679

しのびてかよひ侍ける女のもとよりかりさうぞくをくりて侍けるに、すれるかりぎぬ侍けるに

元良のみこ

あふ事は遠山どりのかり衣きてはかひなき音をのみぞなく

  • 定家八代抄・恋歌三:1120
  • 古今選・戀 ○

680

だいしらず

あつよしのみこ

ふかくのみおもふ心はあしのねの分ても人にあはんとぞ思ふ

681

しのびてあひわたりける人に

藤原忠国

いさり火のよるはほのかにかくしつゝありへば恋のしたにけぬべし

682

寛平のみかど御ぐしおろさせたまうてのころ、御帳のめぐりにのみ人はさぶらはせ給て、ちかうもめしよせられざりければ、かきて御帳にむすびつけゝる

小八条御息所

立よらばかげふむばかり近けれど誰かなこその関をすへけん

683

おとこのもとにつかはしける

土佐

我袖はなにたつ末の松山か空より浪のこえぬ日はなし

684

月はあはれといふはいむなりといふ人のありければ

よみ人しらず

独ねのわびしきまゝにおきゐつゝ月を哀といみぞかねつる

  • 定家八代抄・恋歌五:1359
  • 九代抄・恋:700

685

おとこのもとにつかはしける

から錦おしきわがなは立はてゝいかにせよとか今はつれなき

686

はじめて人にのたまひつかはしける

人づてにいふことのはの中よりぞ思ひつくばの山はみえける

687

はつかに人をみてつかはしける

貫之

たよりにもあらぬ思ひのあやしきは心を人につくるなりけり

  • 古今選・戀

688

人のいゑより物見にいづるくるまをみて、こゝろづきにおぼえ侍ければたそとたづねとひければ、いでける家のあるじときゝてつかはしける

よみ人しらず

人づまに心あやなくかけはしのあやうき物はこひにぞありける

689

人をおもひかけて心ちもあらずやありけん、いものもいはずして日くるればおきもあがらずときゝて、このおもひかけたる女のもとより、などかくすき〴〵しくはといひて侍ければ

いはで思ふ心ありそのはま風に立しら浪のよるぞわびしき

690

心かけて侍けれど、いひつかんかたもなくつれなきさまにみえければつかはしける

ひとりのみこふればくるしよぶこ鳥声に鳴出て君にきかせん

691

おとこの女にふみつかはしけるを、返事もせでたえにければ又つかはしける

ふしなくて君がたえにし白いとはよりつきがたき物にぞありける

692

おとこのたびよりまできて、いまなんまできつきたるといひて侍ける返事に

草枕このたびへつるとし月のうきはかへりてうれしからなん

693

おとこのほど久しうありてまできて、み心のいとつらさに十二年の山ごもりしてなんひさしうきこえざりつるといひ入たりければ、よびいれてものなどいひて返しつかはしけるが、又をともせざりければ

いでしよりみえず成にし月影は又山のはに入やしにけむ

694

返し

あしひきの山におふてふもろかづらもろともにこそいらまほしけれ

695

人をおもひかけてつかはしける

平定文

はま千鳥たのむをしれとふみそむる跡うちけつな我をこすなみ

696

返し

おほつぶね

ゆく水のせごとにふまむ跡ゆへにたのむしるしをいづれとかみん

697

人のもとにはじめてふみつかはしたりけるに、返事はなくてたゞかみをひきむすびて返したりければ

源もろあきらの朝臣

つまにおふることなし草をみるからにたのむ心ぞかずまさりける

698

かくてをこせて侍りけれど、みやづかへする人なりければいとまなくて、又のあしたにとこ夏の花につけてをこせて侍りける

をく露のかゝる物とはおもへどもかれせぬ物はなでしこの花

699

返し

かれずともいかゞたのまむ撫子の花はときはの色にしあらねば