和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第十二

恋歌四 九十六首

恋歌四

795

女のもとにつかはしける

としゆきの朝臣

わが恋のかずをかぞへばあまのはらくもりふたがりふる雨のごと

796

わすれにける女をおもひいでゝつかはしける

よみ人しらず

打返しみまくぞほしきふるさとの山と撫子色やかはれる

797

女につかはしける

枇杷左大臣

山彦の声にたてゝもとしはへぬわが物思ひをしらぬ人きけ

798

身よりあまれる人をおもひかけてつかはしける

きのとものり

玉藻かるあまにはあらねどわたつみのそこゐもしらず入心かな

799

返事も侍らざりければ、又かさねてつかはしける

みるもなくめもなきうみの磯に出てかへる〴〵もうらみつるかな

800

あだにみえ侍けるおとこに

よみ人しらず

こりずまのうらの白浪立出てよるほどもなくかへるばかりか

801

あひしりて侍る人の、あふみのかたへまかりければ

関こえてあはづの杜のあはずともし水にみえしかげをわするな

802

返し

近ければなにかはしるしあふさかの関の外ぞと思ひたえなん

803

つらくなりにけるおとこのもとに、いまはとてさうぞくなど返しつかはすとて

平なかきがむすめ

いまはとてこずゑにかゝる空蝉のからをみんとはおもはざりしを

804

返し

源巨城

わすらるゝ身をうつせみのから衣かへすはつらき心なりけり

805

ものいひける女のかゞみをかりて返すとて

よみ人しらず

影にだにみえもやするとたのみつるかひなく恋をます鏡かな

806

おとこの物などいひつかはしける女のゐなかの家にまかりて、たゝきけれどもきゝつけずやありけん、かどもあけずなりにければ、田のほとりにかへるのなきけるをきゝて

足引の山田のそほづ打わびて独かへるの音をぞ鳴ぬる

807

ふみつかはしける女のはゝの、恋をしこひばといへりけるが、としごろへにければつかはしける

たねはあれどあふ事かたき岩の上の松にてとしをふるはかひなし

808

女につかはしける

贈太政大臣

ひたすらにいとひはてぬる物ならば吉野々山にゆくゑしられじ

809

返し

いせ

わがやどゝたのむよしのに君しいらばおなじかざしをさしこそはせめ

  • 定家八代抄・恋歌四:1206

810

だいしらず

よみ人しらず

くれなゐに袖をのみこそそめてけれ君をうらむる涙かゝりて

811

つれなくみえける人につかはしける

紅になみだうつるときゝしをばなどいつはりとわれおもひけむ

812

返し

くれなゐに涙しこくは緑なるそでももみぢとみえまし物を

813

あひすみける人心にもあらでわかれにけるが、とし月をへてもあひみんとかきて侍けるふみをみいでゝつかはしける

いにしへの野中の清水みるからにさしぐむものはなみだなりけり

  • 古今選・戀 ○
  • 九代抄・恋:710

814

おもふ事侍ておとこのもとにつかはしける

あま雲のはるゝ夜もなくふる物は袖のみぬるゝ涙なりけり

815

かたふたがりとておとこのこざりければ

あふ事のかたふたがりて君こずはおもふ心のたがふばかりぞ

816

あひかたらひける人の、ひさしうこざりければつかはしける

ときはにとたのめしことはまつほどの久しかるべきなにこそありけれ

817

だいしらず

こさまさる涙の色もかひぞなきみすべき人のこのよならねば

818

女のもとにつかはしける

住よしのきしにきよする沖つ浪まなくかけてもおもほゆる哉

819

返し

いせ

すみのえのめに近からばきしにゐて浪の数をもよむべき物を

820

つらかりける人のもとにつかはしける

こひてへんとおもふ心のわりなさはしにてもしれよわすれがたみに

821

返し

贈太政大臣

もしもやとあひみん事をたのまずはかくする程にまづぞけなまし

822

だいしらず

よみ人しらず

あふとだにかたみにみゆる夢ならば忘るゝほどもあらまし物を

823

をとにのみ声をきくかな足曳の山下水にあらぬものかな

824

秋ぎりの立たるつとめて、いとつらければこのたびばかりなんいふべきといひたりければ

伊勢

秋とてや今はかぎりの立ぬらん思ひにあへぬ物ならなくに

825

心のうちにおもふ事やありけむ

見しゆめの思ひ出らるゝよひごとにいはぬをしるは涙なりけり

  • 定家八代抄・恋歌三:1071
  • 九代抄・恋:712

826

だいしらず

よみ人しらず

白露のおきてあひみぬ事よりはきぬかへしつゝねなんとぞ思

827

人のもとにつかはしける

言のはゝなげなる物といひながら思はぬためは君もしるらん

828

女のもとにつかはしける

朝忠朝臣

白浪の打いづるはまの浜千鳥跡やたへぬるしるべなるらん

829

女につかはしける

大江朝綱朝臣

おほしまに水をは恋しはや舟のはやくも人にあひみてしかな

830

伊勢なん人にわすられてなげき侍ときゝてつかはしける

贈太政大臣

ひたぶるに思ひな詫そふるさるゝ人の心はそれよよのつね

831

返し

いせ

よのつねの人の心をまだみねばなにかこのたびけぬべき物を

832

浄蔵くらまの山へなんいるといへりければ

平中興がむすめ

墨染のくらまの山に入人はたどる〳〵もかへりきなゝん

833

あひしりて侍ける人のまれにのみみえければ

いせ

日をへてもかげにみゆるは玉かづらつらきながらもたえぬ成けり

834

わざとにはあらず、時々ものいひ侍ける女、ほど久しうとはず侍ければ

よみ人しらず

高砂の松をみどりと見しことはしたのもみぢをしらぬなりけり

835

返し

時わかぬ松のみどりもかぎりなき思ひには猶色やもゆらん

836

たゞふみかはすばかりにてとしへ侍ける人につかはしける

水鳥のはかなきあとにとしをへてかよふばかりのえにこそ有けれ

  • 古今選・戀

837

返し

浪のうへにあとやはみゆる水鳥のうきてへぬらん年はかずかは

838

せうそこつかはしける女のもとより、いな舟のといふ事を返事にいひ侍ければたのみていひわたりけるに、なをあひがたきけしきに侍ければ、しばしとありしをいかなればかくはといへりける返事につかはしける

ながれよるせゞの白浪あさければとまるいな舟かへるなるべし

839

返し

三条右大臣

もがみ川ふかきにもあへずいな舟の心かろくもかへるなるかな

840

いとしのびてかたらふ人のをろかなるさまに見えければ

よみ人しらず

花薄ほに出る事もなき物をまだき吹ぬる秋の風哉

841

心ざしをろかにみえける人につかはしける

なかきがむすめ

またざりし秋はきぬれどみし人の心はよそになりもゆくかな

842

返し

源是茂朝臣

君をおもふ心ながさは秋の夜にいづれまさると空にしらなん

843

ある所にあふみといふ人をいとしのびてかたらひ侍けるを、よあけてかへりけるを人みてさゝやきれば、その女のもとにつかはしける

坂上つねかげ

鏡山あけてきつれば秋ぎりのけさや立らんあふみてふなは

844

あひしりて侍女の、人にあだなたち侍けるにつかはしける

平まれよの朝臣

枝もなく人におらるゝをみなへしねをだにのこせうへしわが為

845

人のもとにまかりて侍によびいれねば、すのこにふしあかしてつかはしける

藤原成国

秋の田のかりそめぶしもしてけるかいたづらいねをなにゝつまゝし

846

平かねきがやう〳〵かれがたになりにければつかはしける

中務

あき風のふくにつけてもとはぬかなおぎのはならば音はしてまし

  • 古今選・戀 ○
  • 九代抄・恋:713

847

とし月をへてせうそこし侍ける人につかはしける

よみ人しらず

君みずていくよへぬらんとし月のふるとゝもにもおつる涙か

848

女につかはしける

中々におもひかけてはから衣身になれぬをぞうらむべらなる

849

返し

うらむともかけてこそみめから衣身になれぬばふりぬとかきく

850

人につかはしける

なげゝどもかひなかりけり世中になにゝくやしく思ひそめけん

851

わすれがたになり侍けるおとこにつかはしける

承香殿中納言

こぬ人を松のえにふる白雪のきえこそかへれくゆるおもひに

852

わすれ侍にける女につかはしける

よみ人しらず

菊の花うつる心ををくしもにかへりぬべくもおもほゆる哉

853

返し

今はとてうつりはてにし菊の花かへるいろをばたれかみるべき

854

人のむすめにいと忍てかよひ侍けるに、けしきをみておやのまもりければ、五月なが雨のころつかはしける

ながめしてもりも侘ぬる人めかないつか雲まのあらんとすらん

855

まだあはず侍りける女のもとにしぬべしといへりければ、返事にはやしねかしといへりければ、又つかはしける

おなじくは君とならびの池にこそ身をなげつとも人にきかせめ

856

女につかはしける

かげろふのほのめきつれば夕暮の夢かとのみこそ身をたどりつる

857

返し

ほのみてもめなれにけりときくからにふしかへりこそしなまほしけれ

858

せうそこしば〳〵つかはしけるを、ちゝはゝ侍りてせいし侍ければえあひ侍らで

源よしの朝臣

あふみてふかたのしるべもえてしかなみるめなきこと行てうらみん

859

返し

春澄善縄朝臣女

あふさかの関とめらるゝ我なれば近江てふらんかたもしられず

860

女のもとにつかはしける

よしの朝臣

あしひきの山下水のこがくれて滝つ心をせきぞかねつる

  • 古今選・戀 ○

861

返し

よみ人しらず

木がくれて滝つ山水いづれかはめにしもみゆる音にこそきけ

862

人のもとよりかへりてつかはしける

貫之

暁のなからましかばしら露のおきてわびしき別せましや

  • 定家八代抄・恋歌三:1047
  • 九代抄・恋:714

863

返し

よみびとしらず

おきて行人の心を白露の我こそまづはおもひきえぬれ

864

女のもとにおとこ、かくしつゝよをやつくさん高砂のといふことをいひつかはしたりければ

たかさごの松といひつゝ年をへてかはらぬいろときかば頼まむ

865

人のむすめのもとに忍びつゝかよひ侍けるを、おやきゝつけていといたくいひければ、かへりてつかはしける

貫之

風をいたくみゆる煙の立いでゝ猶こりずまの浦ぞ恋しき

  • 古今選・戀 ○

866

はじめて女のもとにつかはしける

よみ人しらず

いはねどもわがかぎりなき心をば雲ゐに遠き人もしら南

867

だいしらず

君がねにくらぶの山の時鳥いづれあだなるこゑまさるらん

868

せうそこかよはしける女、をろかなるさまに見え侍ければ

こひてぬる夢ぢにかよふ玉しゐのなるゝかひなくうとき君かな

869

女につかはしける

かがり火にあらぬ思ひのいかなれば涙の川とうきてもゆらん

870

人のもとにまかりてあしたにつかはしける

まちゝらす日はすがのねにおもほえてあふよしもなど玉のをならん

871

大江千里まかりかよひける女を思ひかれがたに成て、遠き所にまかりわたるといはせて久しうまからずなりにけり、この女思ひ侘てねたる夜の夢にまうできたりとみえければ、うたがひにつかはしける

はかなかる夢のしるしにはかられてうつゝにまくる身とや成なん

872

かくてつかはしたりければ千さと見はべりて、まことにをとゝひなんかへりまうでこしかど、心ちのなやましくてなむありつるとばかりいひをくりて侍ければ、かさねてつかはしける

思ひねの夢といひてもやみなまし中々なにゝありとしりけん

873

やまとのかみに侍ける時、かのくにのすけ藤原清秀がむすめをむかへんとちぎりて、おほやけごとによりてあからさまに京にのぼりたりけるほどに、このむすめ真延法師にむかへられてまかりにければ、国にかへりて尋てつかはしける

忠房朝臣

いつしかのねになきかへりこしかども野べのあさぢは色付にけり

874

せうそこつかはしける女の返事に、まめやかにしもあらじなどいひて侍りければ

ひきまゆのかくふたごもりせまほしみくはこきたれてなくをみせばや

875

ある人のむすめあまたありけるを、あねよりはじめていひ侍りけれどきかざりければ、三にあたる女につかはしける

よみ人しらず

関山のみねの杉むらすぎゆけどあふみは猶ぞはるけかりける

  • 古今選・戀

876

あさたゞの朝臣、ひさしうをともせでふみをこせて侍ければ

思ひ出て音づれしける山びこのこたへにこりぬこゝろなになり

877

いとしのびてまかりありきて

まどろまぬ物からうたてしかすがにうつゝにもあらぬ心ちのみする

878

返し

うつゝにもあらぬ心は夢なれやみてもはかなきものをおもへば

879

うづまさわたりに大輔が侍けるにつかはしける

小野道風朝臣

かぎりなく思ひ入日の友にのみにしの山べをながめやる哉

880

女五のみこに

忠房朝臣

君がなのたつにとがなき身なりせばおほよそ人になしてみましや

881

返し

たえぬるとみればあひぬる白雲のいとおほよそに思はずもがな

882

みくしげどのにはじめてつかはしける

あつたゞの朝臣

けふそへに暮ざらめやはとおもへどもたへぬは人のこゝろなりけり

  • 定家八代抄・恋歌三:1055

883

道風忍びてまうできけるに、おやきゝつけてせいしければつかはしける

大輔

いとかくてやみぬるよりはいなづまの光のまにも君をみてしか

884

大輔がもとにまうできたりけるに侍らざりければ、かへりて又のあしたにつかはしける

朝忠朝臣

いたづらに立かへりにし白浪の名残に袖のひる時もなし

885

返し

大輔

なにゝかは袖のぬるらん白波のなごりありげもみえぬ心を

886

よしふるの朝臣さらにあはじとちかごとをして、又のあしたにつかはしける

ちかひても猶おもふにはまけにけりたが為おしき命ならねば

  • 定家八代抄・恋歌四:1245

887

しのびてまかりけれどあはざりければ

道風

なにはめにみつとはなしに芦のねのよのみじかくて明る侘しさ

888

物いはんとてまかりたりけれど、さきだちてむねもちが侍りければ、ゝやかへりねといひいだして侍りければ

かへるべき方もおぼえず涙川いづれかわたるあさせなるらん

889

返し

大輔

涙川いかなるせよりかへりけん見なるゝみをもあやしかりしを

890

大輔がもとにつかはしける

敦忠朝臣

池水のいひ出る事のかたければみごもりながらとしぞへにける