和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第十三

恋歌五 百三首

恋歌五

891

題不知

在原業平朝臣

いせのうみにあそぶあまとも成にしか浪かき分てみるめかづかん

892

返し

いせ

朧けのあまやはかづくいせの海の浪たかき浦におふるみるめは

893

つれなくみえ侍りける人に

よみびとしらず

つらしとやいひはてゝまし白露の人に心はをかじとおもふを

894

だいしらず

ながらへば人の心もみるべきに露の命ぞかなしかりける

  • 九代抄・恋:715

895

小野小町があね

ひとりぬるときはまたるゝ鳥の音もまれにあふ夜は侘しかりけり

896

女のうらみをこせて侍ければつかはしける

ふかやぶ

うつせみのむなしきからになるまでも忘んと思ふ我ならなくに

897

あだなるおとこをあひしりて心ざしはあると見えながら、なをうたがはしくおぼえければつかはしける

よみ人しらず

いつまでのはかなき人の言のはか心のあきの風をまつらん

  • 九代抄・恋:716

898

題しらず

うたゝねの夢ばかりなるあふ事を秋の夜すがら思ひつるかな

899

女のもとにまかりたりけるよ、門をさしてあけざりければ、まかりかへりてあしたにつかはしける

兼輔朝臣

秋の夜の草の戸ざしの侘しきはあくれどあけぬ物にぞありける

  • 九代抄・恋:717

900

返し

よみ人しらず

いふからにつらさぞまさる秋のよの草の戸ざしにさはるべしやは

901

かつらのみこにすみはじめけるあひだに、かのみこあひおもはぬけしきなりければ

さだかずのみこ

人しれず物思ふころのわが袖は秋の草ばにおとらざりけり

  • 定家八代抄・恋歌二:1005

902

忍びたる人につかはしける

贈太政大臣

しづはたに思ひみだれて秋の夜の明るもしらずなげきつる哉

  • 九代抄・恋:718

903

せうそこかよはしけれどもまだあはざりける男を、これかれあひにけりといひさはぐを、あらがはざなりとうらみつかはしければ

よみ人しらず

蓮葉のうへはつれなきうらにこそ物あらがひはつくといふなれ

904

おとこのつらうなりゆくころ、雨のふりければつかはしける

ふりやめば跡だにみえぬうたかたのきえてはかなきよを頼むかな

905

女のもとにまかりて、えあはでかへりてつかはしける

あはでのみあまたのよをもかへる哉人めのしげきあふさかにきて

906

女に物いふおとこふたりありけり、ひとりに返事すときゝて、いまひとりがつかはしける

なびくかたありける物をなよ竹のよにへぬものと思ひけるかな

907

女のこゝろかはりぬべきをきゝてつかはしける

ねになけば人わらへなりくれ竹のよにへぬをだにかちぬと思はん

908

文つかはしける女の、おやのいせへまかりければ、ともにまかりけるにつかはしける

いせのあまと君しなりなばおなじくは恋しきほどにみるめからせよ

909

一条がもとに、いとなむこひしきといひにやりたりければ、おにのかたをかきてやるとて

一条

恋しくはかげをだにみてなぐさめよわが打とけて忍ぶかほ也

910

返し

いせ

かげみればいとゞ心ぞまどはるゝ近からぬけのうときなりけり

911

人のむすめに忍びてかよひ侍けるにつらげにみえ侍ければ、せうそこありける返事に

よみ人しらず

人ごとのうきをもしらずありかせし昔ながらの我身ともがな

912

みなれたる女に又物いはんとてまかりたりけれど、声はしながらかくれければつかはしける

郭公なつきそめにしかひもなく声をよそにもきゝわたるかな

913

人のもとにはじめてまかりて、つとめてつかはしける

つねよりもおきうかりける暁は露さへかゝる物にぞありける

914

忍びてまできける人の霜のいたくふりける夜まからで、つとめてつかはしける

をく霜の暁おきを思はずはきみがよどのによがれせましや

915

返し

霜をかぬ春より後のながめにもいつかは君がよがれせざりし

916

心にもあらでひさしくとはざりける人のもとにつかはしける

源英明朝臣

いせの海のあまのまてがたいとまなみながらへにける身をぞ恨る

  • 定家八代抄・恋歌四:1192

917

えがたう侍ける女の家のまへよりまかりけるをみて、いづこへいくぞといひいだして侍ければ

藤原為世

あふことをかたのへとてぞ我はゆく身をおなじなに思ひなしつゝ

918

題不知

よみ人しらず

君があたり雲ゐにみつゝ宮ぢ山うちこえゆかん道もしらなく

919

男の返事につかはしける

俊子

おもふてふ言のはいかになつかしなのちうき物とおもはずもがな

920

だいしらず

兼茂朝臣女

思ふてふ事こそうけれくれ竹のよにふる人のいはぬなければ

  • 九代抄・恋:719

921

よみ人しらず

おもはんと我をたのめし言のはゝ忘草とぞいまはなるらし

922

男のやまひにわづらひてまからで、ひさしくありてつかはしける

今までも消でありつる露の身はをくべきやどのあれば成けり

923

返し

言のはもみな霜がれに成行ば露のやどりもあらじとぞ思ふ

924

うらみをこせて侍ける人の返事に

忘なんといひしことにもあらなくにいまは限と物おもふかは

925

だいしらず

うつゝにはふせどねられずおきかへりきのふの夢をいつか忘ん

926

女につかはしける

さゝら浪まなく立めるうらをこそよにあさしともみつゝ忘れば

927

西四条の前斎宮まだみこにものし給ひし時、心ざし有て思ふ事侍ける間に、斎宮にさだまり給ひにければ、其あくるあしたにさか木の枝に付てさしおかせ侍ける

敦忠朝臣

いせの海の千尋のはまにひろふとも今は何てふかひかあるべき

  • 古今選・戀 ○

928

あさよりの朝臣、としごろせうそこかよはし侍ける女のもとよりようなしいまは思ひ忘ねとばかり申して、ひさしうなりにければこと女にいひつきてせうそこもせずなりにければ

本院のくら

忘れねといひしにかなふ君なれどゝはぬはつらき物にぞありける

929

だいしらず

よみ人しらず

春霞はかなく立てわかるとも風よりほかに誰かとふべき

930

返し

いせ

めにみえぬ風に心をたぐへつゝやらばかすみの別こそせめ

931

土左がもとよりせうそこ侍ける返事につかはしける

さだもとのみこ

ふかみどりそめけむ松のえにしあらばうすき袖にもなみはよせてん

932

返し

土佐

松山の末こすなみのえにしあらば君が袖にはあともとまらじ

933

女のもとより、さだめなき心ありなど申たりければ

贈太政大臣

ふかく思ひそめつといひし言のははいつか秋風吹てちりぬる

934

おとこの心かはるけしきなりければ、たゞなりけるとき、このおとこの心ざせりけるあふぎにかきつけて侍ける

よみ人しらず

人をのみうらむるよりは心からこれいまざりしつみと思はん

935

忍びたる女のもとに、せうそこつかはしたりければ

芦曳の山下しげくゆく水のながれてかくしとはゞ頼まむ

936

男の忘侍にければ

いせ

侘はつる時さへ物のかなしきはいづこを忍ぶこゝろなるらん

  • 定家八代抄・恋歌五:1422

937

おやのまもりける女を、いなともせともいひはなてと申ければ

よみ人しらず

いなせともいひはなたれずうき物は身を心ともせぬよなりけり

938

おとこのいかにぞえまうでこぬことゝいひて侍りければ

よみ人しらず

こずやあらんきやせむとのみ河ぎしの松の心を思ひやら南

939

とまれと思ふおとこのいでゝまかりければ

しゐて行駒のあしおるはしをだになどわがやどにわたさざりける

940

物いひける人の久しうをとづれざりける、からうじてまうできたりけるに、などかひさしうといへりければ

としをへていけるかひなき我身をば何かは人にありとしられん

941

いと忍びてまできたりけるおとこをせいしける人ありけり、のゝしりければかへりまかりてつかはしける

あさりする時ぞわびしき人しれずなにはの浦にすまふ我身は

942

公頼朝臣、いまゝかりける女のもとにのみまかりければ

寛湛法師母

ながめつゝ人まつよひのよぶこ鳥いづかたへとか行かへるらん

943

忍びたる人に

よみ人しらず

人ごとのたのみがたさは難波なる芦のうらばのうらみつべしな

944

忍びてかよひ侍ける人いまかへりてなどたのめをきて、おほやけのつかひにいせの国にまかりかへりまできて、ひさしうとはず侍ければ

少将内侍

人はかる心のくまはきたなくて清きなぎさをいかで過けん

945

返し

兼輔朝臣

誰ためにわれが命をながはまのうらにやどりをしつゝかはこし

946

女のもとにつかはしける

よみ人しらず

せきもあへず淵にぞまよふ涙川わたるてふせをしるよしもがな

947

返し

ふちながら人かよはさじ涙川わたらばあさきせもこそはみれ

948

つねにまうできてものなどいふ人の、いまはなまうでこそ人もうたていふなり、といひいだして侍ければ

きてかへるなをのみぞたつから衣したゆふひもの心とけねば

949

左大臣、河原にいであひて侍ければ

内侍たひらけいこ

たえぬともなに思ひけん涙川ながれあふ瀬もありけるものを

950

大輔につかはしける

左大臣

いまははやみ山を出て郭公けぢかきこゑを我にきかせよ

951

返し

人はいさみ山がくれの郭公ならはぬさとはすみうかるべし

952

左大臣につかはしける

中務

ありしだにうかりし物をあはずとていづらにそふるつらさなるらん

953

左近につかはしける

左大臣

おもひわび君がつらさに立よらば雨も人めももらさゞらなん

954

たかあきらの朝臣にふえをゝくるとて

よみ人しらず

ふえ竹のもとのふるねはかはるともをのがよゝにはならずもあらなん

955

こと女に物いふときゝて、もとのめの内侍のふすべ侍ければ

よしふるの朝臣

めもみえず涙の雨のしぐるれば身のぬれぎぬはひるよしもなし

956

返し

中将内侍

にくからぬ人のきせけんぬれぎぬは思ひにあへず今かはきなん

957

だいしらず

小野道風

大かたはせとだにかけじ天河ふかき心をふちとたのまん

958

返し

よみ人しらず

ふちとてもたのみやはする天川としに一たびわたるてふせを

959

みくしげどのゝべたうにつかはしける

きよかげの朝臣

身のならん事をもしらずこぐ舟はなみの心もつゝまざりけり

960

こといできてのちに京極御息所につかはしける

もとよしのみこ

侘ぬれば今はたおなじ難波なるみをつくしてもあはんとぞ思

  • 定家八代抄・恋歌四:1204
  • 古今選・戀 ○
  • 九代抄・恋:720

961

しのびてみくしげ殿のべたうにあひかたらふときゝて、ちゝの左大臣のせいし侍ければ

敦忠朝臣

いかにしてかくおもふてふ事をだに人づてならで君にかたらん

  • 定家八代抄・恋歌一:880

962

公頼朝臣のむすめに忍てすみ侍けるに、わづらふことありてしぬべしといへりければつかはしける

朝忠朝臣

諸ともにいざといはずはしでの山こゆともこさん物ならなくに

963

年をへてかたらふ人のつれなくのみ侍りければ、うつろひたる菊につけてつかはしける

清蔭朝臣

かくばかりふかきいろにもうつろふを猶君菊の花といはなん

964

人のもとにまかりたりけるに門よりのみ返しけるに、からうじてすだれのもとによびよせて、かうてさへや心ゆかぬといひいだしたりければ

よみ人しらず

いさや又人の心も白露のおくにもとにも袖のみぞひづ

965

人のもとにまかりけるをあはでのみかへし侍ければ、みちよりいひつかはしける

よるしほのみちくる浦もおもほえずあふ事なみにかへるとおもへば

966

人をおもひかけていひわたり侍けるを、まちどをにのみ侍りければ

かずならぬ身は山のはにあらねどもおほくの月をすぐしつる哉

967

ひさしくいひわたり侍けるに、つれなくのみ侍りければ

なりひらの朝臣

たのめつゝあはで年ふるいつはりにこりぬ心を人はしらなむ

  • 定家八代抄・恋歌二:1017
  • 古今選・戀

968

返し

いせ

夏むしのしる〳〵まどふ思ひをばこりぬかなしと誰かみざらん

969

返しせぬ人につかはしける

よみ人しらず

打わびてよばゝん声に山彦のこたへぬ山はあらじとぞ思

970

返し

山びこの声のまに〳〵とひゆかばむなしき空に行やかへらん

971

かくいひかはすほどにみとせばかりに成侍ければ

あら玉の年のみとせはうつせみのむなしきねをや鳴てくらさん

972

だいしらず

ながれ出る涙の川のゆく末はつゐにあふみの海と頼まむ

973

あめのふる日、人につかはしける

雨ふれどふらねどぬるゝわが袖はかゝる思ひにかはかぬやなぞ

974

返し

露ばかりぬるらん袖のかはかぬは君がおもひのほどやすくなき

975

女のもとにまかりたるにたちながらかへしたれば、みちよりつかはしける

つねよりもまどふ〳〵ぞかへりつるあふみちもなきやどに行つゝ

976

雨にもさはらずまできてそら物がたりなどしけるおとこの、門よりわたるとて、あめのいたくふればなんまかりすぎぬるといひたれば

ぬれつゝもくるとみえしは夏引のてびきにたえぬ糸にや有けん

977

人にわすられて侍ける時

かずならぬ身はうき草となりなゝんつれなき人によるべしられじ

978

おもひわすれにける人のもとにまかりて

夕やみは道もみえねどふる里はもとこし駒にまかせてぞくる

979

返し

こまにこそまかせたりけれあやなくも心のくると思ひける哉

980

朝綱朝臣の女にふみなどつかはしけるを、こと女にいひつきてひさしうなりて、秋とぶらひて侍ければ

いづかたにことづてやらんかりがねのあふことまれに今はなるらん

981

おとこのかれはてぬに、ことおとこをあひしりて侍けるに、もとのおとこの東へまかりけるをきゝてつかはしける

ありとだにきくべき物をあふさかの関のあなたぞはるけかりける

982

返し

関守はあらたまるてふあふ坂のゆふつけどりは鳴つゝぞ行

983

又女のつかはしける

ゆきかへりきてもきかなんあふさかの関にかはれる人もありやと

984

かへし

もる人もありとはきけどあふ坂のせきもとゞめぬわが涙かな

985

かれにけるおとこのおもひ出てまできて、物などいひてかへりて

かづらきやくめぢにわたす岩はしの中々にてもかへりぬる哉

986

返し

中たえてくる人もなきかづらきのくめぢのはしは今もあやうし

987

しろきゝぬどもきたる女どものあまた月あかきに侍けるをみて、あしたにひとりがもとにつかはしける

藤原有好

白雲のみな一むらにみえしかど立出て君を思ひそめてき

988

女のもとにつかはしける

よみ人しらず

よそなれど心ばかりはかけたるをなどか思ひにかはかざるらむ

989

だいしらず

我恋のきゆるまもなくくるしきはあはぬなげきやもえわたるらん

990

返し

きえずのみもゆる思ひは遠けれど身もこがれぬる物にぞ有ける

991

又おとこ

うへにのみをろかにもゆるかやりびのよにもそこには思ひこがれじ

992

又返し

川とのみわたるをみるになぐさまでくるしき事ぞいやまさりなる

993

又おとこ

水まさる心ちのみしてわがためにうれしきせをば見せじとやする