和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第十五

雑歌一 五十首

雑歌一

1075

仁和のみかど、さがの御時のれいにてせり川に行幸し給ける日

在原行平朝臣

さがの山みゆきたえにしせり川の千世のふるみちあとは有けり

  • 定家八代抄・雑歌上:1448
  • 古今選・雑 ○

1076

おなじ日たかゞひにて、かりぎぬのたもとにつるのかたをぬひてかきつけたりける

おきなさび人なとがめそかり衣けふばかりとぞたづもなくなる

行幸の又の日なん致仕の表奉りける

  • 定家八代抄・雑歌上:1449
  • 古今選・雑 ○

1077

きのとものりまだつかさたまはらざりける時、ことのついで侍てとしはいくらばかりにかなりぬるとゝひ侍ければ、四十余になんなりぬると申ければ

贈太政大臣

今までになどかは花のさかずしてよそとせあまり年ぎりはする

1078

返し

友則

はる〳〵のかずは忘ずありながら花さかぬきをなにゝうへけん

1079

外吏にしば〳〵まかりありてきて殿上おりて侍ける時、かねすけの朝臣のもとにつかはしける

平なかき

よとゝもに峰へふもとへおりのぼり行雲の身は我にぞ有ける

1080

まだ后になり給はざりける時、かたはらの女御たちそねみ給けしきなりける時、御門御ざうしに忍て立より給へりけるに、御たいめんはなくてたてまつり給ひける

嵯峨后

ことしげししばしはたてれよひのまにをけらん露は出てはらはん

1081

家に行平朝臣まうできたりけるに、月のおもしろかりける夜、さけなどたうべてまかりたゝんとしけるほどに

河原左大臣

てる月を正木のつなによりかけてあかず別る人をつながん

  • 定家八代抄・雑歌上:1456

1082

返し

行平朝臣

かぎりなき思ひのつなのなくはこそ正木のかづらよりもなやまめ

  • 定家八代抄・雑歌上:1457

1083

よの中をおもひうじて侍けるころ

業平朝臣

住わびぬ今は限と山ざとにつま木こるべきやどもとめてん

  • 定家八代抄・雑歌下:1695
  • 九代抄・雑:955

1084

我をしりがほにないひそと女のいひ侍ける返事に

みつね

芦曳の山におひたるしらかしのしらじな人をくちきなりとも

1085

すがたあやしと人のわらひければ

いせの海のつりのうけなるさまなれどふかき心はそこにしづめり

1086

おほきおほいまうちぎみのしら川の家にまかりわたりて侍けるに人のざうしにこもり侍て

中務

しら川の滝のいとみまほしけれどみだりに人をよせじ物とや

1087

返し

おほきおほいまうちぎみ

白川のたきのいとなみみだれつゝよるをぞ人はまつといふなる

1088

はちすのはいをとりて

よみ人しらず

はちすばのはいにぞ人はおもふらんよには恋ぢの中におひつゝ

1089

あふさかの関に庵室をつくりてすみ侍けるに、行かふ人をみて

蟬丸

是やこのゆくもかへるも別つゝしるもしらぬもあふさかの関

  • 定家八代抄・雑歌下:1652
  • 古今選・雑 ○
  • 九代抄・雑:956

1090

さだめたる男もなくて物思ひ侍るころ

小野小町

あまのすむ浦こぐ舟のかぢをなみよをうみわたる我ぞかなしき

  • 定家八代抄・雑歌下:1671

1091

あひしりて侍ける女心にもいれぬさまに侍ければ、こと人の心ざしあるにつき侍にけるを、なをしもあらず物いはんと申つかはしたりけれど、返事もせず侍ければ

よみ人しらず

浜千鳥かひなかりけりつれもなき人のあたりは鳴わたれども

1092

法皇てらめぐりし給ける道にてかえでの枝をおりて

素性法師

このみゆき千年かへても見てしかなかゝる山ぶし時にあふべく

1093

西院の后おほんぐしおろさせ給ておこなはせ給ける時、かの院のなかじまの松をけづりてかきつけ侍ける

音にきく松がうら島けふぞみるむべも心あるあまはすみけり

  • 定家八代抄・雑歌下:1672
  • 九代抄・雑:957

1094

斎院のみそぎの垣下に殿上の人々まかりて暁にかへりて、むまがもとにつかはしける

右衛門

我のみは立もかへらぬ暁にわきてもをけるそでの露かな

1095

しほなきとしたゞみあへてと侍ければ

たゞみ

しほといへばなくてもからき世中にいかにあへたるたゞみ成らん

1096

ひたゝれこひにつかはしたるに、うらなんなきそれはきじとやいかゞといひたれば

藤原元輔

住吉のきしともいはじおきつ浪猶うちかけようらはなくとも

1097

法皇はじめて御ぐしおろし給て山ぶみし給あひだ、きさきをはじめ奉て女御更衣なをひとつ院にさぶらひ給ける、三年といふになんみかどかへりおはしましたりける、むかしのごとおなじ所にておろし給ふけるつゐでに

七条のきさき

ことのはにたえせぬ露はをくらんやむかしおぼゆるまどゐしたれば

1098

御返し

いせ

うみとのみまどゐの中はなりぬめりそながらあらぬかげのみゆれば

1099

志賀のからさきにてはらへしける人のしもづかへにみるといふ侍けり、おほとものくろぬしそこにまできて、かのみるに心をつけていひたはぶれけり、はらへはてゝくるまよりくろぬしにものかづけける、そのものこしにかきつけてみるにをくり侍ける

くろぬし

なにせんにへたのみるめを思ひけむおきつ玉もをかづく身にして

1100

月のおもしろかりけるをみて

みつね

ひるなれやみぞまがへつる月影をけふとやいはん昨日とやいはん

1101

五節のまひ姫にて、もしめしとゞめらるゝ事やあると思ひ侍けるを、さもあらざりければ

藤原滋包がむすめ

くやしくぞ天つ乙女と成にける雲ぢたづぬる人もなきよに

  • 定家八代抄・雑歌上:1473

1102

太政大臣の左大将にてすまひのかへりあるじし侍ける日、中将にてまかりて事をはりてこれかれまかりあかれけるに、やむごとなき人二三人ばかりとゞめて、まらうどあるじさけあまたたびの後ゑひにのりてこどものうへなど申つけるつゐでに

兼輔朝臣

人のおやの心はやみにあらねども子を思ふみちにまどひぬるかな

  • 定家八代抄・雑歌上:1481
  • 古今選・雑 ○
  • 九代抄・雑:958

1103

女ともだちのもとに、つくしよりさしぐしを心ざすとて

大江玉淵朝臣女

なにはがたなにゝもあらずみをつくしふかき心のしるしばかりぞ

1104

元長のみこのすみ侍ける時、てまさぐりになにいれて侍りけるはこにかありけん、したをびしてゆひて又こん時にあけんとて、物のかみにさしをきて出侍にけるのち、つねあきらのみこにとりかくされて、月日久しく侍てありし家にかへりて、このはこを元長のみこに送とて

中務

あけてだになにゝかはせんみづのえのうら島のこを思ひやりつゝ

1105

忠房朝臣つのかみにて新司はるかたがまうけに屏風てうじて、かの国の名ある所々ゑにかゝせて、さび江といふ所にかけりける

たゞみね

としをへてにごりだにせぬさび江には玉もかへりていまぞすむべき

1106

兼輔朝臣宰相中将より中納言になりて又のとし、のりゆみのかへりだちのあるじにまかりて、これかれ思ひをのぶるついでに

兼輔朝臣

ふるさとのみかさの山は遠けれどこゑはむかしのうとからぬかな

  • 定家八代抄・雑歌上:1469

1107

あはじのまつりごと人の任はてゝのぼりまうできてのころ、兼輔朝臣のあはたの家にて

みつね

ひき植し人はむべこそ老にけれ松のこだかくなりにけるかな

  • 定家八代抄・雑歌下:1689

1108

人のむすめに源かねきがすみ侍けるを、女のはゝ聞侍ていみじうせいし侍ければ、忍びたるかたにてかたらひけるあひだに、はゝしらずしてにはかにいきければ、かねきがにげてまかりにければつかはしける

女のはゝ

小山田のおどろかしにもこざりしをいとひたぶるににげし君哉

1109

三条右大臣身まかりてあくるとしの春、大臣めしありときゝて斎宮のみこにつかはしける

むすめの女御

いかでかのとしぎりもせぬたねもがなあれたるやどに植てみるべく

1110

かの女御、左のおほいまうちぎみにあひにけりと聞てつかはしける

斎宮のみこ

春ごとに行てのみ見むとしぎりもせずといふたねはおひぬとかきく

1111

庶明朝臣中納言になり侍ける時、うへのきぬつかはすとて

右大臣

思ひきや君が衣をぬぎかへてこきむらさきの色をきんとは

1112

返し

庶明朝臣

いにしへもちぎりてけりな打はぶきとび立ぬべし天のは衣

1113

まさたゞがとのゐ物をとりたがへて、大輔がもとにもてきたりければ

大輔

ふる里のならの都のはじめよりなれにけりともみゆる衣か

1114

返し

雅正

ふりぬとて思ひもすてじから衣よそへてあやな恨もぞする

1115

よの中の心にかなはぬなど申ければ、ゆくさきたのもしき身にてかゝる事あるまじと人の申侍ければ

大江千里

ながれてのよをもたのまず水の上のあはに消ぬるうき身と思へば

1116

藤原さねきが蔵人よりかうぶり給て、あす殿上まかりおりなんとしける夜、さけたうべけるついでに

兼輔朝臣

むば玉のこよひばかりぞあけ衣あけなば人をよそにこそみめ

  • 定家八代抄・雑歌上:1465

1117

法皇御ぐしおろし給ひてのころ

七条后

人わたす事だになきをなにしかもながらのはしと身の成ぬらん

1118

御返し

いせ

ふるゝ身は涙の中にみゆればや長柄のはしにあやまたるらん

1119

京極のみやす所あまになりて、戒うけんとて仁和寺にわたりて侍ければ

あつみのみこ

独のみながめて年をふるさとのあれたるさまをいかにみるらん

1120

女のあだなりといひければ

あさつなの朝臣

まめなれどあだなは立ぬたはれ島よる白浪をぬれぎぬにきて

1121

あひかたらひける人の家のまつのこづゑのもみぢたりけるを見て

よみびとしらず

年をへてたのむかひなしときはなる松のこずゑも色かはり行

1122

おとこの女のふみをかくしけるをみて、もとのめのかきつけ侍ける

四条御息所女

へだてつる人の心のうきはしをあやうきまでもふみ見つる哉

1123

小野よしふるの朝臣、にしのくにのうてのつかいにまかりて二年といふとし、四位にはかならずまかりなるべかりけるを、さもあらずなりにければ、かゝる事にしもさゝれにける事のやすからぬよしを、うれへをくりて侍けるふみの返事のうらにかきつけてつかはしける

源公忠朝臣

玉くしげふたとせあはぬ君が身をあけながらやはあらんと思ひし

  • 定家八代抄・雑歌上:1466

1124

返し

小野好古朝臣

あけながら年ふる事は玉くしげ身のいたづらになればなりけり

  • 定家八代抄・雑歌上:1467