和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第十六

雑歌二 七十首

雑歌二

1125

思ふこゝろありて前太政大臣によせて侍ける

ありはらのなりひらの朝臣

たのまれぬうきよの中を歎きつゝひかげにおふる身をいかにせん

  • 定家八代抄・哀傷歌:637

1126

やまひし侍てあふみのせきでらにこもりて侍けるに、まへのみちより閑院のごいし山にまうでけるを、たゞ今なんゆきすぎぬると人のつげ侍ければ、をひてつかはしける

としゆきの朝臣

あふさかのゆふつけになく鳥の音を聞とがめずぞ行過にける

1127

前中宮宣旨贈太政大臣の家よりまかりいでゝあるに、かの家にことにふれて日ぐらしといふ事なむ侍ける

宣旨

み山よりひゞききこゆる日ぐらしの声を恋しみ今もけぬべし

1128

返し

贈太政大臣

日ぐらしの声を恋しみけぬべくはみ山とほりにはやもきねかし

1129

かはらにいでゝはらへし侍けるに、おほいまうちぎみもいであひて侍ければ

あつたゞの朝臣母

ちかはれしかものかはらに駒とめてしばし水かへ影をだにみん

1130

人のうしをかりて侍けるに、しに侍ければいひつかはしける

閑院のみこ

わがのりし事をうしとや消にけん草ばにかゝる露のいのちは

1131

延喜御時賀茂臨時祭の日、御前にてさかづきとりて

三条右大臣

かくてのみやむべき物かちはやぶるかものやしろの万よを見ん

  • 定家八代抄・神祇歌:1766

1132

おなじ御時きたのゝ行幸にみこしをかにて

枇杷左大臣

みこしをかいくその世々にとしをへてけふのみゆきを待てみつらん

1133

戒仙がふかき山でらにこもり侍けるに、こと法師まうできて

雨にふりこめられて侍りけるに

よみ人しらず

いづれをか雨ともわかん山ぶしのおつる涙もふりにこそふれ

1134

是かれあひて夜もすがら物がたりして、つとめてをくり侍ける

藤原おき風

思ひにはきゆるものぞとしりながらけさしもおきてなにゝきつらん

1135

わかう侍ける時は志賀につねにまうでけるを、としおひてはまいり侍らざりけるにまいり侍て

よみ人しらず

めづらしや昔ながらの山の井はしづめるかげぞくちはてにける

1136

宇治のあじろにしれる人の侍ければまかりて

大江興俊

うぢ川の浪にみなれし君ませばわれも網代によりぬべき哉

1137

院のみかど内におはしましゝ時、人々にあふぎてうぜさせ給ける奉るとて

小弐のめのと

ふき出るねどころたかくきこゆなれはつ秋風はいざてならさじ

1138

返し

大輔

心してまれに吹くる秋風を山おろしにはなさじとぞおもふ

1139

おとこのふみおほくかきてといひければ

よみ人しらず

はかなくてたえなんくものいとゆへになにゝかおほくかゝんとすらん

1140

くらまのさかをよるこゆとてよみ侍ける

亭子院にいまあことめしける人

むかしよりくらまの山といひけるはわがごと人もよるやこえけん

1141

おとこにつけてみちのくにへむすめをつかはしたりけるが、そのおとこ心かはりたりとききて、心うしとおやのいひつかはしたりければ

よみ人しらず

雲ゐぢのはるけきほどの空ごとはいかなる風の吹てつげゝん

1142

返し

女のはゝ

あま雲のうきたる事ときゝしかど猶ぞ心は空になりにし

1143

たまさかにかよへりけるふみをこひかへしければ、その文にぐしてつかはしける

もとよしのみこ

よればおしやらねば人にみえぬべしなく〳〵も猶かへすまされり

1144

延喜御時、御むまをつかはしてはやくまいるべきよしおほせつかはしたりければ、すなはちまいりておほせ事うけたまはれる人につかはしける

そせい法師

もち月のこまよりをそく出つればたどる〳〵ぞ山はこえつる

1145

やまひして心ぼそしとて大輔につかはしける

藤原敦敏

万よと契りしことのいたづらに人わらへにもなりぬべき哉

  • 定家八代抄・哀傷歌:694

1146

返し

大輔

かけていへばゆゝしき物を万代とちぎりしことやかなはざるべき

1147

あられのふるを袖にうけてきえけるを、うみのほとりにて

よみ人しらず

ちるとみて袖にうくれどたまらぬはあれたるなみの花にぞ有ける

1148

ある所のわらは、女五節みに南殿にさぶらひてくつをうしなひてけり、すけむとの朝臣くら人にてくつをかして侍けるをかへすとて

立さはぐ浪まを分てかづきてしおきのもくづをいつか忘ん

1149

返し

輔臣朝臣

かづきてしおきのもくづを忘ずはそこのみるめを我にからせよ

1150

人のもをぬはせ侍にぬひてつかはすとて

よみ人しらず

かぎりなくおもふ心はつくばねのこのもやいかゞあらんとすらん

1151

おとこのやまひしけるをとぶらはであり〳〵て、やみがたにとへりければ

思ひ出てとふ言のはをたれみまし身の白雲に成なましかば

1152

みそかおとこしたる女をあらくはいはでとへど、ものもいはざりければ

忘なんとおもふ心のつくからにことのはさへやいへばゆゝしき

1153

おとこのかくれて女を見たりければつかはしける

かくれゐてわがうきさまを水のうへのあはともはやく思ひ消なん

1154

世中をとかく思ひわづらひけるほどに、女ともだちなる人なをわがいはんことにつきねとかたらひ侍ければ

人心いさやしら浪たかければよらん渚ぞかねて悲しき

1155

いたく事このむよしを時の人いふときゝて

高津内親王

なをきゝにまがれる枝もある物をけをふききずをいふがわりなさ

1156

御門に奉り給ける

嵯峨后

うつろはぬ心のふかくありければこゝらちる花春にあへるごと

1157

これかれ女のもとにまかりて物いひなどしけるに、女のあなさむの風やと申ければ

よみ人しらず

玉だれのあみめのまよりふく風のさむくはそへていれん思ひを

1158

おとこの物いひけるをさはぎければ、かへりてあしたにつかはしける

白浪の打さはがれてたちしかば身をうしほにぞ袖はぬれにし

1159

返し

とりもあへず立さはがれしあだ浪にあやなく何に袖のぬれけん

1160

だいしらず

たゞちともたのまざらなん身に近き衣の関もありといふ也

1161

ともだちのひさしくあはざりけるに、まかりあひてよみ侍ける

あはぬまに恋しき道もしりにしをなどうれしきにまどふこゝろぞ

1162

題しらず

いかなりしふしにかいとのみだれけんしゐてくれどもとけずみゆるは

1163

人のめにかよひける見つけられ侍て

賀朝法師

身なぐとも人にしられじ世中にしられぬ山をしるよしもがな

1164

返し

もとのおとこ

世中にしられぬ山に身なぐともたにのこゝろやいはでおもはん

1165

山の井のきみにつかはしける

よみ人しらず

音にのみきゝてはやまじあさくともいざくみゝてん山の井の水

1166

やまひしけるをからうじてをこたれりときゝて

しでの山たどる〳〵もこえなゝんうきよの中になにかへりけん

1167

題しらず

かずならぬ身をゝもにゝて吉野山高きなげきを思ひこりぬる

1168

返し

吉野山こえん事こそかたからめこえむなげきの数はしりなん

1169

陽成院のみかどとき〴〵とのゐにさぶらはせ給けるを、ひさしうめしなかりければたてまつりける

武蔵

かずならぬ身にをくよひの白玉は光みえます物にぞありける

1170

まかりかよひける女の心とけずのみみえ侍りければ、とし月もへぬるをいまさへかゝる事といひつかはしたりければ

よみ人しらず

難波がた汀のあしの老がよに恨てぞふる人の心を

1171

女のもとよりうらみをこせて侍ける返事に

わするとは恨ざらなむはしたかのとがへる山のしゐはもみぢず

  • 定家八代抄・恋歌五:1423

1172

むかしおなじところにみやづかへし侍りける女の、おとこにつきて人の国におちゐたりけるをきゝつけて、心ありける人なればいひつかはしける

をちこちの人めまれなる山ざとにいゑゐせんとは思ひきや君

1173

かへし

身をうしと人しれぬよをたづねこし雲の八重たつ山にやはあらぬ

1174

おとこなど侍らずしてとしごろ山ざとにこもり侍ける女を、むかしあひしりて侍ける人みちまかりけるついでに、ひさしうきこえざりつるを、こゝになりけりといひいれてはべりければ

土左

あさなけによのうき事を忍つゝながめせしまに年はへにけり

  • 古今選・雑

1175

山ざとに侍りけるに、むかしあひしれる人のいつよりこゝにはすむぞとゝひければ

閑院

春やこし秋や行けんおぼつかなかげの朽木とよを過す身は

1176

題しらず

貫之

世中はうき物なれや人ごとのとにもかくにもきこえくるしき

1177

よみ人しらず

むさし野は袖ひつばかり分しかどわかむらさきはたづね侘にき

1178

いとまにてこもりゐてかへりけるころ、人のとはずはべりければ

壬生忠岑

おほあらきの森の草とや成にけむかりにだにきてとふ人のなき

1179

ある所にみやづかへし侍ける女のあだなたちけるが、もとよりをのれがうへはそこになんくちのはにかけていはる、などうらみ侍りければ

よみ人しらず

あはれてふことこそつねのくちのはにかゝるや人をおもふなるらん

1180

題しらず

いせ

ふく風のしたのちりにもあらなくにさもちりやすき我なきな哉

1181

かすがにまうでけるみちにさほ川のほとりに、はつせよりかへる女ぐるまのあひて侍けるに、すだれのあきたるよりはつかにみいれければ、あひしりて侍りける女の、こゝろざしふかくおもひかはしながらはゞかる事侍りて、あひはなれて六七年ばかりになりはべりにける女に侍りければ、かのくるまにいひいれ侍りける

閑院左大臣

ふるさとのさほの河水けふも猶かくてあふせはうれしかりけり

  • 古今選・雑 ○

1182

枇杷左大臣よう侍てならのはをもとめ侍ければ、ちかぬがあひしりて侍りける家にとりにつかはしければ

俊子

わがやどをいつならしてかならのはをならしがほにはおりにおこする

1183

かへし

枇杷左大臣

ならのはのはもりの神のましけるをしらでぞおりしたゝりなさるな

1184

ともだちのもとにまかりてさかづきあまたゝびになりにければ、にげてまかりけるをとゞめわづらひて、もて侍りける笛をとりとゞめて、又のあしたにつかはしける

よみ人しらず

かへりてはこゑやたがはんふえ竹のつらき一よのかたみとおもへば

1185

返し

一ふしに恨なはてそふえ竹のこゑのうちにも思ふこゝろあり

1186

もとよりともだちに侍ければ貫之にあひかたらひて、兼輔朝臣の家に名づきをつたへさせ侍けるに、そのなづきにくはへて貫之にをくりける

みつね

人につくたよりだになし大あらきのもりの下なる草の身なれば

1187

兼忠朝臣母身まかりにければ、兼忠をば故枇杷左大臣の家に、むすめをばきさいの宮にさぶらはせんとあひさだめて、ふたりながらまづびはの家にわたしをくるとてくはへ侍ける

兼忠朝臣母のめのと

むすびおきしかたみの子だになかりせばなにゝ忍ぶの草をつまゝし

  • 定家八代抄・哀傷歌:671
  • 古今選・哀 ○

1188

物おもひ侍けるころ、やむごとなきたかき所よりとはせ給へりければ

よみ人しらず

うれしきもうきも心はひとつにてわかれぬものは涙なりけり

1189

よの中の心にかなはぬ事申けるついでに

貫之

おしからでかなしき物はみなりけり憂世そむかん方をしらねば

  • 九代抄・雑:959

1190

おもふ事侍りけるころ人につかはしける

よみ人しらず

思ひ出る事ぞかなしき世中は空行雲のはてをしらねば

1191

だいしらず

哀ともうしともいはじかげろふのあるかなきかにけぬるよなれば

  • 九代抄・雑:960

1192

あはれてふ事になぐさむ世中をなどか悲しといひてすぐらん

1193

はりまのくにゝたかがたといふ所におもしろき家もちて侍けるを京にてはゝがおもひにて久しうまからで、かのたかがたに侍る人にいひつかはしける

物思ふと行てもみねばたか方のあまのとまやはくちやしぬらん

1194

延喜御時、ときの蔵人のもとにそうしもせよとおぼしくてつかはしける

みつね

夢にだにうれしともみばうつゝにて侘しきよりは猶まさりなむ