和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第十七

雑歌三 五十五首

雑歌三

1195

いそのかみといふてらにまうでゝ日のくれにければ、夜あけてまかりかへらんとてとゞまりて、このてらに遍照侍と人のつげ侍ければ、ものいひこゝろみんとていひ侍ける

をのゝこまち

岩のうへにたびねをすればいとさむし苔の衣をわれにかさなん

  • 定家八代抄・羇旅歌:803

1196

返し

遍昭

よをそむく苔の衣はたゞひとへかさねばうとしいざふたりねん

  • 定家八代抄・羇旅歌:804

1197

法皇かへり見給ひけるを、のち〳〵は時をとろへありしやうにもあらずなりにければ、さとにのみ侍て奉らせける

せかゐのきみ

あふ事のとしぎりしぬる歎には身の数ならぬ物にぞ有ける

1198

女のもとよりあだにきこゆることなどいひて侍ければ

左大臣

あだ人もなきにはあらずありながら我身にはまだ聞ぞならはぬ

1199

題しらず

よみ人も

宮人とならまほしきを女郎花のべよりきりの立出てぞくる

1200

かしこまる事侍てさとに侍けるを、忍てざうしにまいれりけるをおほいまうちぎみのなどかをともせぬなどうらみ侍ければ

大輔

わが身にもあらぬ我身のかなしきは心もことになりやしにけん

1201

人のむすめに名たち侍て

よみ人しらず

世中をしらずながらも津のくにのなには立ぬる物にぞありける

1202

なき名たちけるころ

よとゝもにわがぬれぎぬとなるものはわぶる涙のきする成けり

1203

前坊おはしまさずなりてのころ、五節の師のもとにつかはしける

大輔

うけれどもかなしき物をひたぶるに我をや人の思ひすつらん

1204

返し

よみ人しらず

かなしきもうきもしりにしひとつなを誰をわくとか思ひすつべき

1205

大輔がざうしに、あつたゞの朝臣のものへつかはしけるふみをもてたがへたりければ、つかはしける

大輔

みちしらぬ物ならなくに足曳の山ふみまどふ人もありけり

1206

返し

敦忠朝臣

しらかしの雪も消にしあし引の山ぢをたれかふみまよふべき

1207

いひちぎりてのちこと人につきぬときゝて

よみ人しらず

いふことのたがはぬ物にあらませばのちうきことも聞えざらまし

1208

題しらず

いせ

おもかげをあひみしかずになす時は心のみこそしづめられけれ

1209

かしらしろかりける女をみて

ぬきとめぬかみのすぢもてあやしくもへにけるとしの数をしる哉

1210

題しらず

よみ人も

なみかずにあらぬ身なれば住吉のきしにもよらずなりやはてなん

1211

つきもせずうき言のはのおほかるをはやくあらしの風も吹なん

  • 古今選・雑

1212

いとしのびてかたらひける女のもとにつかはしけるふみを、心にもあらでおとしたりけるを見つけてつかはしける

しまがくれありそにかよふあしたづのふみをく跡はなみもけたなん

  • 古今選・雑 ○

1213

むかしおなじ所に宮づかへしける人、としごろいかにぞなどゝひをこせて侍ければつかはしける

いせ

身はゝやくなき物のごと成にしをきえせぬ物は心なりけり

1214

はらからのなかにいかなる事かありけむ、つねならぬさまにみえ侍ければ

よみ人しらず

むつまじきいもせの山のなかにさへへだつる雲の晴ずもある哉

1215

女のいとくらべがたく侍けるをあひはなれにけるが、こと人にむかへられぬときゝて、男のつかはしける

わがためにをきにくかりしはしたかの人のてにありと聞はまことか

1216

くちなしある所にこひにつかはしたるに、いろのいとあしかりければ

こゑにたてゝいはねどしるしくちなしの色は我ためうすき成けり

1217

題しらず

滝つ瀬のはやからぬをぞ恨つるみずとも音にきかんと思へば

1218

人のもとにふみつかはしけるおとこ、人にみせけりときゝてつかはしける

みな人にふみゝせけりな水無瀬川そのわたりこそまづはあさけれ

1219

つくしのしら川といふ所にすみ侍けるに、大弐藤原興範朝臣のまかりわたるついでに、水たべんとてうちよりてこひ侍ければ、水をもていでゝよみ侍ける

ひがきの嫗

年ふればわが黒髪も白川のみづはくむまで老にけるかな

かしこに名たかくことこのむ女になん侍ける

  • 古今選・雑 ○

1220

しぞくに侍ける女のおとこになたちて、かゝる事なんある人にいひさはげといひ侍ければ

貫之

かざすとも立とたちなんなき名をばことなし草のかひやなからん

1221

だいしらず

かへりくる道にぞけさはまよふらんこれになずらふ花なき物を

1222

女のもとにふみつかはしけるを返事もせずして、のち〳〵はふみを見もせでとりなんをくと人のつげゝれば

よみ人しらず

大空にゆきかふ鳥の雲ぢをぞ人のふみゝぬものといふなる

1223

きの介に侍けるおとこのまかりかよはずなりにければ、かのおとこのあねのもとにうれへをこせて侍ければ、いと心うき事かなといひつかはしたりける返事に

きのくにのなぐさの浜は君なれやことのいふかひありときゝつる

1224

すみ侍ける女みやづかへし侍けるを、ともだちなりける女おなじくるまにて貫之が家にまうできたりけり、かの家を思ひかけて侍ければ、忍びて車にいひいれ侍ける

貫之

浪にのみぬれつる物をふく風のたよりうれしきあまの釣船

1225

おとこの物にまかりて、ふたとせばかりありてまうできたりけるを、ほどへてのちにことなしびに、こと人になたつときゝしはまことなりといへりければ

よみ人しらず

みどりなるまつほどすぎばいかでかはしたばゝかりももみぢせざらん

1226

故女四のみこのゝちのわざせんとて、ぼだいじのずゞなん右大臣もとめ侍ときゝて、このずゞをゝくるとてくはへ侍ける

真延法師

思ひ出のけぶりやまさんなき人の仏になれるこのみゝば君

1227

返し

右大臣

道なれるこのみたづねて心ざしありとみるにぞ音をばましける

1228

さだめたるめも侍らずひとりぶしをのみすと、女ともだちのもとよりたはぶれて侍ければ

よみ人しらず

いづこにも身をばはなれぬかげしあればふす床ごとに独やはぬる

1229

前栽のなかにすろの木おひて侍ときゝて、ゆきあきらのみこのもとより木こひにつかはしたれば、くはへてつかはしける

真延法師

風しもにいろも心もかはらねばあるじにゝたるうへ木なりけり

1230

返し

行明のみこ

山ふかみあるじにゝたるうへきをば見えぬ色とぞいふべかりける

1231

大井なる所にて人々さけたうべけるついでに

なりひらの朝臣

大井川うかべる舟のかゞり火にをぐらの山もなのみなりけり

1232

だいしらず

よみ人も

あすか川我身ひとつの淵せゆへなべてのよをも恨つる哉

1233

おもふ事侍りけるころ志賀にまうでゝ

世中をいとひがてらにこしかどもうき身ながらの山にぞありける

1234

ちゝ母侍ける人のむすめに忍てかよひ侍けるを、きゝつけてかうじせられ侍けるを、月日へてかくれわたりけれど、あめふりてえまかり出侍らでこもりゐ侍けるを、ちゝはゝきゝつけていかゞはせんずるぞとて、ゆるすよしいひて侍ければ

したにのみはひわたりにし芦のねのうれしき雨にあらはるゝ哉

1235

人の家にまかりたりけるに、やり水に滝いとおもしろかりければ、かへりてつかはしける

滝つせにたれ白玉をみだりけんひろふとせしに袖はひちにき

1236

法皇よしのゝ滝御らんじける御ともにて

源昇朝臣

いつのまにふりつもるらんみ吉野の山のかひよりくづれおつる雪

1237

法皇御製

宮の滝むべもなにおひて聞えけりおつるしら淡の玉とひゞけば

1238

山ぶみしはじめける時

僧正遍昭

今さらに我はかへらじ滝見つゝよべどきかずととはゞこたへよ

1239

だいしらず

よみ人も

たきつせのうづまきごとにとめくれど猶たづねくるよのうきめ哉

1240

はじめてかしらおろし侍ける時、ものにかきつけ侍ける

遍昭

たらちめはかゝれとてしもむば玉のわが黒髪をなでずやありけん

  • 定家八代抄・哀傷歌:650
  • 古今選・雑 ○
  • 九代抄・雑:961

1241

みちのくにのかみにまかりくだれりけるに、たけくまの松のかれて侍けるをみて小松をうへつがせはべりて、任はてゝのち又おなじくにゝまかりなりて、かのさきの任にうへし松を見侍て

藤原もとよしの朝臣

うへし時契りやしけむたけくまの松をふたゝびあひみつる哉

1242

ふしみといふ所にて、そのこゝろをこれかれよみけるに

よみ人しらず

すがはらやふしみの暮にみわたせば霞にまがふをはつせの山

  • 定家八代抄・雑歌下:1655
  • 古今選・春 ○

1243

だいしらず

言のはもなくてへにけるとし月にこの春だにも花はさかなん

1244

身のうれへ侍ける時、つのくにゝまかりてすみはじめ侍けるに

業平朝臣

なにはづをけふこそみつの浦ごとにこれやこのよをうみわたる舟

  • 古今選・雑 ○

1245

時にあはずして身をうらみてこもり侍ける時

文屋康秀

しら雲のきやどる峰の小松原枝しげゝれや日のひかりみぬ

1246

心にもあらぬ事をいふころ、おとこのあふぎにかきつけ侍りける

土左

身にさむくあらぬ物からわびしきは人の心のあらしなりけり

1247

ながらへば人の心もみるべきを露のいのちぞかなしかりける

1248

人のもとより、ひさしう心ちわづらひてほと〳〵しくなんありつるといひて侍りければ

閑院大君

もろともにいざとはいはでしでの山いかでかひとりこえんとはせし

1249

月夜にかれこれして

かんつけのみねお

をしなべてみねもたひらになりなゝん山のはなくは月もかくれじ