和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第十九

離別 四十六首

羇旅 十八首

離別 羇旅

1304

みちのくにへまかりける人に、火うちをつかはすとてかきつけゝる

貫之

おり〳〵にうちてたく火の煙あらば心ざすかをしのべとぞ思

1305

あひしりて侍ける人の東のかたへまかりけるに、桜のはなのかたにぬさをしてつかはしける

よみ人しらず

あだ人のたむけにおれる桜花あふさかまでは散ずもあらなん

1306

とをくまかりける人に餞し侍ける所にて

橘直幹

おもひやる心ばかりはさはらじをなにへだつらん峰の白雲

  • 古今選・別 ○

1307

しもつけにまかりける女にかゞみにそへてつかはしける

よみ人しらず

ふたご山ともにこえねどます鏡そこなる影をたぐへてぞやる

1308

しなのへまかりける人にたきものつかはすとて

するが

しなのなるあさまの山もゝゆなればふじのけぶりのかひやなからん

1309

とをきくにへまかりけるともだちに、火うちにそへてつかはしける

よみ人しらず

このたびも我を忘れぬものならばうちみんたびに思ひ出なん

1310

京に侍りける女子を、いかなる事か侍けん、心うしとてとゞめをきていなばのくにへまかりければ

むすめ

打すてゝ君しいなばの露の身はきえぬばかりぞありとたのむな

1311

いせへまかりける人とくいなんと心もとながるときゝて、たびのてうどなどとらするものから、たゝんがみにかきてとらする、なをばむまといひけるに

おしと思心はなくてこのたびはゆくむまにむちをおほせつる哉

1312

返し

君がてをかれ行秋の末にしものがひにはなつ馬ぞかなしき

1313

おなじ家にひさしう侍ける女の、美濃国におやの侍けるとぶらひにまかりけるに

藤原きよたゞ

今はとて立かへり行ふるさとのふはのせきぢにみやこ忘るな

1314

とをき国にまかりける人に、たびのぐつかはしける、かゞみのはこのうらにかきつけてつかはしける

おほくぼののりよし

身をわくる事のかたさにます鏡影ばかりをぞ君にそへつる

1315

このたびのいでたちなんものうくおぼゆるといひければ

よみ人しらず

はつかりの我も空なるほどなれば君も物うき旅にやあるらん

1316

あひしりて侍ける女の、人の国にまかりけるにつかはしける

公忠朝臣

いとせめてこひしき旅のから衣ほどなくかへす人もあらなん

1317

返し

から衣たつ日をよそに聞人はかへすばかりのほども恋しき

1318

三月ばかり、こしのくにへまかりける人にさけたうべけるついでに

よみ人しらず

恋しくはことづてもせむかへるさのかり金はまづ我やどになけ

1319

善祐法師の伊豆のくにゝながされ侍けるに

いせ

別てはいつあひみんとおもふらんかぎりあるよのいのちともなし

  • 九代抄・雑:965

1320

題しらず

よみ人しらず

そむかれぬ松の千年のほどよりもとも〴〵とだにしたはれぞせし

1321

返し

とも〴〵としたふ涙のそふ水はいかなるいろにみえてゆくらん

1322

亭子院の御門おりゐ給ふけるとしの秋、弘徽殿のかべにかきつけゝる

いせ

わかるれどあひもおしまぬ百敷をみざらん事の何かかなしき

1323

みかど御覧じて御返し

身ひとつにあらぬばかりをゝしなべて行めぐりてもなどかみざらん

1324

みちのくにへまかりける人に、あふぎてうじてうたゑにかゝせ侍ける

よみ人しらず

別行道の雲ゐになりゆけばとまる心も空にこそなれ

1325

むねゆきの朝臣のむすめみちのくにへくだりけるに

いかで猶かさとり山に身をなして露けきたびにそはんとぞ思

1326

返し

かさとりの山とたのみし君をゝきて涙の雨にぬれつゝぞゆく

1327

おとこのいせのくにへまかりけるに

君が行かたにありてふ涙川まづはそでにぞながるべらなる

1328

たびにまかりける人にさうぞくつかはすとて、そへてつかはしける

袖ぬれて別はすともから衣ゆくとないひそきたりとをみん

1329

返し

わかれぢは心もゆかずから衣きては涙ぞさきに立ける

1330

たびにまかりける人にあふぎつかはすとて

そへてやるあふぎの風し心あらばわがおもふ人のてをなはなれそ

1331

友則がむすめのみちのくにへまかりけるにつかはしける

藤原滋幹が女

君をのみしのぶのさとへゆくものをあひづの山のはるけきやなぞ

1332

つくしへまかるとてきよいこの命婦にをくりける

小野好古朝臣

としをへてあひみる人の別にはおしき物こそ命なりけれ

1333

出羽よりのぼりけるにこれかれむまのはなむけしけるに、かはらけとりて

源わたる

行さきをしらぬ涙のかなしきはたゞめのまへにおつるなりけり

1334

平のたかとをがいやしきなとりて人のくにへまかりけるに、わするなといへりければ、たかとをがつまのいへる

わするなといふにながるゝ涙川うきなをすゝぐせともならなん

1335

あひしりて侍ける人のあからさまにこしの国へまかりけるに、ぬさ心ざすとて

よみ人しらず

我をのみ思ひつるがのこしならばかへるの山はまどはざらまし

  • 古今選・別 ○

1336

返し

君をのみいつはたと思ひこしなればゆきゝの道ははるけからじを

1337

秋たびにまかりける人に、ぬさをもみぢの枝につけてつかはしける

秋ふかくたび行人の手向けにはもみぢにまさるぬさなかりけり

1338

西四条の斎宮の九月晦日くだりはべりけるともなる人に、ぬさつかはすとて

大輔

もみぢばをぬさと手向てちらしつゝ秋とゝもにやゆかんとすらん

1339

物へまかりける人につかはしける

いせ

まちわびて恋しくならばたつぬべくあとなき水の上ならでゆけ

1340

だいしらず

贈太政大臣

こむといひて別るゝだにもある物をしられぬけさのましてわびしき

1341

かへし

いせ

さらばよと別し時にいはませば我もなみだにおぼゝれなまし

1342

よみ人しらず

春霞はかなく立て別とも風より外にたれかとふべき

1343

返し

いせ

めにみえぬ風に心をたぐへつゝやらば霞のへだてこそせめ

1344

かひへまかりける人につかはしける

君が代はつるのこほりにあえてきねさだめなきよのうたがひもなく

1345

舟にてものへまかりける人につかはしける

をくれずぞ心にのりてこがるべき浪にもとめよ舟みえずとも

1346

返し

よみ人しらず

舟なくは天の河までもとめてんこぎつゝしほの中にきえずは

1347

ふねにてものへまかりける人

かねてより涙ぞ袖を打ぬらすうかべる舟にのらんと思へば

1348

かへし

いせ

をさへつゝ我は袖にぞせきとむる舟こすしほになさじとおもへば

1349

とをき所にまかるとて女のもとへつかはしける

貫之

わすれじとことにむすびて別るればあひみんまではおもひみだるな

羇旅歌

1350

ある人いやしきなとりて遠江国へまかるとて、はつせ河をわたるとてよみ侍ける

よみ人しらず

はつせ川わたるせさへやにごるらんよにすみがたき我身と思へば

1351

たはれじまをみて

なにしおはゞあだにぞおもふたはれ島浪のぬれぎぬいくよきつらん

  • 九代抄・雑:966

1352

東へまかりけるに、すぎぬるかたこひしくおぼえけるほどに、川をわたりけるになみの立けるをみて

なりひらの朝臣

いとゞしくすぎ行かたの恋しきにうら山しくもかへる浪かな

  • 定家八代抄・羇旅歌:793
  • 古今選・旅 ○
  • 九代抄・雑:967

1353

白山へまうでけるに、みちなかよりたよりの人につけてつかはしける

よみ人しらず

宮こまで音にふりくる白山はゆきつきがたき所なりけり

1354

なかはらのむねきが美濃のくにへまかりくだり侍けるみちに、女のいゑにやどりていひつきてさりがたくおぼえければ、二三日侍てやむごとなき事によりてまかりたちければ、きぬをつゝみてそれがうへにかきてをくり侍ける

中原宗興

山里の草ばの露はしげからんみのしろ衣ぬはずともきよ

1355

土左よりまかりのぼりける舟のうちにて見侍けるに、山のはならで月のなみのなかよりいづるやうにみえければ、むかし安倍のなかまろがもろこしにてふりさけみればといへる事を思ひやりて

つらゆき

宮こにて山のはにみし月なれど海より出てうみにこそいれ

1356

法皇宮のたきといふ所御らんじける御ともにて

菅原右大臣

水ひきの白糸はへてをるはたはたびの衣にたちやかさねん

1357

道まかりけるついでにひぐらしの山をまかり侍て

日ぐらしの山ぢをくらみさよ更てこの末ごとにもみぢてらせる

1358

はつせへまうづとて、山のべといふわたりにてよみ侍りける

いせ

草枕たびとなりなば山のべにしら雲ならぬ我やゝどらん

1359

うぢのとのといふ所を

みづもせにうきぬる時はしがらみのうちのとのともみえぬもみぢば

1360

うみのほとりにてこれかれせうえうし侍けるついでに

小町

花さきてみならぬ物はわたつうみのかざしにさせる沖つ白浪

  • 九代抄・雑:968

1361

あづまなる人のもとへまかりけるみちに、さがみのあしがらの関にて、女の京にまかりのぼりけるにあひて

真静法師

あしがらの関の山ぢを行人はしるもしらぬもうとからぬかな

1362

法皇とをき所に山ぶみし給ふて、京にかへり給ふにたびのやどりし給ふて、御ともにさぶらふ道俗に歌よませ給ふけるに

僧正聖宝

人ごとにけふ〳〵とのみこひらるゝ都近くもなりにけるかな

1363

土左より任はてゝのぼり侍けるに舟の中にて月をみて

貫之

てる月のながるゝみれば天河いづるみなとはうみにぞ有ける

1364

だいしらず

亭子院御製

草枕もみぢむしろにかへたらば心をくだくものならましや

1365

京に思人侍て、とをき所よりかへりまうできけるみちにとゞまりて九月ばかりに

よみ人しらず

おもふ人ありてかへればいつしかのつまゝつよひの秋ぞかなしき

1366

草枕ゆふてばかりはなになれや露も涙もをきかへりつゝ

1367

みやのたきといふ所に法皇おはしましたりけるに、おほせごとありて

そせいほうし

秋山にまどふ心をみやたきの滝のしらあはにけちやはてゝん