和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第二十

賀歌 十八首

哀傷 四十首

賀歌 哀傷

1368

女八のみこ元良のみこの為に四十の賀し侍けるに、きくの花をかざしにおりて

藤原伊衡朝臣

万よの霜にもかれぬ白菊をうしろやすくもかざしつるかな

1369

典侍あきらけいこちゝの宰相のために賀し侍けるに、玄朝法師のもからぎぬゝひてつかはしければ

典侍あきらけいこ

雲わくるあまのは衣うちきては君がちとせにあはざらめやは

1370

題しらず

太政大臣

ことしよりわかなにそへておひのよにうれしき事をつまんとぞ思

1371

のりあきらのみこかうぶりしける日あそびし侍けるに、右大臣これかれうたよませ侍けるに

つらゆき

ことの音も竹もちとせの声するは人の思ひもかよふなりけり

1372

賀のやうなることし侍けるところにて

よみ人しらず

もゝとせといはふを我はきゝながらおもふが為はあかずぞ有ける

1373

左大臣家のおのこ子女子かうぶりしもぎ侍けるに

貫之

大はらや小塩の山のこ松ばらはや木高かれ千世のかげみん

  • 定家八代抄・賀歌:602
  • 九代抄・雑:969

1374

人のかうぶりする所にて藤の花をかざして

よみ人しらず

打よするなみの花こそ咲にけれちよ松風や春になるらん

1375

女のもとにつかはしける

きみが為松のちとせもつきぬべし是よりまさる神の代もがな

1376

年星をこなふとて、女檀越のもとよりずゞをかりて侍ければ、くはへてつかはしける

ゆいせい法師

百とせにやそとせそへていのりける玉のしるしを君みざらめや

1377

左大臣の家にけうそく心ざしをくるとてくはへける

僧都仁教

けうそくをゝさへてまさへ万よに花のさかりを心しづかに

1378

今上帥のみこときこえし時、太政大臣の家にわたりおはしましてかへらせ給ふ御をくりものに、御本たてまつるとて

太政大臣

君が為いはふ心のふかければひじりのみよのあとならへとぞ

  • 定家八代抄・賀歌:632

1379

御返し

今上御製

をしへをく事たがはずは行末の道とをくとも跡はまどはじ

  • 定家八代抄・賀歌:633

1380

今上梅壺におはしましゝ時、たき木こらせてたてまつり給ける

山人のこれるたき木は君が為おほくのとしをつまむとぞ思

1381

御返し

御製

としのかずつまむとすなるおもにゝはいとゞこづけをこりもそへなん

1382

東宮の御前にくれ竹うへさせ給けるに

きよたゞ

君が為うつしてうふるくれ竹にちよもこもれる心ちこそすれ

1383

院の殿上にて、みやの御方より碁盤いださせ給ひけるごいしけのふたに

命婦清子

をのゝえのくちんもしらず君がよのつきんかぎりは打心みよ

1384

西四条のみこの家の山にて女四のみこのもとに

右大臣

なみたてる松のみどりの枝わかずおりつゝちよをたれとかはみん

1385

十二月ばかりにかうぶりするところにて

つらゆき

いはふ事ありとなるべしけふなれどとしのこなたに春もきにけり

哀傷歌

1386

あつとしが身まかりにけるをまだきかで、東よりむまをゝくりて侍ければ

左大臣

まだしらぬ人もありけり東路に我も行てぞすむべかりける

  • 定家八代抄・哀傷歌:675

1387

あにのぶくにて一条にまかりて

太政大臣

春のよの夢のうちにも思ひきや君なき宿を行てみんとは

  • 定家八代抄・哀傷歌:670

1388

返し

やどみればねてもさめても恋しくて夢うつゝともわかれざりけり

1389

先帝おはしまさで世中思ひなげきてつかはしける

三条右大臣

はかなくてよにふるよりは山しなの宮の草木とならまし物を

  • 定家八代抄・哀傷歌:652

1390

返し

兼輔朝臣

山しなの宮の草木と君ならば我はしづくにぬるばかりなり

1391

時もちの朝臣身まかりてのち、はてのころちかくなりて、人のもとよりいかにおもふらんといひをこせたりければ

時望朝臣妻

別にしほどをはてともおもほえず恋しき事の限なければ

1392

女四のみこのふみの侍けるにかきつけて、内侍のかみに

右大臣

たねもなき花だにちらぬ宿もあるをなどかかたみのこだになからん

1393

返し

内侍のかみ

むすびをきしたねならねどもみるからにいとゞ忍ぶの草をつむ哉

1394

女四のみこの事とぶらひ侍とて

いせ

こゝらよをきくが中にもかなしきは人の涙もつきやしぬらん

1395

返し

よみ人しらず

きく人も哀てふなる別にはいとゞ涙ぞつきせざりける

1396

先帝おはしまさで又のとしの正月一日に送り侍りける

三条右大臣

いたづらにけふや暮なむあたらしき春のはじめはむかしながらに

1397

返し

兼輔朝臣

なく涙ふりにしとしのころもではあたらしきにもあはらざりけり

1398

かさねてつかはしける

三条右大臣

人のよの思ひにかなふ物ならばわが身は君にをくれましやは

1399

めの身まかりてのち、すみ侍ける所のかべに、かの侍りけるときかきつけて侍りける手を見侍て

兼輔朝臣

ねぬ夢にむかしのかべをみてしよりうつゝにものぞかなしかりける

1400

あひしりて侍ける女の身まかりにけるをこひ侍けるあひだに、夜ふけてをしのなき侍ければ

閑院左大臣

夕さればねに行をしのひとりして妻ごひすなる声のかなしさ

  • 九代抄・雑:970

1401

七月ばかりに左大臣のはゝ身まかりにける時、思ひに侍けるあひだ、きさいの宮よりはぎの花をおりて給へりければ

太政大臣

をみなへしかれにしのべにすむ人はまづ咲花をまたでともみず

1402

なくなりける人の家にまかりて、かへりてあしたにかしこなる人につかはしける

いせ

なき人の影だにみえぬやり水のそこに涙をながしてぞこし

1403

やまとに侍ける母身まかりてのち、かのくにへまかるとて

ひとり行ことこそうけれふるさとのならのならびてみし人もなみ

1404

法皇の御ぶくなりける時、にびいろのさいでにかきて人にをくり侍ける

京極御息所

墨染のこきもうすきもみる時はかさねて物ぞかなしかりける

1405

女四のみこのかくれ侍にける時

右大臣

昨日までちよと契し君をわがしでの山ぢにたづぬべき哉

1406

先坊うせ給ての春、大輔につかはしける

はるかみの朝臣のむすめ

あら玉のとしこえつらしつねもなきはつ鶯の音にぞなかるゝ

1407

返し

大輔

ねにたてゝなかぬ日はなし鶯のむかしの春を思ひやりつゝ

1408

おなじとしの秋

玄上朝臣女

諸ともになきゐし秋の露ばかりかゝらん物と思ひかけきや

  • 定家八代抄・哀傷歌:695

1409

きよたゞがびはの大臣のいみにこもりて侍けるにつかはしける

藤原守文

世中のかなしき事をきくのうへにをく白露ぞ涙なりける

1410

返し

清正

きくにだに露けかるらん人のよをめにみし袖を思ひやらなん

1411

兼輔朝臣なくなりてのち、土左のくによりまかりのぼりてかのあはたの家にて

貫之

うへおきしふたばの松はありながら君が千年のなきぞかなしき

1412

そのついでにかしこなる人

君まさでとしはへぬれどふるさとにつきせぬ物は涙なりけり

1413

人のとぶらひにまうできたりけるに、はやくなくなりにきといひ侍りければ、かえでのもみぢにかきつけ侍りける

戒仙法師

すぎにける人を秋しもとふからに袖は紅葉の色の社なれ

1414

なくなりて侍りける人のいみにこもりて侍けるに、雨のふる日人のとひて侍りければ

よみ人しらず

袖かはく時なかりける我身にはふるを雨ともおもはざりけり

1415

人のいみはてゝもとのいゑにかへりける日

ふる里に君はいづらとまちとはゞいづれの空のかすみといはまし

1416

敦忠朝臣身まかりて又のとし、かの朝臣のをのなる家みんとて、これかれまかりて物語し侍けるついでによみ侍ける

清正

きみがいにし方やいづれぞ白雲のぬしなきやどゝみるぞかなしき

1417

おやのわざしにてらにまできたりけるをききつけて、もろともにまうでましものをと人のいひければ

よみ人しらず

侘人のたもとにきみがうつりせば藤の花とぞいろはみえまし

1418

返し

よそにをる袖だにひちしふぢ衣涙にはなもみえずぞあらまし

1419

だいしらず

いせ

ほどもなく誰もをくれぬよなれどもとまるは行をかなしとぞみる

  • 定家八代抄・哀傷歌:693

1420

人をなくなして、かぎりなくこひて思ひいりてねたるよの夢にみえければ、思ひける人にかくなんといひつかはしたりければ

玄上朝臣女

ときのまもなぐさめつらんさめぬまは夢にだにみぬ我ぞかなしき

1421

返し

大輔

かなしさのなぐさむべくもあらざりつ夢のうちにも夢とみゆれば

1422

ありはらのとしはるが身まかりにけるをきゝて

いせ

かけてだにわが身のうへと思ひきやこんとし春の花をみじとは

1423

ひとつがひ侍けるつるのひとつがなくなりにければ、とまれるがいたくなき侍ければ、あめのふり侍けるに

なく声にそひて涙はのぼらねど雲のうへより雨とふるらん

1424

妻の身まかりてのとしのしはすのつごもりの日、ふるごといひ侍けるに

兼輔朝臣

なき人のともにしかへる年ならばくれ行けふはうれしからまし

1425

返し

貫之

こふるまにとしのくれなばなき人の別やいとゞ遠くなりなむ

  • 古今選・哀 ○