和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

後撰和歌集巻第十八

雑歌四 五十四首

雑歌四

1250

かはづをきゝて

よみ人しらず

我やどにあひやどりしてすむかはづよるになればや物はかなしき

1251

人々あまたしりて侍りける女のもとに、ともだちのもとより、このごろはおもひさだめたるなめりたのもしき事なりと、たはぶれをこせて侍ければ

玉えこぐあしかりを舟さしわけてたれを誰とか我はさだめん

1252

おとこのはじめいかにおもへるさまにかありけん、女のけしきも心とけぬをみて、あやしく思はぬさまなる事といひ侍りければ

みちのくのをぶちのこまも野がふにはあれこそまされなつくものかは

1253

中将にて内にさぶらひける時に、あひしりける女くら人のざうしに、つぼやなぐゐをひかけをやどしをきて侍けるを、にはかにことありて遠き所にまかりけり、この女のもとよりこのおひかけををこせて、あはれなる事などいひて侍ける返事に

源善朝臣

いづくとて尋きつらん玉かづら我はむかしのわれならなくに

  • 定家八代抄・別離歌:768

1254

たよりにつきて人のくにのかたはらに侍て、京にひさしうまかりのぼらざりける時に、友だちにつかはしける

よみ人しらず

あさごとにみし都路のたえぬればことのあやまりにとふ人もなし

1255

とをきくにゝ侍ける人を、京にのぼりたりときゝてあひまつに、まうできながらとはざりければ

いつしかとまつちの山のさくら花まちてもよそに聞がかなしさ

1256

題しらず

いせ

いせわたる川は袖よりながるればとふにとはれぬ身はうきぬめり

1257

北辺左大臣

人めだにみえぬ山ぢに立雲をたれすみがまのけぶりといふらん

1258

おとこの、人にもあまたとへわれやあだなる心あるといへりければ

いせ

あすか川ふちせにかはる心とはみなかみしもの人もいふめり

1259

人のむこのいまゝうでこんといひてまかりにけるが、文をこする人ありときゝてひさしうまうでこざりければ、あどうがたりの心をとりてかくなん申けるといひつかはしける

女のはゝ

今こむといひしばかりを命にてまつにけぬべしさくさめのとじ

1260

返し

むこ

かずならぬ身のみ物うくおもほえてまたるゝまでもなりにける哉

1261

つねにくとてうるさがりてかくれければつかはしける

よみ人しらず

ありときく音はの山の郭公なにかくるらんなく声はして

1262

ものにこもりたるに、しりたる人のつぼねならべて正月をこなひていづるあか月に、いときたなげなるしたうづをおとしたりけるをとりてつかはすとて

あしのうらのいときたなくもみゆる哉なみはよりてもあらはざりけり

1263

だいしらず

人心たとへてみればしら露のきゆるまもなをひさしかりけり

1264

よの中といひつるものかかげろふのあるかなきかのほどにぞ有ける

1265

ともだちに侍ける女の、としひさしくたのみて侍けるおとこにとはれず侍ければ、もろともになげきて

かくばかり別のやすきよの中につねとたのめる我ぞはかなき

1266

つねになきな立侍りければ

いせ

ちりにたつわがなきよめん百敷の人の心をまくらともがな

1267

あだなたちていひさはがれけるころ、あるおとこほのかにきゝてあはれいかにぞとゝひ侍ければ

小町がむまご

うき事を忍ぶるあめのしたにして我ぬれぎぬはほせどかはかず

1268

となりなりけることをかりて返すついでに

よみ人しらず

あふことのかたみの声のたかければわがなくねとも人はきかなん

1269

だいしらず

涙のみしる身のうさもかたるべくなげく心をまくらともがな

1270

物思ひけるころ

いせ

あひにあひて物思ふころのわが袖にやどる月さへぬるゝがほなる

  • 定家八代抄・恋歌五:1363
  • 古今選・戀 ○

1271

ある所にてすのまへにかれこれ物がたりし侍けるをきゝて、内より女のこゑにて、あやしく物のあはれしりがほなるおきなかなといふをきゝて

貫之

あはれてふことにしるしはなけれどもいはではえこそあらぬ物なれ

1272

女ともだちのつねにいひかはしけるを、久しくをとづれざりければ十月ばかりに、あだ人のおもふといひし言のはといふふるごとをいひつかはしたりければ、竹のはにかきつけてつかはしける

よみ人しらず

うつろはぬなにながれたる河竹のいづれのよにか秋をしるべき

1273

題しらず

贈太政大臣

ふかき思ひそめつといひし言のはゝいつか秋風吹てちりぬる

1274

返し

いせ

心なき身は草葉にもあらなくに秋くる風にうたがはるらん

1275

だいしらず

身のうきをしればはしたに成ぬべみ思へばむねのこがれのみする

1276

よみ人しらず

雲ぢをもしらぬ我さへもろ声にけふばかりとぞ鳴かへりぬる

1277

まだきから思ひこき色にそめんとやわかむらさきのねをたづぬらん

1278

いせ

みえもせぬふかき心をかたりては人にかちぬとおもふものかは

1279

亭子院にさぶらひけるに、御ときのおろしたまはせたりければ

いせのうみに年へてすみしあまなれどかゝるみるめはかづかざりしを

1280

あはたの家にて、人につかはしける

かねすけの朝臣

足曳の山のやまどりかひもなし峰の白雲立しよらねば

1281

左大臣の家にてかれこれ題をさぐりて歌よみけるに、露といふもじをえ侍て

ふぢはらのたゞくに

我ならぬ草ばも物はおもひけりそでより外にをける白露

  • 定家八代抄・恋歌四:1282
  • 九代抄・雑:962

1282

人のもとにつかはしける

いせ

人心あらしの風のさむければこのめもみえず枝ぞしほるゝ

1283

こと人をあひかたらふときゝてつかはしける

よみ人しらず

うきながら人を忘んことかたみわが心こそかはらざりけれ

1284

ある法師の源のひとしの朝臣の家にまかりて、ずゞのすがりをおとしをけるを、あしたにをくるとて

うたゝねのとこにとまれる白玉は君がをきつる露にやあるらん

1285

返し

かひもなき草の枕にをく露のなにゝ消なでおちとまるらん

1286

だいしらず

思ひやるかたもしられずくるしきは心まどひのつねにや有らん

1287

むかしをおもひいでゝむらこの内侍につかはしける

左大臣

すゞ虫におとらぬ音こそなかれけれ昔のあきを思ひやりつゝ

1288

ひとり侍けるころ、人のもとよりいかにぞとゝぶらひて侍ければあさがほの花につけてつかはしける

よみ人しらず

夕暮のさびしき物はあさ顔の花をたのめる宿にぞ有ける

  • 九代抄・雑:963

1289

左大臣のかゝせ侍けるさうしのおくにかきつけ侍ける

つらゆき

はゝそ山みねのあらしの風をいたみふる言のはをかきぞあつむる

  • 古今選・雑 ○

1290

だいしらず

小町があね

世中をいとひてあまのすむかたもうきめのみこそみえわたりけれ

1291

むかしあひしりて侍ける人の、内にさぶらひけるがもとにつかはしける

いせ

山川のをとにのみきく百しきを身をはやながらみるよしもがな

  • 定家八代抄・雑歌上:1478

1292

人にわすられたりときく女のもとにつかはしける

よみ人しらず

よの中はいかにやいかに風のをとを聞にもいまはものやかなしき

1293

返し

いせ

世中はいさともいさや風の音はあきに秋そふ心ちこそすれ

1294

だいしらず

読人不知

たとへくる露とひとしき身にしあれば我思ひにも消んとやする

1295

つらかりけるおとこのはらからのもとにつかはしける

さゝがにの空にすがけるいとよりも心ぼそしやたえぬと思へば

  • 九代抄・雑:964

1296

返し

風ふけばたえぬとみゆるくものいも又かきつかでやむとやはきく

1297

ふしみといふ所にて

なにたてゝ伏見の里といふことはもみぢをとこにしけば也けり

1298

だいしらず

ひとしきこのみこ

我もおもふ人も忘るなありそ海のうら吹風のやむ時もなく

1299

山田法師

足曳の山下とよみなく鳥も我ごとたえず物おもふらめや

1300

神無月の一日、めのみそかおとこしたりけるを見つけて、いひなどしてつとめて

よみ人しらず

いまはとて秋はてられし身なれどもきり立人をえやは忘るゝ

1301

十月ばかり、おもしろかりし所なればとて、きた山のほとりにこれかれあそび侍けるついでに

兼輔朝臣

思ひ出てきつるもしるくもみぢばの色はむかしにかはらざりけり

1302

おなじこゝろを

坂上是則

峰たかみ行てもみべきもみぢばをわがゐながらもかざしつる哉

1303

しはすばかりにあづまよりまできけるおとこの、もとより京にあひしりて侍ける女のもとに、正月ついたちまでをとづれず侍ければ

よみ人しらず

まつ人はきぬときけどもあら玉のとしのみこゆるあふさかのせき