和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

拾遺和歌集巻第二

夏 五十八首

79

天暦御時の歌合に

大中臣能宣

なく声はまだきかねども蟬のはのうすき衣はたちぞきてける

80

屏風に

したがふ

我宿のかきねや春をへだつらん夏来にけりとみゆる卯花

81

冷泉院の東宮におはしましける時、百首歌たてまつれとおほせられければ

源重之

花の色にそめしたもとのおしければ衣かへうきけふにもある哉

82

夏のはじめによみ侍ける

盛明のみこ

はなちるといとひし物をなつ衣たつやをそきと風をまつ哉

83

百首歌中に

しげゆき

夏にこそさきかゝりけれ藤の花松にとのみもおもひけるかな

84

円融院御時御屏風歌

平かねもり

すみよしの岸の藤なみわがやどの松の木ずゑに色はまさらじ

85

したがふ

紫の藤さく松の木ずゑにはもとのみどりも見えずぞ有ける

86

延喜御時飛香舎にて藤花宴侍ける時に

小野宮太政大臣

うすくこくみだれてさける藤の花ひとしき色はあらじとぞ思

87

題しらず

躬恒

手もふれでおしむかひなく藤の花そこにうつれば浪ぞおりける

88

たごのうらの藤花を見侍て

柿本人麻呂

たごの浦のそこさへにほふ藤なみをかざしてゆかんみぬ人のため

89

山里の卯花にうぐひすのなき侍けるを

平公誠

うの花をちりにし梅にまがへてや夏のかきねに鶯のなく

90

題しらず

よみ人しらず

卯花のさけるかきねはみちのくのまがきの島の浪かとぞ見る

91

延喜御時月次御屏風に

みつね

神まつるう月にさける卯の花はしろくもきねがしらげたるかな

92

つらゆき

神まつるやどのうのはな白妙のみてぐらかとぞあやまたれける

93

題しらず

よみ人しらず

山がつのかきねにさける卯花はたが白たへの衣かけしか

94

時わかずふれる雪かと見るまでにかきねもたはにさけるうの花

95

春かけてきかむともこそおもひしか山郭公をそく鳴らむ

96

はつ声のきかまほしさに時鳥よぶかくめをもさましつる哉

97

夏山をこゆとて

久米広縄

いへにきてなにをかたらむ足曳のやまほとゝぎす一声もがな

98

延喜御時御屏風に

つらゆき

山ざとにしる人もがなほとゝぎすなきぬときかばつげにくるがに

99

題しらず

よみ人しらず

やまざとにやどらざりせば郭公きく人もなきねをやなかまし

100

天暦御時歌合に

坂上望城

髣髴にぞ鳴わたるなる郭公み山をいづる今朝の初声

101

平兼盛

み山いでゝ夜半にやきつる時鳥あかつきかけてこゑのきこゆる

102

寛和二年内裏歌合に

右大将道綱母

都人ねでまつらめやほとゝぎすいまぞ山べになきていづなる

103

女四のみこの家歌合に

坂上是則

山がつと人はいへどもほとゝぎすまづはつ声はわれのみぞきく

104

天暦御時の歌合に

壬生忠岑

さ夜ふけてね覚ざりせば郭公人づてにこそきくべかりけれ

105

おなじ御時の御屏風に

伊勢

ふたこゑときくとはなしにほとゝぎす夜ぶかくめをもさましつる哉

106

北宮のもぎの屏風に

行やらで山路くらしつ郭公いま一こゑのきかまほしさに

107

敦忠朝臣の家の屏風に

つらゆき

このさとにいかなる人か家ゐしてやまほとゝぎすたえずきくらん

108

延喜御時歌合に

よみ人しらず

五月雨はちかくなるらしよど川のあやめの草もみくさおいにけり

109

屏風に

大中臣能宣

昨日までよそにおもひしあやめ草けふわがやどのつまとみるかな

110

題しらず

よみ人しらず

けふみれば玉のうてなもなかりけりあやめの草のいほりのみして

111

延喜御製

足曳の山時鳥けふとてやあやめの草のねにたてゝなく

112

よみ人しらず

たが袖におもひよそへて郭公はなたち花の枝になくらん

113

天暦御時御屏風に、よどのわたりする人かける所に

壬生忠見

いづかたになきて行らんほとゝぎすよどのわたりのまだ夜ぶかきに

114

しけるごとまこものおふるよど野には露のやどりを人ぞかりける

115

小野宮大臣家屏風に、わたりしたる所に郭公なきたるかたあるに

つらゆき

かのかたにはやこぎよせよ郭公道になきつと人にかたらん

116

さだ文が家の歌合に

みつね

郭公をちかへりなけうなひこがうちたれがみのさみだれの空

117

題しらず

よみ人しらず

なけやなけたかまの山のほとゝぎすこの五月雨に声なおしみそ

118

五月雨はいこそねられね時鳥夜ぶかくなかんこゑを待とて

119

うたて人おもはん物を郭公よるしもなどか我やどになく

120

大伴坂上郎女

郭公いたくなゝきそひとりゐていのねられぬにきけばくるしも

121

中務

夏の夜のこゝろをしれる郭公はやもなかなんあけもこそすれ

122

夏の夜はうらしまの子がはこなれやはかなくあけてくやしかるらん

123

延喜御時中宮歌合に

よみ人しらず

夏くればふか草山のほとゝぎすなく声しげく成まさるかな

124

春宮にさぶらひけるゑに、くらはし山に時鳥とびわたりたる所

藤原実方朝臣

五月やみくらはし山のほとゝぎすおぼつかなくも鳴わたるかな

125

題しらず

よみ人しらず

郭公なくやさ月のみじか夜もひとりしぬればあかしかねつも

126

西宮左大臣家屏風に

源順

時鳥まつにつけてやともしする人も山辺に夜をあかすらむ

127

延喜御時月次御屏風に

つらゆき

さ月やま木のしたやみにともす火は鹿のたちどのしるべなりけり

128

九条右大臣家の賀の屏風に

平兼盛

あやしくも鹿のたちどの見えぬ哉をぐらの山に我やきぬらん

129

女四のみこの家の屏風に

みつね

行すゑはまだとをけれど夏山の木のしたかげはたちうかりけり

130

延喜御時御屏風に

つらゆき

夏山のかげをしげみや玉ぼこのみちゆき人もたちとまるらん

131

河原院のいづみのもとにすゞみ侍て

恵慶法師

松かげのいはゐの水をむすびあげて夏なき年とおもひける哉

132

家にさきて侍けるなでしこを人のがりつかはしける

伊勢

いづくにもさきはすらめどわがやどのやまとなでしこたれにみせまし

133

題しらず

よみ人しらず

そこきよみながるゝ川のさやかにもはらふることを神はきかなん

134

藤原長能

さばへなすあらぶる神もをしなべてけふはなごしのはらへなりけり

135

よみ人しらず

もみぢせばあかくなりなんをぐら山秋まつほどの名にこそ有けれ

136

右大将定国四十賀に、内より屏風てうじてたまひけるに

たゞみね

おほあらきのもりの下くさしげりあひてふかくも夏のなりにける哉