和歌ノート

八代集(古今・後撰・拾遺・後拾遺・金葉・詞花・千載・新古今)の注釈メモ

拾遺和歌集巻第三

秋 七十八首

137

秋のはじめによみ侍ける

安法法師

なつ衣まだひとへなるうたゝねにこゝろしてふけ秋のはつかぜ

138

題しらず

よみ人しらず

秋は来ぬたつたの山もみてしかなしぐれぬさきに色やかはると

139

延喜御時御屏風に

つらゆき

荻の葉にそよぐ音こそ秋かぜの人にしらるゝはじめなりけれ

140

河原院にて、あれたるやどに秋来といふ心を人々よみ侍けるに

恵慶法師

やへむぐらしげれるやどのさびしきに人こそみえね秋はきにけり

141

題しらず

安貴王

秋立ていくかもあらねどこのねぬるあさけの風はたもとすゞしも

142

延喜御時御屏風に

みつね

ひこぼしのつま待よひの秋かぜに我さへあやな人ぞこひしき

143

つらゆき

秋風に夜のふけゆけば天の川かはせに浪のたちゐこそまて

144

題しらず

柿本人まろ

あまの川とをきわたりにあらねども君がふなでは年にこそまて

145

天河こぞのわたりのうつろへばあさ瀬ふむまに夜ぞふけにける

146

よみ人しらず

さ夜ふけてあまの河をぞいでゝみるおもふさまなる雲やわたると

147

湯原王

ひこぼしの思ますらん事よりもみるわれくるし夜のふけゆけば

148

ひとまろ

年にありて一夜いもにあふひこぼしもわれにまさりて思らんやぞ

149

延喜御時月次御屏風に

つらゆき

織女にぬぎてかしつるからころもいとゞ涙に袖やぬるらむ

150

右衛門督源清蔭家の屏風に

ひととせに一夜とおもへどたなばたのあひみん秋のかぎりなきかな

151

左兵衛督藤原懐平家屏風に

恵慶法師

いたづらにすぐる月日をたなばたのあふ夜の数とおもはましかば

152

七夕庚申にあたりて侍ける年

もとすけ

いとゞしくいもねざるらむと思ふかなけふのこよひにあへるたなばた

153

題しらず

よみ人しらず

あひ見てもあはでもなげく織女はいつか心ののどけかるべき

154

わがいのる事はひとつぞあまの河空にしりてもたがへざらなん

155

君こずは誰にみせまし我やどのかきねにさける朝がほの花

156

女郎花おほかる野べにはなすゝきいづれをさしてまねくなるらん

157

手もたゆくうへしもしるく女郎花色ゆへ君がやどりぬる哉

158

小野宮太政大臣

くちなしの色をぞたのむをみなへし花にめでつと人にかたるな

159

をみなへしおほくさける家にまかりて

よしのぶ

女郎花にほふあたりにむつるればあやなく露やこゝろをくらん

160

題しらず

よみ人しらず

しら露のをくつまにするをみなへしあなわづらはし人なてふれそ

161

嵯峨に前栽ほりにまかりて

藤原長能

日ぐらしにみれどもあかぬ女郎花野べにやこよひ旅ねしなまし

162

八月ばかりにかりのこゑまつうたよみ侍けるに

恵慶法師

荻の葉もやゝうちそよぐ程なるになど雁がねのをとなかるらむ

163

斎院屏風に

よみ人しらず

かりにとてくべかりけりや秋の野の花みるほどに日もくれぬべし

164

題しらず

秋の野のはなのなだてにをみなへしかりにのみくる人におらるな

165

紀貫之

かりにとてわれはきつれど女郎花みるに心ぞおもひつきぬる

166

陽成院御屏風にこたかがりしたる所

かりにのみ人のみゆればをみなへし花のたもとぞ露けかりける

167

亭子院のおまへに前栽うへさせ給て、これよめとおほせごとありければ

伊勢

うへたてゝ君がしめゆふ花なれば玉とみえてや露もをくらむ

168

題しらず

よみ人しらず

こですぐす秋はなけれどはつ雁のきくたびごとにめづらしき哉

169

少将に侍ける時こまむかへにまかりて

大弐高遠

あふさかの関のいはかどふみならし山たちいづるきりはらの駒

170

延喜御時月次御屏風に

つらゆき

相坂の関のし水に影みえていまやひくらんもち月のこま

171

屏風に八月十五夜池ある家に人あそびしたる所

源したがふ

水のおもにてる月なみをかぞふればこよひぞ秋のも中なりける

172

水に月のやどりて侍けるを

よしのぶ

秋の月浪のそこにぞいでにけるまつらん山のかひやなからむ

173

廉義公の家のかみゑに、秋の月おもしろき池ある家ある所

源景明

秋の月にしにあるかとみえつるはふけゆくほどの影にぞ有ける

174

円融院御時八月十五夜かける所に

もとすけ

あかずのみおもほえんをばいかゞせむかくこそはみめ秋の夜の月

175

延喜御時八月十五夜、蔵人所のをのこども月のえんし侍けるに

藤原経臣

こゝにだに光さやけき秋の月雲のうへこそおもひやらるれ

176

おなじ御時御屏風に

みつね

いづこにかこよひの月のみえざらむあかぬは人のこゝろなりけり

177

題しらず

かねもり

終夜みてをあかさん秋の月こよひの空に雲なからなむ

178

廉義公家にて草むらのよるの虫といふ題をよみ侍ける

藤原為頼

おぼつかないづこなるらむ虫のねをたづねば草の露やみだれん

179

前栽にすゞむしをはなち侍て

伊勢

いづこにも草のまくらをすゞむしはこゝをたびともおもはざらなん

180

屏風に

つらゆき

秋くればはたをるむしのあるなへにからにしきにもみゆる野べ哉

181

題しらず

よみ人しらず

契けむ程やすぎぬる秋の野に人まつむしのこゑのたえせぬ

182

みつね

露けくて我ころも手はぬれぬともおりてをゆかん秋萩の花

183

亭子院御屏風に

伊勢

うつろはん事だにおしき秋はぎにおれぬばかりもをける露哉

184

三条のきさいの宮のもぎ侍ける屏風に、九月九日の所

もとすけ

我やどのきくのしら露けふごとにいくよつもりて淵となるらん

185

題しらず

みつね

なが月のこゝぬかごとにつむ菊の花もかひなく老にけるかな

186

右大将定国家屏風に

ただみね

ちどりなくさほの川霧たちぬらし山のこのはも色かはり行

187

延喜御時御屏風に

つらゆき

風さむみわがから衣うつときぞはぎのした葉も色まさりける

188

三百六十首の中に

曾禰好忠

神なびのみむろの山をけふみれば下草かけて色づきにけり

189

題しらず

大中臣能宣

紅葉せぬときはの山はふく風の音にや秋をきゝわたるらん

190

もみぢせぬ常盤のやまにすむ鹿はをのれなきてや秋をしるらん

191

よみ人しらず

秋風のうちふくごとにたかさごのおのへの鹿のなかぬ日ぞなき

192

あきかぜをそむく物から花すゝき行かたをなどまねく成らん

193

はつせへまうで侍けるみちに、佐保山のもとにまかりやどりて、あしたに霧のたちわたりて侍ければ

恵慶法師

紅葉見にやどれる我としらねばやさほの川ぎりたちかくすらむ

194

題しらず

よみ人しらず

もみぢ葉の色をしそへてながるればあさくもみえず山川の水

195

大井河に人々まかりてうたよみ侍けるに

よしのぶ

紅葉ばをけふは猶みむくれぬともをぐらの山の名にはさはらじ

196

題しらず

よみ人しらず

秋霧のたゝまくおしき山路かなもみぢのにしきをりつもりつゝ

197

大井河に紅葉のながるゝを見て

健守法師

水のあやにもみぢのにしきかさねつゝ河瀬の浪のたゝぬ日ぞなき

198

西宮左大臣家の屏風に、しがの山ごえにつぼさうぞくしたる女ども紅葉などある所に

したがふ

名をきけばむかしながらの山なれどしぐるゝ秋は色まさりけり

199

東山に紅葉見にまかりて、又の日のつとめてまかりかへるとてよみ侍ける

恵慶法師

昨日よりけふはまされるもみぢばのあすの色をばみでやゝみなん

200

天暦御時、殿上のをのこども紅葉見に大井河にまかりけるに

源延光朝臣

もみぢ葉を手ごとにおりてかへりなん風のこゝろもうしろめたきに

201

源兼光

枝ながら見てをかへらんもみぢばゝおらんほどにもちりもこそすれ

202

題しらず

ふかやぶ

河霧のふもとをこめてたちぬれば空にぞ秋の山はみえける

203

ちくぶじまにまうで侍ける時、もみぢのかげの水にうつりて侍ければ

法橋観教

水うみに秋の山辺をうつしてははたばりひろき錦とぞ見る

204

二条右大臣粟田の山ざとの障子のゑに、たび人もみぢのしたにやどりたる所

恵慶法師

いまよりはもみぢのもとにやどりせじおしむに旅の日数へぬべし

205

題しらず

よみ人しらず

とふ人もいまはあらしの山かぜにひとまつむしの声ぞかなしき

206

延喜御時中宮御屏風に

ちりぬべき山のもみぢを秋霧のやすくも見せず立かくすらん

207

だいしらず

僧正遍昭

秋山のあらしのこゑをきく時は木の葉ならねど物ぞかなしき

208

つらゆき

秋の夜に雨ときこえてふるものはかぜにしたがふもみぢなりけり

209

心もてちらむだにこそおしからめなどかもみぢに風のふくらむ

210

嵐の山のもとをまかりけるに、紅葉のいたくちり侍ければ

右衛門督公任

朝まだきあらしの山のさむければ紅葉のにしききぬ人ぞなき

211

題しらず

よしのぶ

秋霧のみねにもおにもたつ山はもみぢの錦たまらざりけり

212

大井に紅葉のながるゝを見侍て

壬生忠岑

色々の木の葉ながるゝおほゐ川しもはかつらのもみぢとやみん

213

題しらず

よしたゞ

まねくとてたちもとまらぬ秋ゆへにあはれかたよる花すゝき哉

214

くれのあき重之がせうそこして侍ける返ごとに

平兼盛

くれて行秋のかたみにをくものはわがもとゆひの霜にぞありける